4次元思考の特徴

3次元と5次元の間にいる、4次元思考の特徴です。

4次元思考の特徴

これは、ツイッターで拾った画像を一つずつ見ているだけですw

4次元思考というのは、あまり聞いたことがありませんが、実際には、覚醒している人の中では、これが一番多いのではないかと思います。自分では、5次元にいっているつもりでも、3次元思考が抜けていなかったり、3次元思考ではないけど、不安定になったりムラがあるので、まだ完全に安定した5次元とは、言えない状態のことだと思います。

●Mixed state gateway 3次元と5次元の混合状態

これは、3次元思考と5次元思考が混ざった状態だということでしょう。5次元は、ダークな側面や裏を持っていけない世界です。混合状態なら5次元とは言えないということになります。

●Conscious being 意識的な存在(顕在意識としての存在

直訳すると、意識的な存在になってしまいますが、consciousは、顕在意識を表すので、意識できることだけに、目を向けているということかもしれません。そういう意味だとしたら、自分の気づいていない意識の領域である潜在意識にまだ気づいていないか、まだ使いこなせていないということになります。

●Expanding consciousness 意識の拡大

4次元思考の人は、意識を拡大しようとしています。3次元思考は、決められた枠組みの中でだけ意識を使いますが、4次元思考の人は、自分の意識を拡大しようとして、スピリチュアル的に成長しようとしている姿が見受けられます。精神的なことに興味を持って、勉強したりしているでしょう。

●Challenging old belief system 古い信念体系に挑戦する

古い信念体系というのは、3次元思考や過去に持っていた信念体系のことでしょう。4次元思考の人が、古い信念体系の枠組みにはめられて生きたいと思わないと思うので、挑戦するというのは、古い信念体系を取り払おうと挑戦するという意味だと思います。

●Comparison duality still まだ比較二元性

4次元になっても、まだ二元性で考えているということです。早い話が、3次元の方がちょっとクセが強いだけで、3次元も4次元もそんなに変わりないような気がします。完全に5次元じゃないなら、5次元ではないということですねw

●Seeking answers 答えを探す

一般世間では、問題があったときや何か知りたいときに、答えを探すのが普通だとされていますが、それをやっているうちは、まだ4次元ということでしょう。これも3次元思考の人がよくやりまくります。「エビデンスを見せろ」とか「どこの科学者によって証明されているんですか?」とか言うのも同じですw 5次元は、答えは、探さなくても最初からあるもの、初めから解決している、あなたの信じているものがエビデンスと考えます。

●Understanding structures 構造を理解する

物事の構造を理解しようとするということでしょう。4次元思考の人は、構造を理解するから、闇の異星人に支配されている地球の3次元のマトリックスは、もう見破っていると思います。5次元だと、構造以前に、スピ能力全開なので感じるだけでわかってしまうのではないかと思います。

●Awareness of connection 接続の認識

接続というのは、宇宙の神、内在神、ハイヤーセルフ、または、良い悪いもの両方含めた4次元の霊的存在のことでしょう。何かととつながっていることに気づくということだと思います。

●More compassion  もっと思いやり

これは、もっと思いやりを持ちましょうということでしょうかw それか、3次元思考よりは、思いやりがあるということかもしれません。でも、まだ5次元の無条件の愛にはなっていない段階なのかと思います。

●Aligning with purpose 目的に合わせて

これは、4次元思考の人が目的に合わせて考えたり行動をしているということでしょう。それが普通だと思われる世の中ですが、5次元になるとPurpose base 目的ベースというのがあるので、4次元だとまだ完全に目的ベースになっていないということかもしれません。

●Remembering 覚えている

何を覚えているのでしょうw 記憶力が良いということでしょうか? それとも過去の嫌な出来事や誰かにされたこと、恨み妬みでも覚えている事でしょうか?5次元は、嫌な思い出は、すぐ忘れられるので、それもあるかもしれません。

●Synchronicity 共時性、同期性 

何か欲しいと思ったら向こうからやってきたり、考えていた人と偶然ばったり出会ったりする、偶然の一致のことですね。4次元に入ると、これが起こりやすのかもしれません。5次元になると、考えた瞬間目の前に自分で物を出せるのではないかと思います。

●Flexible reality 柔軟な現実 

現実には、柔軟に対応できるということだと思います。

●Faster manifestation より速い症状

たぶんこれも、3次元の一番最後のと同じで、周波数のことだと思います。3次元に比べると、決断や、実行が早いという意味もあるかもしれません。

●More connected もっとつながる

3次元思考の人に比べると、もっと神や宇宙とつながった感じがあるんだと思います。

 

4次元思考は、3次元思考の時と比較すると、分断とかの決めつけが減ってきているので、頑固な石頭的、厄介なイメージがなくなっていますねw

3次元の支配者的な不快さが減っているので、一段階アセンションしただけでも、かなり良いことですねw

4次元思考の特徴

5次元思考の特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。