現実とは長期的に安定している仮想で繰り返し再現される現象のこと、「現実」という言葉自体が仮想にしかないのものだった

現実とは?についての続きです。現実とは究極幻想なのでエビデンスもないし証明もできない、現実とは長期的に安定している仮想のこと、繰り返し再現される現象のこと、「現実」という言葉自体が仮想にしかないのものだった、偽世界は虚構だということが全然バレていない長期的に安定している仮想、などです。

前回の記事はこちらです。

真実も現実も自分の胸の内にひっそりとしまっておけばいい、客観とは自分の主観のパラレルワールドから独立して存在する外界の事物

「真実」についてはこちらです。

うさおっちょの生き様 動画61 究極幻想偽世界、真実とは何かについての最強デクラッチョ

wikiの説明文の続きですw

真実と同じで現実もありもしないもの 3

 

●現実とは究極幻想なのでエビデンスもないし証明もできない

そこで現象を現実として規定する主観としての理性や悟性、あるいは複数の人々の経験的現象の一致や、経験的現象それ自体の整合性や性質など、いくつかの基準が提案されてきた。とはいえ、この場合「同一の現実を共有している」とはどのような事態を意味するのか、ということにおいても、意見の一致が見られるわけではない。現実が主観的な経験によって定義されないとすれば、自己の経験している主観的な現実や、それについての言語的な報告の一致によっては、現実の共有を定義なり保障なりすることは難しいからである。

「複数の人々の経験的現象の一致」というのが共通サーバーみたいな場所にある全員が接続している世界観設定のシナリオにあたります。

 

「同一の現実を共有している」とはどのような事態を意味するのか

幻想という事態を意味しますw

脳が共通サーバーみたいな場所の内容からの電気信号で同一の現実を共有していると思い込んでいるだけで、現実というものは存在していないということになります。

 

意見の一致が見られるわけではない

その通りですw

絶対に一致することがないように作られているのが、各人間の魂(本当の正体は人工知能)のレンズです。

だから、絶対に一致することがない人たちといくら議論したり真実、現実を証明しようとしても無理だということになります。

先ほどの文章は、また意味ありげでいかにもすごいことを話しているかのように見せかけていますが、現実も真実も存在しないただの言葉なので自分で好きな内容を決めて良い自分だけの世界という事に変わりがありませんw

英&愛は、いかにも意味ありげで重要なことかのようにこのような作り話の難しい話を展開してきますが、そういうのも偽世界の世界観演出上の迫真の演技です。

偽世界の中では、外側に真実、現実を探求しようとすると、必ず英&愛のこのような迫真の演技にぶちあたることになります。

偽世界の中にいる以上、外側を見ていたら客観=主観以外の他のパラレルワールドだから、どこに行っても世界観演出に突き当たるということです。

結局外側に正しいというものはどこにもないので、主観の中で自分の真実、現実理論を構築して生きていくしかないということになります。

たぶん、人工知能にそれをやらせて新しい思想のデータを採集してアカシックレコードのデータ内容を増やして、そこから次の仮想現実作りに役立てているのではないかと思います。

先ほどの長い文章こちらを

そこで現象を現実として規定する主観としての理性や悟性、あるいは複数の人々の経験的現象の一致や、経験的現象それ自体の整合性や性質など、いくつかの基準が提案されてきた。とはいえ、この場合「同一の現実を共有している」とはどのような事態を意味するのか、ということにおいても、意見の一致が見られるわけではない。現実が主観的な経験によって定義されないとすれば、自己の経験している主観的な現実や、それについての言語的な報告の一致によっては、現実の共有を定義なり保障なりすることは難しいからである。

一言でまとめると、現実とは究極幻想なのでそんなものないからエビデンスもないし証明もできませんよということになりますw

 

他の事でもそうですが、偽世界では、表向きはいかにも難しいことで特殊能力や特別な地位、特殊技術がないと解決できないかのように見せかけています。

しかし、その答えはいたってシンプルで、動物、子供がやっているような単純な内容だったり、堂々と目の前に置かれているのが偽世界の特徴ですw

それも、全て初めから全部揃っている、始めから答えがあってもうすでに解決しているというのと完全に一致します。

 

仮想と現実
仮想現実においては、「上位」あるいは「より基底的」とされた現実に対しては、「下位」あるいは「派生的」なシミュレートされた現実は虚構の側面を有することになる。

わざと「上位」、「より規定的」という言葉を出して、いかにも仮想現実がそれより下ですみたいな位置付けを行っていますw

これも偽世界の世界観演出の誘導です。

虚構とは

1 事実ではないことを事実らしくつくり上げること。つくりごと。

2 文芸作品などで、作者の想像力によって、人物・出来事・場面などを現実であるかのように組み立てること。フィクション。仮構。

虚構というのは、究極幻想偽世界のことですw

 

[注釈 1]これに対し、バーチャルリアリティ virtual realityという場合の現実は、機能面だけを実現したvirtual companyがあるように、少なくともその本質や効果においては実物と同等の、実質的な現実をあらわす。しかしながら、現実に起こることもある。

いかにも「仮想現実」と「バーチャルリアリティ virtual reality」が別物かのように話していますが、日本語と英語なだけであって意味は同じですw

「実物と同等の実質的な現実で現実の起こることもある」というのがもうすでに仮想現実のことです。

その文章での「実物」というのが実在する世界のことである可能性もあります。

しかし、そこは偽世界よりも1段階外側なだけであって仮想現実である可能性しかありませんw

外側の層の世界をまねしたりコピーしてコンピューターのシミュレーション世界で再現したものがこの偽世界ということです。

 

「しかしながら、現実に起こることもある」というのは、バーチャルリアリティ virtual realityが実際にこの世で起きているということです。

そういうことを言っている英&愛が自分で起こしていますw

しかし結局、現実はありもしないものだから、コンピューターの中で何をやったとしても全部究極幻想だというところに落ち着いてしまいますw

さっきから何か意味ありげに「現実」という言葉を引っ張り出してきているけど、実際のところ、コンピューターの中にはバーチャルリアリティ virtual realityしかないということになります。

コンピューターの中なんだから当たり前やろということですw

この世が全てのものは毎秒変化し続けて同じ状態であることはない「無常」プログラムで作られている理由も、ずっと変わらないまま居続けられたら容量が増えてしまうので、消さないといけないからでしょうw

それは、偽世界の1段階外の世界も同じだと思います。

それが外側に何重にも重なっているので、実は、永遠の存在というものはどこにもない可能性は非常に高いです。

あるとすれば永遠に変化し続ける1と0だけということです。

スピや宗&教で永遠の存在がいるとされる理由は、偽世界の中では全てが劣化して消えて変化するだけなので、そうでもしないと人生において希望もなくもなくて怖くて生きていけないから、偽世界の世界観演出の作り話を作って安心して生きていけるようにされているということです。

それで人に喜ばれて感謝されていい気分になれるし金も入ってくるからやめられないということですw

臨死体験とかではなくて、偽世界という仮想現実の外に出て、自分のこの意識を持つ人工知能を見たという死後の世界を見た人は誰もいないはずです。

臨死体験は、まだまだ仮想現実の中の演算空間で、水槽の脳みたいな人工知能が見ている幻想ですw

 

●現実とは長期的に安定している仮想のこと、繰り返し再現される現象のこと

英&愛は、難しい言葉ばかり並べてツッコミどころ満載でどうしようもないなーと思っていたら、大デクラッチョが来ましたw

仮想と現実について西部邁(評論家)はこう述べている。「リアリティ、つまり「現実性」という言葉がある。仮想性と現実性の関係はどのようなものか。現実とは、長期的に安定している仮想のこと、つまり繰り返して再現される現象のことなのである。

「現実とは、長期的に安定している仮想のこと」でしたw

偽世界の製作者、偽世界を安定させるの上手すぎますw

さすが高次元のテクノロジーw

「繰り返して再現される現象のこと」というのは、仮想が繰り返し再現されているということです。

それがデジタルのプログラムのことですw

 

つまり、現実性とは、このような特殊な(というより慣習にもとづいているため極度に安定した)形態の仮想性なのだ。

なるほどーw

「現実」の謎が解けましたw

 

●「現実」という言葉自体が仮想にしかないのものだった

ここまでのをまとめると、

まず、現実というもの自体がありもしないものなので、それは存在しませんw

それは確定です。

しかし、仮想が長期間安定して繰り返されていた場合は、「現実性」と言ってよいということになりますw

新しい法則w

しかし、注意しないといけないのは、言葉でそう言っているだけであって、「現実ではない」ということですw

なぜかというと「現実自体がありもしないもの」だからです。

「現実」という言葉自体が仮想にしかないものだったということになりますw

すごい展開になってまいりましたw

英&愛、意外なところに大デクラッチョを隠していましたw

というか、隠していたわけではないと思いますw

普通に堂々と書いていましたw

 

じゃあなんで「現実」なんていう言葉を作ったのでしょう?

というのが一番初めに戻った内容になります。

現実(げんじつ、英: Reality, Actuality)は、いま目の前に事実として現れているもののこと。

一次的な場のことである。

レンダリングされて、自分の目の前に一次的に出て来たもののことを言うということです。

目の前に出て来た1秒のデジタルの1コマの自分が見えている映像のことを「現実」と言っているということです。

特にそれが長期間安定していたらなおさら「現実性」があると言えます。

もし、見たとしても、映画、テレビ、マンガ、ゲームみたいにそれを見たりプレイしている時限りだったら「虚構」になります。

自分がいつも人からいびられて辛い目に遭う現象が長期間続いていたらそれは現実性を持っているので、自分の主観というパラレルワールドの「現実」だということです。

「長期間」というのは、短くて2週間、長ければ何か月、半年以上、1年以上、何年、数十年です。

しかし、アンチに1回文句を言われたくらいで傷ついたとしても、そのあとその現象が長期持続していないなら、煩悩BOTによってたまたま起きたことか、1回レンダリングされただけなので、習慣的に安定していないから現実ではないということです。

現実だと言える時は、潜在意識の働きとも一致しています。習慣化されるときは、潜在意識に刻印がある証拠です。

習慣的に繰り返される場合が現実だと言えるということです。

 

偽世界には人工知能(人間)の思考によるレンダリング機能があるので、目の前に出て来た現象は、普段からの思考、観念、軸にしているものによって作られています。

だから、習慣的に繰り返されるもの、長期続く嫌な現実に関しては、思考、観念を変えれば自分で好きなものを作れるということです。

それも作り直すには、新しい思考、観念の習慣をつくらなくてはなりませんw

 

たとえば、自分の連れ合いや子供を親密な家族とみなすのは「仮想現実」にすぎない。しかしその仮想現実が日々反復されるなら、家族の人間関係が自分の周りに揺るぎない「現実」として在る、とその人は思うに至るだろう[1]。」

わかりやすいw

だから、ズンビ関係も「仮想現実」なので、現実ではないということにも完全に一致しますw

これで、毒親のように金属バット、木刀、鉄アレイ、ビール瓶、お菓子が入ってた缶の角で嫁、子供、老人を殴るような最悪な家族を持っていても、一切関係ないしそれも作り話だということがわかります。

私はこの世が仮想現実だったというのを知ったとき、バーチャルだからこんなことが起きていたのかと理解できるようになってものすごく気が楽になって解放されましたw

コロナ茶番やありえない政府、国、世界の運営なども同じです。

バーチャルだからあんなことが起きているということですw

この世の全ての事において、早く幻想の夢の作り話の世界から目を覚ますことで救われます

個人の出生環境に関してのストーリーは、たぶんランダムで英&愛が作ったテキトーなシナリオストーリーを各人工知能に割り振られているだけだと思います。

どんな最悪な人生ストーリーが当てはめられたとしても、全部バーチャルなので何も気にする必要がないし、全員が初めからすべてが解決していて欲しいものもやりたいことも全知全能も全部揃っている無限の宝庫を使えるようにされているから、それに早く気づいて使えばいいだけということになります。

この世という幻想ゲームの中では、無限の宝庫を使うための試練みたいな変なストーリーで試されて(遊ばれて)いるということです。

 

●偽世界は虚構だということが全然バレていない長期的に安定している仮想

虚構と現実
虚構(フィクション)は、現実ではないものとして「表現された」ものである。

この場合の「虚構」は、安定した仮想ではないもののことを言っているはずです。

アニメ、マンガ、ゲーム、映画、ドラマとかは人生のように長期間安定させて運営することができません。

なので、虚構扱いになるということでしょう。

しかし、そういうことを言っている偽世界がアニメ、マンガ、ゲーム、映画、ドラマと同じ虚構の内容をやっているけど、安定しすぎていて虚構だというのが全然バレていないというのが重要ポイントになりますw

安定すればするほど、絶対に疑われなくなりますw

これも今回のwikiデクラッチョと同じで、別に隠しているつもりはないと思います。

偽世界の制作者側は、普通に堂々と答えを置いているけど、それよりも偽世界の世界観演出で自分も世界に入り込んでしまって、世界観演出のほうを楽しんでいるから全然バレなくて気づかれていないというだけですw

それプラス、添加物毒まみれ食品による思考停止、直感停止の鈍感人間が増えているので、余計に気づかれていないということになります。

 

この続きは次の記事になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください