今、ライオンズゲートが開いているらしい

スピリチュアル系の人の話によると、7月26日から宇宙のエネルギーが大量に入ってくるライオンズゲートというものが開いているそうです。

ライオンズゲートをきっかけにその習慣を身に着けることが大事

ライオンズゲートが開くのは、7月26日から8月12日、宇宙エネルギーが最高に高まるのは、8月8日だそうです。

これは、結論から言うと、占星術での話なので、占星術自体が闇の者などの、世界を動かしたい系支配者によってつくられているから、別に気にしなくてもいいと思いますw

そもそも、緊急放送と同じで、日付指定をするものが、5次元でありませんw 5次元は、今が未来、今が過去、今この瞬間だけがすべてなのです。日付の話が出てきたら「3次元思考」です。

しかし、シューマン共振のように、最近、宇宙から地球にエネルギーが大量に入って、地球の波動が変化してきていることは事実です。

宇宙は存在しないという説もあるので、どこからそんな波動がきているのか?わかりませんが、地球と言われる場所で、なんかしらの波動が変わって、世界が変化してきていることは確かですw

もし宇宙は、存在しない、地球の空を上がって行っても地球の外側は、真っ暗で他の惑星も何もない、大きな一つの惑星の上(地球とつながった大地上)に、今まで火星、木星などと言われていた地名があるというのが真実だとしたら、銀河もあるわけがありませんので、銀河のゲートが開いて銀河の外から宇宙エネルギーが大量に入ってくるというライオンズゲートは、嘘ということになります。

ライオンズゲートの話を聞いていると、その間にやるべきことは、「休息をとること」など、ふだんからやってて当たり前のことばかりですw 「宇宙エネルギーのせいで、体調が悪くなる人もいるけど、それは、休息をしなさいという意味」「怒ったり感情がネガティブになっている時は、大きな決断を誤りやすい」というのもライオンズゲートの期間だけではなく、人生において当たり前のことですw

高い振動のエネルギーが大量に入ってくると、体調が悪くなるというのは、アセンションやシューマン共振で出る好転反応と同じです。これも別々のものに見えますが、1つの同じことを言っていますw アセンションという言葉を使うか、シューマン共振と言うかの違いですw ライオンズゲートというのは、その内容をパクッて日付を指定しただけだと思います。

結局、宇宙の真実は1つなので、そのようなことは、ライオンズゲートが開いていると言われている指定された時期7月26日~8月12日だけではなく、普段から意識しておくべきことになります。

なので、「ライオンズゲートが開いている」というネタをきっかけに、今回、自分を見つめ直す良い機会にし、そういう習慣を持つようにすると良いかもしれませんね。

ライオンズゲートが、開いている間は、「その期間にやっていることが、後の人生で大きな影響を与える」そうです。もうこれ、いい加減に飽きましたねw 去年の春分、夏至、冬至でも言っていましたw

「今が未来」なんだから、24時間365日、今世の肉体が終わるまで、今やっていることが、後の人生に大きな影響になって当たり前ですw

日付指定をしている人は、5次元(第五密度)をわかっているのでしょうか?と逆に聞きたくなりますw

また、ライオンズゲートが開いている期間は、サイキック能力も開花しやすいそうです。しかし、これも、大衆の心の住人で、エゴが強い潜在意識の感が狂っている人が、その期間に入ると、光のふりをした偽物にコンタクトしたくなったり、妄想で勘違いしてサイキック能力だと勘違いしてドヤってしまうことも起きると思いますw

波動が低い人は、ライオンズゲートが開いている期間、怒ったり、ネガティブ要素が強まって、悲観的な感情に傾きやすくなるそうです。それも、ライオンズゲートに関係なく、地球の波動が上がってきているので、いつでもそうなって当たり前なのです。

ライオンズゲートが開いている期間に、不平不満、愚痴、泣き言、悪口などのネガティブ感情にしがみついて、エネルギーをネガティブな内容に向けていると、そっちの方向に固定されてしまって、ゲートが閉じた後、ネガティブなタイムラインに入ってしまうそうです。これも、去年あった、冬至の内容とまったく同じですねw それは、冬至、ライオンズゲートに関係なくいつそうなってもおかしくないということです。

いつでも波動を下げたら、大衆の心不幸なタイムライン入ってしまいます。時期に関係なく、今この瞬間の波動を下げると、闇の波動と共鳴し、コロナ、サルトゥーの恐怖や、ドクチン強制、副反応で辛いなどの、恐怖と苦しみを引き寄せてしまいます。自分のエネルギーを宇宙の神から外れた変な方向に向けてしまうと、願いが叶わない、嫌なことばかり起こるなどの、自分を犠牲にして人生が辛くなる奴隷のタイムラインに入ってしまうのです。

 

ライオンズゲートから学ぶこと

忘れてはいけなのは、「緊急放送クルクル!」と同じで、日付指定をしているものは、3次元思考だということです。日付を気にしているうちは、まだまだ3次元のナチョスピラミッド社会に洗脳されています。

ライオンズゲートは、スピリチュアルで金もうけをしたい人たちのネタでした!

この次も、別のゲートとか、冬至がまた来ますよー

同じことを言うので、見ててくださいw

 

ライオンズゲートは、毎年あるものらしい

こういうのを見つけました。やはりライオンズゲートというのは、占星術からきているものなので、周期的なものみたいですね。どっちにしろ日付指定なので、3次元思考ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。