潜在意識の無限の力に合わせて生きているとシューマン共振が最高潮の時に天が味方をしてくれる

また今日、嬉しいことが起こったので調べたらシューマン共振がものすごいことになっていましたw

 

画像小さくて見にくいですが、左から21日、22日、23日の順です。

白くなっている歯みたいなところがすごい波動になります。

22日に1回すごいのが来て、23日今日、大変なことになっていますw

 

感じているイメージや体感が最終的に勝って実現する

昨日、「明日また活動休みになってほしーなー、もっと庭やりたいなー」と思っていたら、また今日、中止になりましたw これも潜在意識の無限の力がそうしてくれましたw

最近このグループ活動の空気が波動が低い雰囲気で、全然面白くなくなってきていました。それよりも、私の中で、初夏の庭の快適でたのしい癒し時間のイメージと感じの方が、鮮明に生き生きとしていました。その感じが勝ったのですw 快適で癒されている感じが潜在意識の中に刻印されたので、実現したということになります。こうやってなにか実現する時期は、いつもシューマン共振が高まった日なのです。これは、実現に何か関係があると思います。

 

シューマン共振が高まる日は、事前にわからないので、日ごろの状態が重要

いつシューマン共振が高まってもいいように、日ごろから本音、直感に忠実になり、潜在意識の無限の力に焦点を当てておくことが大切になります。

ツイッターで配信されている、シューマン共振の波動グラフは、その日にならないと出てきませんw 占いみたいに前もって日付を知って準備をできないので、毎日が勝負ということになりますw

私は、そのグラフを今まで全く知りませんでしたが、後から調べたら、大解決や達成をしている日は、シューマン共振が最高に高まった日なので、宇宙の波動となにか関係があるのではないか?と思っています。

 

 

今日、中止になった理由は、ドクチン3回打って、39.8度熱が出て、PCRで妖精になって、コロナに感染したと言っている人がグループにいるからですw 今日は、0.8度下がったと言っていましたが、まだ39度は、あるそうなので、「最低でも37くらいになるまで休んだ方がいいよ」と言って、中止にしました。

39度なんて、生まれたから出たこともないので想像がつかない領域です。私の人生では、今まで熱があっても38が最高ですね。38度でもふらふらで気持ち悪くなったりしてやばいのに、39度が二日も続くなんて信じられないですね。普通は、高熱が出ても夜だけだったり、1日くらいですぐ下がりますが、ドクチンによる副反応は、それが1週間とか続くそうです。生き地獄とは、そのことでしょう。

コロナは、無症状(始めから何もないので当たり前w)なのに、そんなひどい副反応が出るドクチンを受ける必要があるのでしょうか?w

感が鈍っていて真実が見抜けない、おかしいと思わない、自分で何も調べない、情弱の方は、変異株がどんどん変化して、尾身クロン以降、コロナの症状が、風邪よりも下というシナリオになったことを知らないと思います。

シナリオという意味は、実際は、コロナに風邪よりも下もなにもなく、コロナというもの自体が存在しないし、TVメディアによるただの演出のシナリオだからです。人々は、言葉の情報に洗脳されて、騙されているだけです。

熱が出た方は、薬を飲んで熱を下げているそうですが、それもあまり、良くなさそうですね。体がドクチンの毒と戦っているから熱が出ているところを、無理に下げたら戦えなくなってしまいます。解熱剤は、辛さを和らげる効果しかないと思います。

とりあえず、グループ活動の人たちの波動も下がっていてここ二日くらいは全然面白くなかったので、休みが増えて嬉しいですw この調子だと、明日も、休みになるかもしれませんw しかし、熱が出ている人の熱が長期間下がらないのも危険なので、免疫がドクチンに勝って、早く回復して元気になってほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。