5次元新地球に行ける人と行けない人

5次元新地球に行ける人、行けない人についてです。

5次元新地球は、行ける行けないという話ではない

「5次元」「新地球」という言葉が、真実系の中にあります。その言葉を聞いて、自分が5次元新地球に行けるのか?行けないか?心配な方もいらっしゃるようなので、それについて説明したいと思います。

まず、始めに、新地球というのは、何なのか?と言うと、闇の支配に汚染された今ある地球が、新しく生まれ変わることを表しています。

生まれ変わりというのは、世界の社会システムが変わり、権力や階級、肩書、奴隷制度のようなくだらないものがなくなり、人類がみな平等に生きていけるようになることです。

新地球では、人類の意識が、今までよりももっと高くなることが大きな特徴です。地球の意識が変わることで、地球自体の次元が上昇するというのも、生まれ変わるという意味に含まれます。

今までの地球は、物質メインの3次元でしたが、これからは、愛、信頼などの見えないものを重視する意識の5次元に入っていきます。これからは、いくら見える良いもの(豪邸、お金、学歴、肩書、経歴など)を持っていても、人間性、愛がなくて信頼が0なら、一切通用しないという時代になります。反対に、家がなくて貧乏で無名、学歴経験がなくても、愛ややる気、人間性、信頼性が高いなら、重宝されて引っ張りだこになる時代です。見せかけの偽りは滅びて、真実だけが残る時代です。

今までの地球上の人間は、黒魔術をかけられたり、あらゆる洗脳で、物質、お金を心配しながら生きていくようにマインドコントロールされていました。一般大衆は、闇のエリート層による洗脳で、3次元思考に閉じ込められて、苦しむように仕向けられていたのです。世界の上流階級、エリート層は、それで自分たちが得するようにお金を儲けていました。コロナ茶番も同じです。ドクチンで後遺症にさせて病院、薬で金もうけをするためでした。

ほとんどの一般大衆は、今まで、生活をするたのお金のために一生懸命働き、さらにそこから大金の税金を吸い取られ、毒や添加物まみれの食品を食べて病気になり、奴隷制度のような社会で精神を病み、病気になっては病院や薬でお金を払いお金を失い、また一生懸命働きまくり生きている時間を費やすことを繰り返すというバカらしい生き方をしていました。

洗脳が解けると人間は、純粋な魂の姿に戻ります。それにより、意識がだんだんと高くなっていきます。高くなるというよりは、今までが洗脳で下げられていたので、元の純粋な状態に戻るという感じです。魂本来の、愛、平和に満ちた、自由な意識が5次元意識というものです。

新地球というのは、物理的に、今ある地球と別の場所ではありませんので、どこか別の惑星に行くとかそういう問題ではありません。行くもなにも、もうすでに、全員、今、新地球にいるということになります。誰もどこにも行きませんw 今住んでいる地域も住所も何も変わりません。

新地球に「行ける」「行けない」という言葉は、光のふりをした闇の真実系配信者たちが、広めた言葉です。自分は、もしかしたら行けないかもしれないという不安を煽り、行くためには、どうしたらよいか?というのを餌にして、金儲けをしています。

 

地球、世界、社会の変化に気づけば、新地球に気づく

地球の変化、世界の変化、自分の意識の変化に気づかない場合は、今までの地球と同じように見えます。何も変化を感じないでしょう。気づかない場合は、まだ洗脳されています。

物理的には、今の地球のままですので、新地球に行けないという人は、いませんが、新地球の意識についていけない人は出てきます。

新地球についていけない人」という方がわかりやすいかもしれません。

新地球についていけない人というのは、洗脳されたままの人たちです。もう黒魔術やマインドコントロールが解除されているのに、古い考えの型の中で生きています。そのような人たちは、古い考えの方が居心地が良いのです。

今、宇宙から意識の目覚めを起こさせるアセンションの波動(シューマン共振)が、送られています。それによって、だんだん人々が、世界の嘘、コロナチャバンなどに気づき始めています。

アセンションの波動で、覚醒する人としない人がいます。覚醒しない人は、もともと魂の契約で決まっている可能性もあるので、今世覚醒しないと決めて契約してきた人は、どんなすごい波動が来たとしても今世では、覚醒しないでしょう。反対に、今まだ洗脳されていて尾身クロンを怖がっているようなコロナ脳だとしても、魂の契約で、覚醒日が決まっている人なら、その日が来たら、覚醒しますので、バカにできません。

新地球についていけない人でも、魂で覚醒日が決まっていたら、始めは、新地球についていけなくても、その日が来れば覚醒します。

 

新地球についていけない人

●エゴがすごい

エゴがあるうちは5次元意識になれません。エゴは、宇宙が一番嫌うものです。

●悪霊に完全に魂を乗っ取られてしまって取り戻せない状態

お手上げ状態ですw

3次元思考

3次元思考とは?詳細についてはリンク先のページをご覧ください。

トカゲ気質

トカゲ気質とは?詳細についてはリンク先のページをご覧ください。

●一人の時間を楽しめない

一人でいることができない、一人ではなにもできない、一人でいると孤独を感じて苦痛だったりさみしい場合は、悪霊にも取りつかれやすいので危険です。

●占いや予言に頼ったり、人に決めてもらったり人に何とかしてもらおうとしている

人や物に頼る人は、金儲けのいいカモ、洗脳に最適なターゲットです。今残っている闇の雑魚がそのような人たちを狙って、日々活発に活動中です。

●群れる

大衆の心に住んでいる人の特徴です。人間は、恐怖があると群れます。宇宙の神、潜在意識の無限の力とつながっていない証拠です。群れる人も、金儲けのいいカモ、洗脳に最適なターゲットです。闇の者は、弱い人たちの心の隙を狙って金、金、金!でスキマ産業をしています。群れて仲良くなると、必ず何か物販をしてきたり、会費を取ってきますw 闇の者は、大衆が心を開けば、財布を開くことを知っています。

大衆の心は、群れる 

 

5次元意識は、自分で気づいて一人でたどり着く場所

5次元意識というのは、魂がしっかりと宇宙の神とつながっていて、自分一人で気づいてなれるものです。人の手を借りてそうなることはできません。

お金を払って、講座やセミナー、鑑定、セッションを受けて人に教えてもらわないと気づかないような場合は、まだ5次元意識に覚醒していません。教えてもらっていても、気付いたような気になっているだけで、実際には、覚醒していません。人に師事するのをやめたときに、本当の覚醒がやってきます。宇宙の神、潜在意識の無限の力以外の誰にも、師事してはいけません。

本当に5次元意識になりたいのであれば、そういうことや、人に頼ることを一切やめることが必要になります。5次元は、全部自分で気づいていったときにだけ、たどり着く場所です。

弱い人の心の隙を狙って金もうけをしているほうも、5次元意識ではありませんので、簡単に見破ることができます。金もうけの発想は、トカゲ気質の闇と同じで3次元です。自分が助けないと、人々は、5次元に行けないかもしれないと思っている時点で、5次元の意味を分かっていません。それは、3次元思考の「あなたのためよ」という言葉で自分を満たすエゴになります。

5次元は、宇宙の神と自分だけで、全部自分でやらなくてはいけません。自分で体調を回復させたり、邪気を取り払ったり、危険なことを先に察知して防御したり、自分でなんでも気づいて、魂が、しっかりと独立していることが重要になります。簡単に言うと、人間なんだけど、自由に神と同じ力を使える人になることです。

人に頼っているうち、群れているうちは、まだ3次元です。洗脳されていて、3次元の金もうけに騙されています。お話会、新地球、村おこしとか、集団を作って中心になって活動したがる人は、だいたい愛されたい願望が強く、みんなにありがとうといわれて感謝されたい、エゴが強いチヤホヤされたい人です。人から感謝されることで、自分を満たしています。人を集めて、自分が凄い人になりたいのです。光のふりをしている闇、自称ライトワーカー、エゴ霊能者、エゴスピ系、エゴライトワーカーがそのようなタイプです。自分は、すごいんですよ、こんな資格、経歴をもっているんですよ、こんだけフォロワーがいるんですよ、すごいだろ~というような、エゴアピールをしてくるので、すぐにわかります。

実際には、お金を払って講座やセッションを受けているお客様側が、エゴ占い師、エゴスピ霊能系、エゴライトワーカーを癒しています。

本当に5次元意識になりたいのであれば、そのような場所に行ってはいけませんw というか、普通に自分の力で5次元意識になれる人は、そういうことをすぐ見破ってすぐ気づけます。人に言われて覚醒とかではなく、そのような天然の感が重要になってきます。

 

一人でいても、一人になっても、怖くない状態のときは、宇宙の神、潜在意識の無限の力とつながっています。一人でもさみしくない理由は、宇宙の神や見えない高次元の存在たちが、いつも自分を応援してくれていることを知っているからです。そのような人には、見える友達が一人もいなくても、いつでも力を貸してくれる見えない友達がたくさんいます。潜在意識の無限の力につながっているときは、孤独感を一切感じません。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。