ドクチン接種者が体調不良を起こすと伝播(シェディング)が強化されるので注意

最近、猛暑によりドクチン接種者が、体調不良を起こして、コロナにかかったと勘違いする人が増えています。ドクチン接種者が体調不良になると何がおこるのか?についてです。

ドクチン接種者が体調不良になると、伝播(シェディング)が悪化する

伝播というのは、ドクチン接種者の呼気、汗などの体液から、毒が出て周囲にまき散らし、周りの人の免疫を下げたり、病気にしてしまうことです。

人間は、体内の毒素を外に排出する機能を持っています。そして、人間同士、排出した細胞を交換するシステムを持っています。それをエクソソームと言います。詳しいことは、ネットで「エクソソーム」と検索していただくともっと理解できると思います。

コロナだと思われているものは、実は、ドクチン接種者から排出される、ドクチンに入った毒なのです。ドクチン接種者は、体内からスパイクタンパクや酸化グラフェンをまき散らしています。それがエクソソームによって伝播して、周りの人に入ってしまい、感染というものが拡大しているように見えるだけです。

現在、猛暑により、ドクチン接種者がバタバタ倒れるという惨事が起きています。

ドクチン接種者が、体調不良を起こすと、伝播(シェディング)が強まります。ちなみに、シェディングという言葉は、ウイルスの存在を認めることになるので、正式には、使ってはいけません。伝播が正しい言葉になります。

未接種の方や、接種をしていたとしても健康体の方は、今強化されている伝播に注意しましょう。

外出をする前や接種者と関わるときは、ラベンダークリームを体につけて防御することをおすすめします。

私は、最近これをずっとやっていませんでしたので、実は、この間、強化伝播にかかってしまいましたw たぶん買い物に行ったときだと思います。それ以外には、庭以上の外に出ていないのでw

数日前くらいからのどの痛みがあって、乾いて痛くて眠れませんでした。そしたら、次の日、体が熱くなって発熱したようです。

体温計がないので、何度かわかりませんでしたが、節々の痛み、頭痛、寒気、ほてりなどの体の状態からして熱があるというのはわかりました。さらに乾いて痛むようなのどの痛み、胸上部の痛みもありますw これは、完全にコロナだと勘違いされている症状と同じですw

今の時期は、茶番の真っ只中なので、もし医者に行ったら100%PCRをつっこまれて妖精扱いされるでしょう。そうならないように、免疫だけで治したいと思いますw たぶんこれも、宇宙からのあぶりだしで、医者に行かないで、免疫だけで治すことを試されているんだと思いますw

ビタミンD3と亜鉛は、毎日飲んでたのですが、最近、もうコロナ茶番も終わったし大丈夫かなーと思って、マグネシウムを取っていませんでしたw まだ油断はできませんねw

肉体管理も大事ですが、エーテル体にストレスが溜まっていたのかもしれませんw

人間には、肉体という体と、霊的な体の2つがあります。

この図で言うと、真ん中の人間の体が肉体です。一番外側の青い層が、魂です。

肉体のまわりにある黄緑色の層が、エーテル体です。その外側は、感情、メンタル、思考などの層になります。肉体がダメージを受ける時は、必ずエーテル体よりも外側の層からダメージを受けます。外側の層にダメージがないと、肉体はダメージを受けないということになります。

そう考えると、いかに精神的ストレスをなくすことが重要か?がわかりますね。

それと、腐ったものが周りにないか?も重要ですw

寝込んでいてぜんぜん手入れができなかったので、今日、気づいたのですが、引き出しに入れたもやしとかいわれが腐っていましたw

それを捨ててから急に体調が良くなりましたw

ちょっと前にレモンを切って枕元に置いておいたら二日目に黒カビが生えていたので、それも原因だったかもしれません。

レモンを切ってベッドルームにおくと、ストレスや精神的に良いというのをみてやってみましたw たしかに癒しとリラックス効果はありましたが、もったいないので、2日間やったのが失敗でしたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。