顕在意識とは

把握しているつもりの意識

顕在意識とは、自分で意識して考えることのできる力です。

顕在意識とは、 意識できる領域、自分で把握している部分の意識です。人間は、自分で思っているこの意識をすべて(100%)だと感じますが、 実は、自分の持っている本来の意識のたったの10%以下なのです。 機能は、分かれていますが、 顕在意識は、潜在意識とぴったりくっついています。 潜在意識があるおかげで作用する機能です。
顕在意識は、潜在意識に 動かされています。

顕在意識は、自分で気づく領域です。自分は、才能がない、可能性がない、などと思っているのは、氷山の一角で考えているだけなのです。

判断・選択する論理的思考

外界の物事を見て判断したり、選んだりする論理的思考のことです。

顕在意識の機能

白黒、A,B、右左などを比べて判断。
白黒、A,B、右左などを選択。
計算、外的要因を捉えて考える、情報整理、想像などの論理的構築。
意識的な動作。
理性。
こういうのが顕在意識を使うときです。

赤信号だから立ち止まる。
夕食のメニューを何にするか考える。
雨が降っていたから傘を出す。
どうやって片付けるか順番を考える。
計算をする。
学問、教育、訓練などの勉強をする。
手紙を書く、キーボードで文字を打つ、機械を動かす。
泥酔者が車道を歩いているのを見て、車が来たら危ないと予測する。
朝9時現地集合に間に合うように、家を出る時間を計算する。
もし、これからこうなったら、ああなったら、と想像する。
過去に何があったか思い出す。
意識的に体を動かす。

潜在意識とは

超意識とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください