タロット占い コロナ茶番の真相 カード別解説⑪ 第10ハウス ペンタクルスの5逆 ホロスコープスプレッド

コロナ茶番の真相占い、第10ハウス ペンタクルスの5逆の解説です。

タロット占い コロナ茶番の真相 カード別解説⑪ 第10ハウス ペンタクルスの5逆の意味

 

 

10番目のカードは、第10ハウスです。

第10ハウスは、社会、仕事のみの顔、社会的な地位、名声、立場、肩書、業績、使命、目標、結果、権力、身分、主人、最高権力者、

社会からどう認識されるか、望んでいる理想の自己像、目指す方向、能力を伸ばすことのできる方向、社会で最も高く評価される姿という意味があります。

今回は、茶番を見ていますので、国の維新をかけたところ、政腐、国の目標、結果、目指す方向、伸ばすことのできる方向、最も高く評価される姿になります。

ペンタクルスの5逆が出ています。

絵では、吹雪の中、貧しそうな二人が寒そうに薄着で歩いています。1人は、頭に包帯のようなものを巻いていて、足を怪我しているのか松葉杖をついています。

左の人が足を怪我しているということは、現在自分がいるところ、関わっているところで何か不利な状況になっていたり、ハンディを背負っていることを表します。

髪飾りは、その人の名誉の状態です。頭の怪我や包帯は、名誉が怪我しているということです。名誉や信頼を失ったり、世間から見捨てられているという意味になります。

ステンドグラスの窓の中の5つのペンタクルスは、他の人の富や実りを表しています。

これは、外にいる二人が、物質的な世界と精神的な世界から切り離されていることを表しています。

ステンドグラスは、教会にもあるように、神聖さと神への信仰を表しています。ここでいう神というのは、宇宙の創造主でである神という意味です。

ステンドグラスの中のペンタクルスは、神と心を合わせていれば、目に見える現実世界でも物質的に困ることはないということを表しています。

神聖なステンドグラスの窓は、しっかり枠に守られています。これは、吹雪の中を歩いている二人がいる場所は、精神的にも別世界だということです。

外を歩いている二人から見た窓は、自分たちには、関係ない別世界のうらやましいもののように見えています。

この絵の二人がどうして今、このようなみじめな境遇になったのか?というと、実は、自業自得なところがあります。

欲深くなって地位、名声、目に見えるものやお金に執着しすぎた結果、騙されたり、裏切られたり、信頼を失ってそうなってしまいました。

二人は、まだどうして自分たちがそういう目にあったのか?という原因がわかっていません。

自分たちは、ひどい目にあったということだけに集中していて被害者意識を持っています。心を閉ざしていて、自己不信に陥っています。

自分に原因がないのにどうしてこんな目に遭うんだろうと、目に見える現象や人、環境のせいにしています。それが、みじめな境遇を招きました。

その心の態度が、神からの助けを得られない原因です。表面的なことに執着すると、余計に辛さとみじめさが強調されてしまいます。

ペンタクルスの5は、実際には、厳しいカードで、物質的、精神的にもっとも最悪のカードと言われいます。

本来ならば、どんな問題でも現実世界での物質的なことは、精神についてくるものなので、いくら見た目が最悪な状態でも心の使い方次第でどうにでも挽回できます。

しかし、このカードは、精神性まで失ってしまっているところが、厳しいところになります。精神がないということは、宇宙の無限の力の神の協力を得られないということです。

死後にある地獄が、冷たくて寒くて臭いところと言われていますが、このカードは、精神的にそれに近いものがあります。

しかし、小アルカナなので、耐えるしかないというわけではありません。個人の意識と努力次第でどうにでも変えられます。

本人が気づくか?気づかないか?、直すのか?直さないのか?にかかっています。

二人は右に向かって歩いています。カードでの右は、未来を表します。今の状態で未来に行くには、寒くて孤独な道を歩き続けることになり、厳しい状況ということです。

しかし、吹雪がやまないということはありません。精神的に目を覚まさない間は、寒くてつらい思いをするかもしれませんが、心を改めることで、今後天気が変わる可能性は、あります。

体全部を失ったわけでもないし、左の人は、足と頭を怪我しただけで済んでいます。吹雪の中でも歩けるだけ、まだましです。

全財産や所有物、人間関係を失ったとしても、命があるだけでも素晴らしいことなのです。この二人が、もしそれに気づいたなら吹雪はやむでしょう。

5というのは、4の安定後に、一つ増えることでバランスを崩し、不安定になったり、問題が起きやすいという意味があります。しかし、不安定な状況を通して、次の6の安定につながるプラスになる経験を積むことができます。

その経験は、辛くて嫌な経験だとしても、経験をしているのとしていないのでは、後になって大違いになるような価値があります。

カードに出てくる人物の髪の色が、赤っぽい場合は、嫌な奴、怠惰、裏切者、詐欺師、人の物を奪って勝ち取ったりする人です。

身分や地位が低く、下品、食い意地が張っていて物欲がすごかったりお金に汚く、粗野でワイルドで、昔は、良い家柄の生まれではない人に多かったとも言われています。

女性の場合は、するがしこくて娼婦になるしか脳がないような下賤で野蛮という意味まであります。

この二人は、赤っぽい髪をしています。ソードの5の勝者らしき人もそうです。

この二人が、みじめな境遇になってしまった原因は、お金、物、肩書、地位などに目がくらみ、物質だけを追いかけまわしていたり、物質が全てで物質世界に頼り過ぎていた可能性を表しています。

政腐という場所にこのペンタクルスの5逆位置が出ていますので、政腐は、地位、お金、物質的なことに執着した結果、信用を無くしたり裏切られて、自己不信に陥るほどみじめな境遇になっているということを表します。

逆位置は、態度を改める気配がないほどひどい状態になります。失ったものへの執着や被害者意識が強く、人や環境を責めていて、反省をしていません。

どれだけ歩いても吹雪は、やまないし、助けも来なくて、そのうち体温が尽きて凍死してしまうような状態です。

これからの国の維新、革命、改革も厳しいものがあります。

まずは、政腐に関わる人全員が、人間として精神的な態度から改革をしないと目標、結果、目指す方向、伸ばすことのできる方向も何もありません。

政腐が最も高く評価される姿がこのみじめな姿です。国民から完全に信頼を失っています。

ペンタクルスの5は、スプレッド全体にも影響を及ぼし、重大な問題を予告するという意味もあります。

このカードが国の場所、天頂に輝いているので、日本は、国として機能しておらず、終わっていることがわかります。

ただ地位、権力、学歴がよいと言われたり名声があるだけの人よりも、心ある人間性、精神性が高い人が上に立たないと国は、直せません。

象徴カードのソードの5逆があるので、このまま今の政腐を続けていくと、情報面で主張を奪い合う底辺レベルの醜いゲームのようなことが続くだけという可能性があります。

総裁選も茶番ゲームなので、期待しないほうが良いでしょう。国を変えるための唯一の希望は、政腐の反対側の第4ハウス、国民の私生活と潜在意識です。そこに国の解決策が詰まっています。

第4ハウスの動画でも言いましたが、国民が私生活を充実させて、黄金時代の新しい生活様式に先に入ってしまうことで、潜在意識を動かし、国も動かせるようになります。

今、人間が自分でこれが全てだ!と思っていることは、全体のたったの5%以下です。残りの95%以上の可能性は、潜在意識なので、気づいていません。

その95%以上の潜在意識は、自分で無理だと思っていることも可能にする無限の力を持っています。これを使うことで簡単に解決できます。

人間から見たら奇跡だと思われるようなことも潜在意識から見たら、息を吸うのと同じように当たり前のようなことで、簡単に実現できます。

闇の者たちは、これを知っています。国民をたったの5%の中の思考に閉じ込めて、気づいていない領域の無限の力の潜在意識を使わせないようにしています。

国民は、政腐よりも、一番信頼できる宇宙の無限の力、潜在意識をもっと頼るべきです。

この95%以上の気づいていない潜在意識を使うには、私生活の充実が必要なのです。自分の一番身近な手足の届くところがスイッチになっています。

自分の身の回りのやるべきことを丁寧に心を込めてやるだけです。やろうとしていたけどずっとやっていなかったことや、雑にしていたり邪険にしていたことを大切にするとすぐにスイッチが入ります。

潜在意識は、それとともに発動し水面下からサーチして次の現実を引き寄せます。

そこからは、自動的にやってくれますので、ただ自分の目の前のことをやっていればOKです。そのうちに、環境や社会で何かしらの良い変化が起こります。

もし、表面的に喜ばしいことが何も起こらないならば、国民が私生活をおろそかにしているということです。一番身近なことや私生活の充実を無視していると、無限の力のスイッチが入らないので、次の良い展開が起こりません。

国民一人一人が、私生活の充実をすると、個人の気づいていない領域の95%同士がつながり、大きなスイッチとなります。これが、社会を動かして喜ばしい結果を作ります。

注意すべきことは、第4ハウスは、一般でーえすの私生活も表します。もし、闇の者たちの私生活が国民よりも充実していて、国民が暗く落ち込んでいた場合、闇の者に力がいってしまいます。国民は、闇の者を上回るように、充実させる必要があります。

潜在意識を頼ることは、カードの絵の神聖なステンドグラスに守られるペンタクルスと同じような保証があります。政腐より何よりも信頼できます。

 

 

茶番の真相 全体簡易解説

 

コロナ茶番を早く終息させるための大切なことの動画

潜在意識の波動を上げてさっさと茶番を終息して黄金時代に突入し隊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください