タロットでコロナパンデミック(茶番)の真相を占う

 

タロットで茶番の真相、日本の状態を占ってみました。

 

 

超動画初心者ド素人ですが、YouTube動画もあります。

 

占いよりも、クライスシアクターの真実を見てもらいたいw

 

 

YouTubeでは、動画を削除されるワードがあるので、伏字や漢字を変えているところがあります。

765= 反対から読んでコロナ

ウイ留守=ウイルス

竹林 = ワクチンのこと (チクッ)

漢字は、読み方は同じです。

観戦者=感染者

脂肪者= 死亡者

魔スク=マスク

四 = 死

妖精= 陽性

政腐= 政府

員古円座=インフルエンザ

など

タロットでコロナパンデミックの真相を占ってみた

結果から先に言うと、

脅威的なウイ留守など存在していません。765が流行る前と何も変わらず平和な世の中です。問題があるとすれば、情報と洗脳です。

 

信じられないようなことですが、私たち国民が普段目にしているニュースは、社会を動かすための目的で作られているシナリオです。テレビの映像、メディア、マスゴミを使ってカルト的に恐怖を植え付ける作戦が行われています。

実際に、テレビに観戦者や重症患者のような映像が出ていても、全部芝居です。テレビ・マスゴミ、芸能人など見えないところで働いている人たちは、初めから脅威的なウイ留守がないことを知っていて演技をしています。国民は、それに騙されているだけなのです。国は、メディアの芝居で国民を洗脳し、社会をある目的のために変えようとしているのです。

 

やらせの真実はこちらの記事をご覧ください。

TV、メディアニュースを真に受けない裏を読む目が必要

 

 

そのウイ留守による観戦者・脂肪者というのは、作られた架空の数字です。なんでも拾い上げる感度が高い偽検査を使うことで妖精者を増やしています。

脅威的なウイ留守は、存在していませんので、妖精者は、健康な人たちなのです。誰でも妖精にすることにより、765ではない脂肪者もカウントするという裏工作をしているから実際に観戦者がいるように見えたり、増えているように見えます。

 

芝居ややらせによる洗脳は、今に始まったことではありません。過去から他のことでもずっと行われてきました。大事件にならなかったのは、気づく人が少なかったからです。気づかれないことを利用してまた同じような洗脳が行われています。観戦症系、大衆の恐怖を煽るようなものは、ほぼそうだといっても良いでしょう。今回の茶番劇は、そのような社会の仕組みを知る良い機会、学ぶきっかけを与えてくれたということになります。

1986年にも大きな演技がありました。アメリカでチャレンジャー号というロケットが打ち上げに失敗して全員四んだという大参事ニュースがありましたが、実はあれも大がかりなやらせでした。今、乗組員7人全員は生きています。世界では、このような信じられない演技が普通に行われています。

 

証拠は、こちらをご覧ください。

 

日本がこのような茶番を行っている理由は、日本が、国として機能していないからです。表面上の名前は、日本という国でも、

世界的に国としては一切機能しておらず無力です。実際に国は、海外の闇組織からの命令でただ言われるままに動いています。

すべての行動の基準がそこなのです。TV,マスゴミの大きなニュースは、そこからの指令で行われています。

国民の体は、もともとさまざまな自然の病原体に対抗する免疫を持っており健康そのものです。世界に、人を死へ追いやるような脅威的なウイ留守は、一切存在していませんので、竹林は、全く必要ありませんし自然の自己免疫を高めること以上の健康法はありません。竹林は、別の目的のために行われています。

この真実に気づいている人たちが一部はいますが、ほとんどの国民は、国を信用しているので、TV,マスゴミが流す情報を疑いもせず、信じ込んでいます。

私たちは、生まれてからずっと権威に従うように洗脳を受けていますので、肩書がある人や国を信用してしまうのです。

今、そのような、偽世界があぶりだされ、緩やかに変わろうとしています。

 

人間関係で関わる人との関係が整理されます。これからは、見た目の肩書きや立場に関係なく人道、精神的な価値観が重要視されていきます。

 

見えるものや地位、立場、世間体を気にする今までのような競争世界が落ち目になり、次第に消えていくでしょう。

 

争って勝ち負けをつけたり、肩書、権威、知名度が上という考えは古くなり、中身や個人の個性が重要視されて尊重される時代に入っていきます。

 

偽りがはがれて真実が現れてきます。

昔から伝えられてきている自然のものなどが見直されていきます。

 

闇の工作は、表面的には、穏やかで波風立たないようにじわじわと行われています。表面は、善人のように見えるので、良い人が脅威的なウイ留守から助けてくれているように見えるでしょう。それが罠です。

今後も、まだ相変わらずあおりは続きますが、リークが出たりボロが出て、茶番を見破る人が増えてくる可能性が高くなっています。

潜在意識が、明るいので、良い方向へ向かっていることは、間違いないでしょう。これは、国民の波動が上がるときに茶番が終わるということを暗示しています。

恐怖を煽ると相手の波動を下げられます。闇は、それを知っていて洗脳しています。自分たちは、波動を上げて保ち、恐怖で相手の波動が下がったところで、圧力をかければ、成功するという詐欺のテクニックです。

 

現在、国民の波動の方が上がってきています。恐怖を煽る情報さえ無視すれば、茶番を終わらせて元に戻れるということです。規制があっても法に触れない程度に無視して、今まで通りの普通の生活をすることが解決の鍵になってきます。

 

飲食店、旅行、コンサート、ライブ、スポーツ観戦などの遊び場にも魔スクなしで行っていいのです。

一人一人がこの真実に気づいて、騙されて従っていた変なルール(魔スク、時短営業、お酒はダメ、旅行もダメ、ソーシャルディスタンスなど)と意味のない竹林をやめていくことが終息につながります。

 

茶番がいつ終息するか?については、いついつ何月何日にハッキリと終わります!というのは、出ていませんが、2021年10月下旬から11月下旬の1か月間で、1つのサイクルが終わって次のステージに移行すると出ています。

それは、精神的なものなので目に見えた変化はすぐには起きませんが、国民の波動が高まり、潜在意識の中で準備が整えば、必ず表面に現れてきます。宇宙的な力で緩やかに変化していくので危険だけは避けて、あとは気にせずに楽しい毎日を送って波動を高めておいてください。光の勢力の波動が高まったときに何かが起こります。

 

竹林以外の危険物質は、あるのか?何か新しい薬のような救世主的なものに飛びつくと入っている可能性があります。

健康な人間の免疫の方が何よりも上です。自己免疫を自然な生活、食事、健康法、

笑うことであげましょう。それとともに波動も上がり、

茶番終息が早まります。薬に頼ったり危険な毒物を入れると免疫を低下させる

だけではなく、直感や能力を狂わせたり魂も傷つけてしまいますので気を付けてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください