毒親が統合失調型パーソナリティー障害を持っている可能性

パーソナリティー障害グループA群の中にある統合失調型パーソナリティー障害とは、どんなものなのか?毒親だったらどんなことをする可能性があるか?を見ていきます。

A群の特徴は、奇妙で風変わりな様子。

統合失調型パーソナリティ障害とは

統合失調型パーソナリティー障害は派手に日常からかけ離れていて解体した思考、言動、認知、知覚の歪み、風変わりな行動パターンが見られます。非現実的ですが、統合失調症ほど、現実からかけ離れていないのが特徴です。

人間関係では、親、兄弟、子供という第一次親族以外に友人、相談相手がおらず、人と関わることに強い不安感がある。交流したとしても、自分の居場所がないと感じて交流を避け、自分には、誰もいないから不幸だという。慣れていない環境や社会で非常に不安になる。時間が経っても慣れることがない

関係念慮: 迷信的で、日常の出来事が自分にだけ特別な意味を持っていると考え、出来事に意味を付ける。

魔術的思考: 自分には、他者を操る力があり自分の能力が他人を動かしていると考えたり、魔術的儀式で害を防ぐことができると考えることがある。

パラノイア: 疑い深く、根拠もないのに、人が自分を攻撃していると考えることがある。

超能力: 自分には超能力があり、出来事を予知したり他人の心を読む、透視、霊視のようなことができると考えることがある。

奇妙な発言、癖が多く、目を合わせないなど社会的慣習を無視してよそよそしかったりする。奇妙な、合わない服や汚い服、だらしない状態で服を着たりする。

統合失調型パーソナリティー障害は、併存症がよくみられる。半数以上、うつ病を1回以上発症したという報告があり、30~50%の統合失調型パーソナリティー障害の患者は、診断時にうつ病も発覚する。このような患者はしばしば、物質乱用障害も持っている。

統合失調症か他の精神病性障害の人が、親、兄弟、子供の第一度親近者にいると、発症しやすくなる。

他のパーソナリティー障害は、年と共に薄れていくものですが、統合失調型パーソナリティー障害は、なくならないそうです。

毒親が、統合失調型パーソナリティ障害を持っている可能性はあるか?

上記の詳細を見た感じ、孤独な寂しさもあるけど人間への恐怖が強く人との交流が苦手だから、わざわざ自分から恋愛をしとうとして入っていくことはないのではないか?という感じがします。シゾイドパーソナリティー障害と同じで、人との交流が少ないので、恋愛や性交渉、結婚をして子供を持つところまで行くか?というと、そこまでいかないような気がします。

しかし、もし何かのはずみで子供ができてしまった場合は、自分のことで精いっぱいなので、毒親になる可能性は高いといえます。

もし毒親だったら、家族、子供に霊が憑依しているから言うことを聞かない、私は近づけないなどと言って放置したり、霊的儀式として水をかけたり断食させたり、異常な行動をする可能性はあります。日常生活の中でずっと非現実的でまとまりのない話ばかり言い続けている支離滅裂な霊能者系や、人と交流したいけど、自分は仲間外れにされていたり、攻撃を受けていると言い続ける明らかに病んでいるとわかる悲劇のヒロイン系の毒親になってしまう可能性があります。

統合失調型パーソナリティ障害だけを単体で見た場合、人を疑うけど別に何か自分から攻撃をするわけではないので、周りに大きな被害も出なそうです。なので、身内のように近くで関わっている人以外は、気づかない可能性があります。

 

統合失調型パーソナリティ障害の診断を下すには,以下の5つ以上により示される,親密な関係に対する不快感およびそのような関係を築く能力の低さが認められる必要がある。

●関係念慮(日常の出来事が自分にとって個人的な特別な意味をもつ,あるいは自分個人に向けられた特別な意味や重要性をもっていると思い込むこと)がみられるが,関係妄想(似ているが,より強い確信をもって思いこむ)はみられない
●奇妙な信念または魔術的思考(例,千里眼,テレパシー,または第六感を信じている;超常現象にとらわれている)
●異常な知覚体験(例,自分の名前をささやく声が聞こえる)
●奇妙な思考および発話(例,曖昧,隠喩的,過剰に綿密,または常同的なもの)
●疑念または妄想性思考
●状況に相応しくない感情または感情の幅の狭さ
●奇妙,風変わり,または独特の行動および/または外見
●第1度親族を除き,親しい友人または相談相手がいない
●慣れによって緩和することがなく,主に妄想的恐怖に関連する過度の社交不安

また,症状は成人期早期までに始まっている必要がある。

引用 MSDマニュアル 統合失調型パーソナリティ障害

 

うちの毒父は、人にいい顔したい社交的なタイプなので、これではないですね。

私は、第六感、潜在意識を信じているので1つ当てはまってしまいましたwでも、お告げやささやく声が聞こえるとかそういうのは、ないですね。親しい友人相談相手、いないですねーこれで、2つあてはまりましたが、これではなさそうです。

 

 

毒親は発達障害を持っている可能性が高いので一般の人と比較して考えてはいけない

毒親は、精神障害を持っている可能性がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください