毒親がシゾイドパーソナリティー障害ScPDを持っている可能性

パーソナリティー障害グループA群の中にあるシゾイドパーソナリティー障害とは、どんなものなのか?毒親だったらどんなことをする可能性があるか?を見ていきます。

A群の特徴は、奇妙で風変わりな様子

シゾイドパーソナリティー障害以外には、妄想性パーソナリティー障害、統合失調型パーソナリティー障害というものがあります。

 

シゾイドパーソナリティー障害(ScPD Schizoid Personality Disorder)とは

 

スキゾイドパーソナリティー障害と言われたり、SPDとも訳すことがあるそうです。

シゾイドパーソナリティー障害は、社会的なことへ無関心、社会からの離脱、対人関係であまり感情を表現しないことが特徴です。

シゾイドパーソナリティー障害は、統合失調症、統合失調型パーソナリティー障害の遺伝で見られる場合がある。患者の最大半数は、最低でも1回のうつ病症状を生じているようで、統合失調型、妄想型、境界性、回避性パーソナリティ障害の併存症は、よくある。

親近者も含め、他者と親密な関係になる欲求をもたない。親しい友人、相談相手がいない、恋愛では、デートすることはまれ、性的行動にもあまり関心がなく、結婚をしない場合が多い。一人でいるほうが好きで、パソコンゲームなど人との交流を必要としない活動や趣味を選ぶ。大自然の中での散歩のような、感覚的、身体的体験による楽しさをあまり感じない。

人が自分のことをどう考えているかについて気にしない。自分のことに没頭していて、社会的に無関心、不器用に見える。あまり微笑んだり、うなずいたりするような感情表現はせず、煽られても怒らない。

社会的交流で、内面をさらけ出す場合は、苦痛を感じていることがあるそうです。これらを見ると、社会を完全にシャットアウトして、一人でいる感じですね。妄想性パーソナリティー障害と違って、人間不信で疑ったりすることもないことから、始めから関わっても面白いことはないだろう、意味がないだろうというように諦めでいるのでしょう。だから無関心になって、一人でいる感じがします。

もし、シゾイドパーソナリティー障害が単独の発症だった場合これは、気づかれないでしょうね~。普通に性格でこんな感じの人いっぱいいるし、周りに害がないだけに余計に気づかれないと思います。本人が、心を開いて周囲の環境と関わったときに、苦痛が出て自分から精神科を受診するということがない限り、ほぼ周りは気づかないでしょう。

 

幼少期に親から無視、冷たくされるとシゾイドパーソナリティー障害になる可能性あり

発症原因は、小児期に、親から無視をされたり、親や養育者が感情的に冷たい、よそよそしい人だったことが可能性としてあげられています。そのような態度が、子供に対人関係は満足の得られるものではないという観念を植え付けて、シゾイドパーソナリティー障害の発症につながってしまうことがあります。これだけに限ったことではありませんが、幼児期の環境は、本当に重要なんですよね。

毒親がシゾイドパーソナリティー障害を持っている可能性を考えると、シゾイドパーソナリティー障害単独で見た場合、毒親になる云々以前に、社会に出て、異性とわざわざコミュニケーションをとって恋愛結婚、性交渉をする可能性が少ないことがわかります。そう考えると、親になることが少なそうですね。

もし、併存症があり、他の障害の特徴が強く出ている場合は、別です。併存症のほうの特徴が毒親の特徴である症状ならあり得ます。また、毒親の子供だったら、シゾイドパーソナリティー障害になる可能性は、おおいにあると言えます。その子供は、社会や恋愛結婚に興味がありませんので、その家系はその子供の代で終わる可能性が高いでしょう。

 

シゾイドパーソナリティ障害の診断を下すには,以下の4つ以上により示される,社会的関係からの持続的離脱および全般的無関心ならびに対人的交流における感情の表出の少なさが認められる必要がある:

●家族構成員とのものを含め,親密な関係を求める欲求がない,またはそのような関係を楽しまない
●1人での活動を強く好む
●他者との性的活動に対する興味が,あるとしてもごくわずかである
●楽しみを得る活動がほとんどない
●場合により第1度親族がいること以外に,親しい友人または相談相手がいない
●他者からの賞賛または批判に対して明らかに無関心である
●感情的に冷たい,超然としている,または平板である
また,症状は成人期早期までに始まっている必要がある。

引用

MSDマニュアル シゾイドパーソナリティ障害(SCPD)

 

うちの毒父は、注目を浴びたがるほうなので、これではないですね。

私は、一人でいるほうが好きですが、社会的無関心とはちょっと違いますね。親しい友人ません、相談相手もいません、で、何か?w

相談相手は、潜在意識しかいませんw

ということで、自分に当てはまる項目は、3つでした。

 

 

毒親は発達障害を持っている可能性が高いので一般の人と比較して考えてはいけない

毒親は、精神障害を持っている可能性がある

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください