土いじりでグラウンディングと波動アップ

ガーデニングや土いじりは、地球と一体化してエネルギーをもらうグラウンディングと癒し、波動上げに最適です。

 

今、庭の一部分で夢だった家庭菜園をやろうと思って土壌改良をしています。

使う分だけちぎって摘んで料理に使ったりしてみたいですねー

いつも庭にあるから買わなくて済むし、そういう生活、夢ですw

 

うちの庭は、日陰でジメジメの粘土質で、掘り出したらブーツが泥で重くなって動けなくなるくらいぐちゃぐちゃべちょべちょですw

いろいろネットで家庭菜園情報を見ていると、日陰水はけが悪いと厳しいようだし、こんな土壌では家庭菜園は、無理なのではないか?と思うこともありましたが、潜在意識に動かされてどうしてもやってしまいますw

どんなに周りに無理だと言われても改良できる感じがしていますw

無理だと思われる状況で、いろいろ考えながら挑戦する過程が楽しいんですよねーw どんな最悪の状況でもその中で過程を楽しめると必ず良い結果が待っています。今回のこの庭もそのような感じがしますw

スコップが入るところまではミミズがたくさんいるけど、下の方は、スコップがカチンカチン行って入らないかなりひどい状態です。

大きな石やレンガのかけら、大中小石だらけ、アスファルトのかけらみたいなゴミばかり出てきます。

水はけが悪い原因は、砂利が引いてある上にある粘土質の層でした。チョコレートのようにテカテカです。 一番下にある砂利はたぶん庭用に敷き詰めたんだろうけどその上に粘土層ができていて水をはじいていたので、下にある砂利層は乾いていますw それじゃ砂利引いた意味ないですねw

もしかするとただの過去の荒れ地の解体の後にできた解体後のくずかもしれませんがそのうえにかぶさっている粘土質が厄介です。

コツをつかみだしたら60cmくらいまでの深さになっていました。墓みたいといわれますw

今日も、またスコップがカチンと当たって入らないと思ったら、赤いアスファルトみたいなものが出てきました。範囲がかなり広いので周りから削らないと出せません。時間かかりそうなので、これの取り出しは、明日か別の日にやりたいと思います。

上から20cmくらいでこんなのがあったら野菜に良くないですね。

深く掘ってよかったです。

今日は、晴れてて風もなくて寒くも熱くもなくて庭いじりに最高の状態でした。寒い日は下向いて作業してると鼻水が止まらないけど、今日は全然出てきませんでしたw

 

そんな素晴らしい日に、となりの人が庭に出て来てゲロゲロ吐きまくっていましたw

なんで庭で吐くかなー、タバコ吸ってたからタバコ吸うつもりで出て気持ち悪くなって吐いちゃったのかな

長時間吐き続けててやばいくらいかなり苦しそうでした。誰かが中から出て来てすぐ車でどっかに連れて行ったのでたぶん医者に行ったんだと思います。

あの強烈な症状は、間違いなく、ドクチンでしょう。その人、絶対2回は、打ってると思います。

 

こんなに穴を掘ったのは人生で初めてですが、森林の中のようなマイナスイオンが土から出ていて、めちゃくちゃ癒されます。

これは、正直言って家庭菜園というイメージから程遠く、女が一人でやるような作業ではありませんw 工事現場とか土方のような仕事です。 毎日全身が筋肉痛で起きれないくらいだけど、土のマイナスイオンに癒されてどうしてもやってしまいますw

 

土壌改良の次の予定は、全部の粘土質を破壊して取り出して、上の土に石灰や堆肥を混ぜてもっと耕してフカフカの土にすること。

こんなべちょべちょの土がフカフカになんてなるのかなーという感じですが、繊維質っぽいのをなんか足して牛糞堆肥の微生物で変わっていけばいいなーと思っています。いまそういう勉強もしていて、未知の世界がめちゃ楽しいですw

もし家庭菜園に適した土にならなくて失敗した場合は、シダとか湿地地帯に生えるような植物コーナーになっているかもしれませんw

でも、できるところまで改良して、あきらめずに野菜に挑戦してみますw

 

グラウンディングは、最強のエネルギー

人間は、日本人、社会人、会社員とかいろいろな肩書以前に、全員地球の上に住んでいる地球人(テラン)です。

だから地球に融合するグラウンディングは、最強のエネルギーになります。

ただ庭掘ってるだけですが、温泉に入ったのと同じような効能みたいな、ものすごい癒しのエネルギーが入ってきて浄化されているのがわかります。

庭がなくてもプランターでも何か土いじりをしてみるとわかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。