ワードプレス記事だけ残して入れ直す方法

再インストールだけなら、記事は残る

ワードプレスを使っていると、更新での互換性などにより、不具合が出ることがあります。

ワードプレスは、たいしてプログラミング知識がないような私でも、使えるほど簡単で便利ですが、自分で直せないだけに、不具合に遭遇するとゾットしますw

 

今回は、1サイトだけ、ログインはできるのに、ダッシュボード内のいくつかのページに行けない、真っ白の画面が出るだけという問題に遭遇しました。

なんとか自力で、解決できたので、忘れないうちにどうやって直したのか、書いておきたいと思います。

 

私のサイトが起こした不具合

ログインは、できるが、ダッシュボード内の、プラグイン、テーマのページに入れなくなった。

●ダッシュボード内のリストで、入れるページと入れないページがある。

投稿はできるが、たまに Internal server error やリダイレクトが行われていますなどのメッセージになる。

たまにログインできなくなる。

 

もし、ダッシュボードから、プラグイン、テーマのページに行けるなら、

テーマを変えたり、怪しいプラグインを止めてみましょう。

FTPサーバー上の、フォルダ名を変えて、試してみましょう。

wp-content/themesや、wp-content/plugins のあとに適当な文字を加えて、(wp-content/themestestなど)そのフォルダが動かないようにする。

これらを行った後、

ダッシュボードからそのページに行けるか試してみます。もし、行けたら、原因は、そこにあります。

 

私には、これらは、効きませんでした。

 

さらに、ネットサーフを続けてると、

最新版が、出たばかりは、すぐインストールするとバグが出る可能性がある」という情報がありました。

私は、今まで、恐ろしいことに、wordpressを信じ、いつもバックアップも取らず、即インストールしていました。

もしかすると、それかもしれないと思ったので、

ネットに書かれていた通り、2~3個前のバージョンのワードプレスをダウンロードして入れ直す作業をしました。

(古い.htaccess, /wp-config.php,/wp-content/themes, /wp-content/plugins, /wp-content/uploads をバックアップし、それだけ入れ替える方法)

 

が、それも効かず・・ orz

 

面倒くさくなってきたので、再インストールを考えたけど

記事の量がすごかったので、記事だけは残したい!

 

しかし、ネット音痴のど素人なので、

実は、バックアップを取っても、どうやってそれを使って復旧するのかもわかりませんでしたw

これが怖くて、念のために、記事を1ページずづコピーして保存もしました。

 

これで、もし全部消えても同じサイトを作り直せる!

という、自信に満ちたとき、再インストールを決意しました。

 

その前に、必ずやるべきこと。

バックアップ

エクスポート (ダッシュボード、ツールの中)、すべてのコンテンツをやった後、記事、固定ページ、を一つずつ分けて。合計、3回取りましょう。なぜかというと、すべてのコンテンツは、大量すぎて、インポート中に止まってしまうことがあるそうです。ここからのバックアップは、XML形式です。

 

パーマリンク設定、設定(一般、投稿、表示など)の情報もスクリーンショットするか、メモっておきましょう。

 

データベースのバックアップ

私は、コアサーバーですので、データベースのところにいって、各当サイトを選んで、「保存」を押すだけです。バックアップされたものをは、ドメイン直下の_db_dumpフォルダの中、にあります。FTPでも、そこにあるか再確認しましょう。

 

今回、勉強になったこと

データベースとか、正直言ってイミフですが、バックアップ方法は、二通りあるようです。

一つは、ダッシュボードからエクスポートした、XML形式。

もう一つが、データベース上。

バックアップをしたXML形式は、それさえあれば、管理画面のツールにある、Word Press Importerというプラグインを使って簡単にインポートできるらしいです。ツールのなかにあるWord PressをクリックするとWord Press Importerをインストールできます。

データベースでの復旧は、プログラミング知識が必要みたいです。

 

次に、現在(旧)のwordpressフォルダ内にある、全フォルダ、ファイルの名前を変えましょう。wp-adminoldなど、名前の後ろに、わかりやすい文字を加えるだけです。なぜこれをやるのかというと、間違えてアップロードしないように、です。

 

バックアップが終わったら、wordpress.org に行き、ワードプレス最新バージョンをインストールします。ja版でOKです。

PCで、確認し、すべて展開をします。

ローカル(PCの中)の、ダウンロードフォルダなど、それがある場所を必ず覚えておきましょう。

 

次に、FTPを使って、

サーバー上にある、古いフォルダ、ファイルを消していきます。

 

この時、重要なのは、絶対にローカルを、現在削除しているサーバー上のページと同じページにしない!ことです。まったく関係ない、デスクトップなどを開いておくと安全です。

なぜかというと、サーバー上で、大量のフォルダ、ファイルを消すことになりますが、うっかりダブルクリックして、ローカルまで上書きダウンロードしてしまうことがあるからです。せっかく新しいワードプレスをダウンロードしても、また古い壊れたファイルが上書きされたら意味ありません。

私は、幸いサーバーとは、別のページを開いていたので、上書きは避けられましたが、何回もダブルクリックをやってしまい、ローカルでも削除をしないといけない羽目になりました。

面倒くさいですが、復旧は、もうすぐですので、1フォルダずつ、丁寧にやっていきましょう。

全部消したら、全部新しいものをアップロードします。

古いのは、アップロードしないようにしてください。前の記事が残っていると思って、古いものをアップロードすると、また不具合に遭う羽目になりますw

これが、私が遭遇した第一回目の落とし穴でした。少し前のワードプレスをダウンロードしたのは、いいけど、wp-contentフォルダをそっくりアップロードしていたので、同じ症状が続いていました。

 

XML形式エクスポートとデータベース保存(dump)をしていたら、記事は、消えません。

写真やアップロードしたものがある場合は、ワードプレスが完全に直った後から、入れなおしましょう。

 

最新版を全部アップロードしたら、

早速、URLにアクセスします。

Word Pressをさあ始めましょうという画面が出ます。

 

サイト自体は何も変わってないので、これらは、今までとまったく同じです。

データベース名

データベースユーザー名

データベースパスワード

データベースホスト

テーブル接頭辞

接続サーバー名

 

 

 

コアサーバー の場合は、データベースページ、パスワードの横の「確認」をクリックすると、全部見ることができます。

データベース名 DB/ユーザー名

データベースユーザー名 DB/ユーザー名

データベースパスワード

データベースホスト

テーブル接頭辞 wp_ (複数運営でない場合は、そのままでOK)

接続サーバー名

 

「インストールをする」をクリックすると、「既にインストールされています」と出て、いつものログイン画面が出ます。

いつも通りログインします。

行けなかったページ、に行けるか試してみましょう。

 

直っていたらおめでとうございます!

お疲れ様でした!

 

そのサイトの不具合の原因は、テーマでした。

使っていたテーマは、2012年に作られたきり、長期更新されず、放置され、もうワードプレステーマから消えていましたw

テーマの破損による、不具合だったのですw

最新版が出るにつれ、プラグインやテーマの相性も大事になってきます。

古いものは、避けたほうが安全そうです。

テーマは、いくらデザインが良くても、かなり下のほうにあるものや、更新頻度が少ないもの、古いものはやめておきましょう。

他のサイトは、同じプラグインですが、テーマは、最新でしたw 1サイトだけの不具合、どうもおかしいと思ったw

 

今回、感動したのは、

インポートなんかしなくても、記事がそっくりそのまま残っていたことです。

おそらく、データベースのおかげでしょう。

データベースさえ、異常がなければ、記事は、無事のようです。

 

一応、再インストール前、ど素人ながらも、ネット情報を頼りに、データベースに異常がないか?をチェックしました。

ネットに書かれていた通り、テーブルをチェックする

か、なんかをしたら、全部「OK」でした。それは、正常という意味だったのか?これで、なにがわかるのか?と聞かれたら、何にもわかりませんがw

もし、破損があったのなら、誰か詳しい人に頼むしかなかったかと思いますw

 

 

とりあえず、インポートなしでも、記事が残っていた、という実体験でした。

こういう面倒くさいことが大嫌いでしたが、だんだんワードプレスが好きになってきました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください