毒人間からは、学ぶことがある

 

人から見て害がある毒親、毒人間、どんな殺人犯や凶悪犯でも自分で心のある優しい人で、何も悪いことをしていないと思い込んでいます。

人の魂を成長させるために存在する毒人間がいる

毒人間が、凶悪なことをするのは、自分の中でそれが正しいと思っているからです。こればかりは、どうしようもありません。普通の人からしたら犯罪と言われる人を殺すような仕事でも、プロの仕事として生活費を稼いだり家族を養うためにまじめにやっているのです。中には、自分を認められたくて、ニュースに載ってヒーローのような気分を味わいたいから、銀行強盗など派手な犯罪をする人もいます。

そのような一見アホにしか見えない毒人間たちの中にも神が存在しています。そのような人たちがなぜ人を殺したり人に迷惑をかけるようなことをして許されるのか?については、宇宙的に考えると、生まれてくるときに、ほかの人の魂の成長のために、この世に出てきている人もいるということです。悪役がその人の人生として生まれる運命の人もいます。そのような人は、人の魂の成長のためにそういう役で生まれてきているので、一度捕まっても、懲りずに何度もまたやります。それは、悪い癖があるからやっているのではなく、人の魂の成長のために生まれ持ってやる役目でやっているから自分でも止められないのです。

 

魂の成長のために自分で親を選んで生まれてくる

毒親も同じです。毒親の子供も自分で親を選んで生まれてきています。はじめは、そんなことありえない!と思うかもしれませんが、毒親問題が片付くときには、気づくでしょう。

私たちは、毒人間がいるからこそ、安全を考えられたり、知恵を使ったり、精神的に成長することができます。今流行りの、コロナ茶番も毒親と同じように、一方的に上からやられていますが、トップにいる毒人間のように見える人たちも何か目的をもって、それを信じて一生懸命やっています。私たちは、ここからなにか学ぶことがあるはずです。今のコロナ茶番は、トップの毒人間に見えるような人たちは、実際、新テクノロジーの開発や人口増加から自然を守ることに真剣だから、実行したのでしょう。または、製薬会社とグルでただの金儲けという説もありますが、なにか自分たちが正しいと思ってやっていることがあるのは事実です。

 

コロナ茶番は大衆の心が表面化したもの

コロナ茶番で私たちが学ぶことは、一人一人が魂に忠実に、自分を持って本音で魂が行くべき道、神のエネルギーに調和した生き方をするべきだという知らせです。

この現象は、大衆の心が表面化したといえます。人任せの人生、国も他国のトップ層に支配されているというあり得ない状態です。これは大衆の心の特徴、人生人任せ、NOと言えない、権力とか表面的な薄っぺらいもので動かされて真実を見失っている、自分を持っていない、便利なものにあふれた世の中でありがたみを失っている=神のありがたみを分かっていない、というものが、起こした結果です。

 

コロナ茶番を早く終息させるには

ウイルス自体の存在が確認されていないため、始まってもいないので、終息も何も今までと何も変わっていませんが、この騒動を終わらせるのは、人間界での騒動よりももっと大きな力、宇宙の神のエネルギーを使う必要があります。

それは、いたって簡単です。一人一人が、宇宙の真理を知って、命の大切さを身にしみて感じ、小さなことにも感謝して偽りなく本音で魂に忠実に生きるというだけです。一人一人が、魂から今一瞬でも生きていられるという生命のありがたみに感謝し本当に魂的に幸せになることです。大衆の心に影響されない人が増えたときに何かが変わります。

しかし、もし毒人間層のほうが純粋な気持ちが強い場合(感謝の心を持ちながら悪気もなく愛をこめて自分たちの目的に集中していた場合)、むこうの願望が達成されます。こればかりは、どちらに宇宙のエネルギーが強く流れていくかわかりませんので、むこうの願望が達成されたときに落ち着くという可能性もあります。その時は、大衆の心の中で生きていた人たちが、毒人間たちの新しいテクノロジー開発や新しい政策への新実験のためにある程度犠牲になります。

一生、宇宙の真理を理解することなく終わらせてしまう人もいるように、一生大衆の心でしか生きられない人もいます。それも毒人間と同じように、そういう役目として、何か他の人のためになるために生まれてきています。

 

 

毒親がやるようなことが、今、世界中に起きている

 

 

個人で真実を見抜いて生きていく時代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください