毒親の子供の性格的特徴

毒親に育てられた子供の性格は、敏感で、気難しくなりがちです。

●怒りっぽい

毒親の子供は、毒親と同じで、器量が狭いため、思い通りに行かないとすぐに怒ります。幼少の頃から、毒親に対する怒りが潜在意識に蓄積されているので、過去のトラウマに似たようなことがあると、蓄積された怒りが爆発することもあります。

 

●子供の用に泣きわめく

毒親の子供は、毒親によって一人前の大人になるための人格形成がされなかったため、いくつになっても精神状態は、幼児期と変わっていません。そのために、社会人になっても子供の用に泣き出してしまうことがあります。

 

●ふてくされる

思い通りに行かないと、物を投げつけたり、壊したり、捨て台詞を吐いたり、すねてふてくされてわざと子供がやるのと同じようなことをしてしまいます。

 

●人を信用できない

気分で物を言う、言ってることが毎回違う自己中な毒親に振り回されてきたので、人を信じることができなくなってしまいます。

 

●自信がない

毒親から「お前は、バカだ、できないやつだ」などと、ダメ出しばかりされて育ってきているので、自分に自信がありません。表面的には、自信があるよに振舞ったとしても、潜在意識では、自分はダメな奴なんだと思い込んでいつも劣等感を感じています。

 

●疎外感、孤独感が付きまとう

毒親から攻撃を受け続けて、生まれてから精神的に安心できる環境にいなかったため、自分の居場所がないと感じるようになってしまいます。

 

●本音を話せない

自分の意見を言えば、毒親にボコボコにされたり、反対されて封じ込められるので、どうせ話しても聞いてもらえない、人に何かを言っても無駄だと思うようになってしまいます。

 

●自分を偽ってしまう

毒親に従わないと、怒られたり懲らしめられたので、本当は嫌でもNOと言えずに、表面上だけ人に合わせるということを覚えてしまいます。

 

●人を優先にしてしまう

毒親の反対によって、本当にやりたいことや欲しいものを我慢させられたため、自分の本音を封じ込めて、耐えることを覚えてしまいます。そのために、自分がやりたいことでも、人に譲ってしまうことがあります。人の顔色を伺って、その人が気分が良くなるように動いてしまうこともあります。

 

●忍耐強い、耐久性、持久力がある

毒親のひどい行動に慣れているので、社会に出てから、一般の人が厳しいと感じるような環境でも、それほど困難を感じません。自分の人生は、困難が来て当然だと思っているので、嫌なことがあっても我慢したり辛抱強く、嫌々ながらも長く続けることがあります。

 

幼少期に刻印された間違った観念により人生がうまくいかない

毒親の子供は、毒親の間違った観念を押し付けられ、自分を抑圧しながら生きてきました。純粋な子供の潜在意識は、すべてを飲み込み、潜在意識に型を作ります。その結果、上記のような性格になってしまい、社会に出ても上手くやっていけない大人になってしまうのです。幼少期の刻印により、外界から毒親と一緒に生活をしていたときのような状況を引き付けてしまいます。

 

 

HPSに毒親持ちが多い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください