ゴミを拾ったり汚いところをキレイにすると磁石の原理で幸せがやってくる

また素晴らしい動画があったので、紹介したいと思います。

 

ゴミを拾うと幸せがやってくる理由

動画のまとめ

磁石に例えて、邪気のNと幸運のSの波動は、引き合うという話。

ゴミは、良くない波動を持っている、磁石で言うとN。自分は、Sの良い波動を持っているので、ゴミを拾うと、体に邪気が入る。そこに外から幸運のSがくっついてくる

邪気のNは、幸せのSよりも弱い波動なので、幸せのSがくっついてきたら、幸せの波動に変わる。

ゴミを拾って、たくさん邪気を吸うと、邪気のNの力が強くなる。そこに、幸せのSがくっついてきて、もっと大きな幸せになる

それなら、たくさん邪気の不安や心配を持っておけばいいのではないか?それは、違う。Sにもいろいろな種類がある。磁石の形にもUや四角、丸などいろいろな形がある。それと同じ磁石の形を探すのは大変。

ゴミ拾いは、一番簡単、すぐに幸せがやって来る。

3次元的にいうと、ゴミを拾うと人も喜ぶし、次に来た時に、きれいだし、人に喜んでもらって自分も嬉しくなる。神様も喜ぶ。地球上に喜びが集まる。

 

気合は、困難と挫折の元

気合を入れてゴミ拾いをしよう!というのは、ダメ。

気合はダメ。気合は、壁を作る。

壁があったら、遠回りをする。

前回の動画、壁の乗り越え方は、こちら。

問題悩みだらけの大人必見!神様の解決方法 回り道こそが最強最短コースだった

気合を入れて、回り道の方法を考えよう!もダメ。

気合を入れる時に、自分で壁と同じ大きさの壁を作る。目の前の壁と同じ。

壁を登れたら、2回目も登れると思って登るけど、2回目の壁は、気合の壁と違って困難。

気合の壁を登れたのにーと言って、挫折する。

気合なしで、ランラランララーン♪で、行く。スキップ、ジャンプ、楽しいそれで行く。

気合を入れても疲れちゃう。挫折する。

 

 

たしかに、NとSは、引き合います。素晴らしい発想ですね!

そう考えると、街中のゴミ拾いだけではなく、家の掃除や片づけも同じでしょう。ホコリ取りも、同じ効果が出ると思います。家が汚い人は、外でゴミ拾いをする前に、自分の家のホコリ拾いした方がいいですねw

幸運を引き寄せたいからといって、汚い部屋のまま、街中のごみだけを拾っていても効かないのではないか?と思いますw 家庭内暴力をしているくせに、外では、ボランティア活動をしたり、募金をしている人と同じですねw

この動画の本質の意味は、自分で邪気を手に取って片づけることで、一度体に邪気を入れて、あえてそれで磁石の原理を利用してプラスの幸運を引き寄せるということです。それは、様々な場面で応用できるでしょう。

ゴミ拾いの引き寄せの話でわかる通り、汚いところ、嫌なものは、すぐに片づけた方がいいですね。マイナスの嫌なことばかり引き寄せている人は、自分の周りにある邪気を取り除いていない、触っていないからという可能性があります。この子供たちの話からすると、邪気を触って一度体に入れていないから、プラスがやってこないということになります。

 

気合は、壁という話も素晴らしいですね。

たしかに、気合を入れている時点で、全然リラックスした状態ではありませんw緊張感がある状態だと、潜在意識の無限の力も流れません。それじゃうまくいかないのは、当たり前ですねw

1回目の壁を登れても、2回目は、困難だらけで挫折するという話も納得です。一度、トップに上りつめて有名になったり、栄光を浴びても、すぐいなくなる一発屋がそうですねw 一度登ったときには、無理をして壁を登ったんだと思いますw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。