久しぶりにタロット占いワンオラクルやってみた

過去に占い師だったということを友達に話したので遊びがてら久々に占いをしてみました。

ただのタロットワンオラクル直感だけでw

 

内容は、今のグループ活動に対してのアドバイス1枚引き

 

出たカードは、ソードの10w

 

現在、同士が集まって一つの目標に対して取り組んでいるのですが、〆切間近で焦りと苛立ち、ミスの責め合いなどもありなかなか達成しません。

 

このカードは、まさにその状態ですw

 

背中に大量に突き刺さる剣が、いかにもショックだというのを表していますw言葉でお互いを傷つけあってる状況も出ていますw

さらにこれは、頭でっかちになって考えすぎていることも表しています。

まずその思考をリセットしないと無理ですね。

今のやり方、考え方ではただガッカリしてショックを受けて傷つく結果になるだけです。もっと簡単にのんきにとらえることが大切だとカードは伝えています。

闇は徐々に消え去って明るい兆しが見え始めてきていますが、今のメンバーは、まったくそれに気づいていませんね、自分のショックだったことや復讐、理論だけに走って、良いことやだんだん良くなってきていることを見逃しています。これが正しいんだ、それは間違っているなどの理論のぶつかり合いも出ています。こだわりを捨ててもっと柔軟になるべきです。意見で勝とうとしたり、人のせいにする悲劇のヒロインになる思考を一度リセットして、視点を良いところに向けなくてはいけません。もっと初心に戻って、始めに抱いていた野心や熱意をを持ち続け、楽しむことや活動をしていることが幸せだということを味わうこと、考えるよりも目先のやるべきことをちゃんとやることで、だんだん変わってきます。このカードは、間違った思考により精神的にダメージを受けているけど、これ以上最悪の事態になることはないのが救いですwすべてを失ってしまうとか、達成できないとか、グループが解散してしまうようなことは起きません。

もしそのアドバイスに従って直して、良いことが起きるとしたら、10週間、10か月後は、ちょっと長すぎwそれじゃ〆切後もいいところなので、早めに計算すると、10日後か、6月10日、もしくは、6月21日あたりではないかと予想されます。

小アルカナなので、本人たちが思っているほど大きな問題ではないですね、ただ細かいことを大ごとにしてとらえているから世界の終わりみたいに希望を失っているけど、ちょっとした捉えかたで変わるということです。

タロットを使っても、やるべきことは、潜在意識とまったく同じ内容ですねw

私は、この占いをやる前から、そのグループメンバーに、「ただ続けているうちにうまくいくから小さなミスがあったりなんか起きても、いちいち怒ったり文句を言わずにただ楽しんでやれ」、とずっと話してきました。タロットの内容もそれとまったく同じですw

占いなんかしなくても達成するんだよwしかも潜在意識なら時間が関係ないので、その気になれば、時期なんていくらでも早めることが可能。

でも潜在意識のことを知らない人たちは、そういうことがわからないので、表面的な細かいことでいちいち騒ぎ出します。そういうときに、こうやって占いを使って信じさせるのもありですw

 

このあとどうなったのか?占いの結果はこちら

このあいだのタロット占いの結果発表(ソードの10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください