このあいだのタロット占いの結果発表(ソードの10)

このあいだタロットで占った内容の結果が出たので報告します。

 

前回、あるグループ活動に対してのアドバイスとして、ワンオラクルでただの一枚引きした結果 ソードの10が出ました。

 

詳しい内容はこちら

久しぶりにタロット占いワンオラクルをやってみた

 

あの後、新しく入った一人がまた裏切り行為をしwまた即、除名処分しました。

その方は、グループよりも経験が少なかったのですが、人が見つからなかったのでしょうがなく採用していろいろと手伝ってあげて経験を積んでもらいました。ところが、ある日「もう今日で終わり、他のグループがあるからもう来れない」と言ってきたので、除名にして、別の人に入れ替えました。締め切り前の、人の入れ替えは、常識では悪化すると思われます。しかし、私の直感と体が勝手に動き、除名してしまいました。こういうときは、潜在意識が自分を動かしています。それに従ったので、潜在意識は、達成に導いてくれたのです。除名後、すぐメンバーが見つかりました。しかも、その人は、私たちが前から知っていて、かなりの利き腕でした。しかし、その人は、経験者なのですが、ミスが多くて、一見グループとしては、悪化してるように見えて、締め切り前に人ばっかり変えるなと私はグループから責められましたw

しかし、その人が言った一言のアドバイスが私と全く同じ内容で、その内容に変更した途端、いとも簡単にいきなり6月10日に成功しました。以前は、グループのメンバーが私の言ったアドバイスを受け入れず、前にいた人の方法に従っていたので、それが原因だったようです。

 

ソードの10の意味

ソードの10は、たくさんの剣が体に突き刺さっています。剣は、思考、方法なども表しますので、今までのその考え方が間違っていたといえます。今までの思考や方法のせいで、苦しんで倒れていたのです。この問題に関しての、倒れている人は、グループと読めます。闇が去り、夜が明けようとしています。それは、この先だんだんよくなるという意味です。しかし、夜が明けるには、条件があります。その思考をやめて今までやっていたやり方をリセットしたならば、夜が明けるということを表していました。でもこのカードは、時間がたてばその痛み辛さははなくなるので、全く悪いカードではないです。絵は怖いけどwこの絵の怖さで悪く読んでしまう人多いですねw

 

時期は、通常、ソードなら週か月で読むのですが、私は、そう感じませんでした。というも、〆切が6月だからそれ以上先ということはありえないとうのと、達成するという直感がきました。なので、タロットを読むときには、規則に従ってその通りに言うよりも、その時の直感で、読んだほうが当たります。

 

潜在意識に緊張はよくない

潜在意識的に、6月10日の達成のことをいうと、人の入れ替えがたてつづきに起こり、グループ全体がうんざりしていて、また新しい人が入って来たので、もう目標に対する緊張もほどけていたんですよねw 〆切まじかにまた除名処分しやがって、こんなんで終わるのかよ?的な雰囲気になっていましたw

それが緊張をほどいて、潜在意識に本当に願いが届いたとしか言いようがありませんwww

私は、口を酸っぱくして、「強く狙いすぎると逆効果で反対のことが起こるから忘れなさい」と何回もいってきましたw強く狙っているときは、全然潜在意識に届いてなくて、潜在意識の中で何にもその達成が起きる現実を作ってないからです。でも、グループは信じなかったので、達成までに時間がかかっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください