毒親に育てられた人は、年を取るほど抑圧された感情やトラウマが悪化する

毒親に育てられた人は、幼少期のトラウマや抑圧された感情の処理がされないまま大人になっていくと、年をとるほど嫌な出来事が増えていきます。

早めに抑圧された感情を解き放つことが大切

アダルトチルドレンは、毒親によって精神と感情の成長を止められてしまっています。自分の年齢と幼少期に育たなかった未熟な精神との間にギャップがあるために、年をとるごとにいろいろな問題に耐えることが苦しくなってくることがあります。アダルトチルドレンは、精神年齢が自分の年齢と同じ人ならなんの問題もなく落ち着いて対処できるようなことに対応できないために、辛くなってしまうのです。

抑圧された感情の蓄積が年齢とともに増え続けると、嫌なことがどんどん悪化してしまいます。しかし、実際には、潜在意識に時間はありませんので、完全に癒されてるときが来て癒されてしまえば、嫌な出来事の連鎖を断ち切ることが可能です。毒出し期間があるので、そこはある程度努力をしなくてはなりませんが、気づいた時点で早めに自分らしく表現をして抑圧された感情を解き放つように生きることで、必ず変化が訪れます。

更年期にさしかかると、ホルモンバランスなどで憂鬱になるために余計に人生が終わったような感じになるので、より意識して抑圧をため込まないようにすることが大切です。怒りっぽくなったり悲しくなったりしても無理に抑え込まずに、怒ったり泣いたりしてよいのです、どんどん外に出していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください