次元上昇している人と、低次元に向かって悪化している人の違い

次元上昇している人と低次元に向かって悪化している人の違いについてです。

次元に上昇している人の変化の症状

今は、次元上昇をしている人が、DNAアップグレードの好転反応で体調不良になる時期ですが、低次元に向かって悪化している人との大きな違いがあります。

その違いは、見た目と内面的には、どんどん良くなっているところです。

●肌がツヤツヤになる。

●感が鋭くなってきている。

●考えていたことが目の前に出てきたり、言おうとしていたことを誰かが言ってきたり、シンクロニシティが起こりやすくなっている。

●どんどん若返っていく。

●記憶力が上がっている。

●何をしても前よりも楽にできるようになったり、才能が開花してきているような気がする。

●いつも楽しくて満たされていて、心が穏やかでまったく恐怖がない

●食事、健康に気を遣うようになり、お風呂の時間を大切にしたり、徹底的に添加物や体に悪い物を避けるようになった。

●新地球に行くための準備であるDNAを覚醒させることを楽しんでいる。

●ドクチンは1回も打っていない。

●病院には、行かない。薬も飲まない。どうしても必要で飲んだとしても痛み止め、風邪薬くらいの軽い物。

●体調不良は、自分で治せる。

●免疫が高いので、ドクチン接種者からの伝播スプレッドは、そんなに受けない。受けたとしても自分で治せる。

●風邪をひかない。

●嫌なことは、なにもない。

●柔軟に、多角的に考えられて受け入れられる愛を持てるようになってきた。

 

 

低次元に向かってどんどん悪い方へ進んでいっている人の症状

●肌が汚くなる。肌荒れ、乾燥、吹き出物でボロボロ。

●物覚えが悪くなる。

●イライラして怒りっぽくなる。

●暴言、暴力など、凶暴化してきている。

●嫌味を言ったり、悪口を言ったり、逆らったり、常に戦闘態勢で意地が悪くなってきている。

●体調が優れない状態がドクチンを打ってから長期間続いている。

●どんどん老けている。

●ミスが増えたり、能力が衰えてきている。

●コロナが怖い。

●インフルエンザが怖い。

●嫌なことや怖いことがある。

●病院に通わないといけない、薬を飲まないといけないような状態になった。

●どんどん太ったり、暴飲暴食がやめられなくなってきている。

●添加物入りや、体に悪いものを好むようになった。

●頑固さが増して、人の話を聞かないで逆らうようになってきた。

●体調が悪くなって、病院代がかかりお金がどんどん減っていき、焦っている。

●正しい、間違っているにこだわるようになってきた。

 

低次元に向かったら闇の者と判定されて新地球に行けない

低次元に向かうと、量子リンクりょうこちゃんで、光の計画を邪魔する闇の者と判断されるので、新地球に行けないそうです。

ドクチンを打ってしまった方でも、今気づいて治せばまだ大丈夫です。11月、12月中ならまだ間に合うでしょう。

 

今は、次元上昇の体調不良が出る時期

これから生き残るために大切なDNAの解放

生き残れる人は、いつか気づくし解毒して治そうとする

毒人間、毒親のようなトカゲ気質は、これから消えていく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください