ケンタウロスは、最後のコロナ変異株の可能性あり

変異株ケンタウロス、サルトゥー、最終章ドクチンでトカゲ気質を大掃除、などについてです。

 

ケンタウロスは、コロナ最後の変異株の可能性

ケンタウロスには、オメガの意味もあるそうです。コロナ茶番が始まったころ、いつメディアが変異株を報道するか?決まっているというリストがありましたw そのリストは、QFS(量子金融システム)の軍のコードで、一番最後のオメガが出たときに、QFSが始まると言われていました。リストの一番最後がオメガです。

ということは、ケンタウロスがコロナの最後の変異株ということになります。

ケンタウロス=オメガの意味の詳細については、こちらのDaiさんのブログをご覧ください。

サル痘でいよいよEBSに接近!!! ケンタウロスは実質オメガ株!!??

 

もちろん、そんなウイルスも変異株も実際には、ありませんw コロナ騒動は、そういうものがあるとして進めるただのバーチャルストーリーです。それがついに終わります。しかし、3次元思考の羊ちゃんたちにとっては、そこで安心はできません。次はもう、新しい偽感染症のお猿さんというバーチャルストーリーが来ているからですw

 

サルトゥーは、コロナより強制接種になる可能性があり

お猿さんは、コロナ茶番よりもひどいことになる可能性があります。お猿さんにこじつけて、国民を目覚めさせるための、最終シナリオ、強制接種が始まる可能性があるからです。

その場合は、国は、「強制」と言ってきますが、それにひっかかって服従してしまったらアウトです。毒親対応策のように、何を強制されても、従ってはいけないのです。

 

ドクチンで人体実験されている

お猿さんドクチンを打った人たちは、人体実験用のサルとして登録されるそうです。人間をサル扱いしています。だからサルトゥー(サル痘)という名前なのです。いまだに洗脳されたままの思考停止の方は、そういうおかしいところに、早く気づきましょう。

これは、サルトゥーだけではありません。コロナドクチンも、トランスヒューマンという製品として、打った会社で登録されています。ファイザーで打った人は、ファイザーの製品、モデルナで打った人は、モデルナの製品、アストラゼネカで打った人は、アストラゼネカの製品であるトランスヒューマンという扱いになっています。どんなドクチンでも打ったら、人体実験に参加しているということです。

私たちが、子供の頃から打ってきている各種接種も、逆に免疫低下をさせて、寿命を短くして死に追いやるためのものでした。医療は、DSなので、ドクチンという名前のものは、ろくなことがありません。薬も同じです。

大昔から、宇宙人が、地球で新しい種族を作るために、たくさんの人体実験をしていました。それが今でも続いていたということです。

人体実験というと、陰謀論とか言われてしまいますが、そんなのは、大昔から当たり前だったのです。今でも「陰謀論!」と言って国に服従している人たちは、人体実験に最適なターゲットということになりますw

 

いつまでたってもドクチン続きな本当の理由

なんでこんなにドクチンばかり進めるのか?というと、地球上にはびこっているトカゲ族を殺すためです。正式な数字は忘れましたが、トカゲの魂を持っている人間は、今でも75だか85%くらいいるそうです。数字的に、人口の半分以上というのが驚きですw だから周りに、毒親やサイコパスのような毒人間ばかりいるのです。

トカゲ人間というのは、見た目は、普通の人間に見えるけど、魂がレプテリアン、ドラコニアンという異星人です。だから、人間に見えても、非情でサイコパス、悪いことをしても一生反省しない、一生気づかない、一生精神的に成長しないなどの人間としての大問題がありますw 元々人間じゃないので当然ですねw

ちなみに、トカゲ族でも、ただ権力者に服従をしているだけで、別に悪いことはなにもしていないという普通の人もいます。しかし、闇に服従をするということは、闇と同じ属性ですので、支配者層のトカゲの後を継いで、資本主義ピラミッド社会を築き上げる可能性があることから、トカゲ同様に、処理をしなくてはならないのです。「陰謀論!」とか言って国に服従している羊ちゃんたちもそれにカウントされています。闇に従う人がいたらいつまでたってもピラミッド社会は終わらないからです。

国のシステムなどの形式的なことも新地球体制にに移行する前に、トカゲ気質を全て排除しないと、また資本主義のトップダウン、三角形ピラミッド社会で、毒人間の権力者に服従しながら生きていくどうしようもない社会になってしまいます。だから、ドクチンで大掃除をしているのです。

ドクチンを使った人体実験というのは、トカゲか?純正な人間か?というのも見ています。トカゲなら一発で死ぬ成分だそうです。

トカゲ族は、権力者の言うことをしっかりと聞きます。打てと言ったら即打ちます。だからドクチンが一番手っ取り早いのです。強制接種になったら、今残っているトカゲは、即服従して、一気に消えるでしょう。それが、これから来る「最終章のシナリオ」なのではないか?ということです。

トカゲの掃除以外でも、本格的な新地球システムに入る前に、眠って思考停止になっている羊ちゃんたちを起こす必要があります。国民が、目覚めて一致団結して、本気で魂から「やーーーめーーーーて~~~~~!」と言って、国に反抗する何かが来ないと、いつまでたってもピラミッド社会が繰り返されて、快適な新地球になりません。だからそのために、大きなことを起こす必要があるのです。それが、サルトゥーから始まる強制接種なのではないか?と考察されています。

これは、あくまでも考察ですので、もしかしたら、サルトゥーは、全国民にスルーされ、大したことなく終わる可能性もあります。人々が、サルトゥーに反応しなければ、他のものに変えて驚かしてくるでしょうw サルトゥーが空振りで終わった場合は、別のまたおもしろい発想のウイルスや、キノコ雲投下、大震災のような天災系など、いろいろなことが出てくる可能性があります。いずれにしても、これからどんなシナリオが来るのか?楽しみですね!

 

ウイルスよりも一番怖いのは、感情を持っていかれる事

今は、多少の闇の残骸が残って、偽情報を出したりして、悪あがきをしていますが、もうほとんどは、ホワイトハットという光側が世界を仕切っているので、怖がる必要はまったくありません。

一番注意すべきことは、偽情報に踊らされて感情を持っていかれないようにすることです。SNSのDSの残骸が光のふりをして流している情報を見てバカみたいにすぐに反応をして、RTして広めたり、怒り狂ったり悲しんだり共感をしたり、光のふりをした闇集団に入って群れて変な団結をしてはいけません。感情を揺さぶり、波動を下げて、新地球で最後まで残れないように道連れにするのが、闇の目的です。

潜在意識からくる正しい直感で情報を見破って、偽情報は、無視しましょう。あへちゃん銃撃のようなビッグニュースが来たとしてもまたそれも、冷静に考察し、全部額縁通りに受け取って真に受けない、裏の裏まで読み取ることが大切です。

偽情報が見破れない人は、これからの大パニックが来る前に、今のうちに直感を鍛えておくことをおすすめします。何でもいいから、一番初めに感じた直感に従って、ものごとを選んだり行動をして、進んでいくだけです。それを繰り返しているうちに、自然に見破れるようになってきます。

もし興味があれば、直感の鍛え方や、直感についての他の記事もご覧いただけると参考になるかと思います。

失敗しても嫌われてもいいから直感に従う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。