中日の木下投手は、心筋炎死亡だった

木下投手は、6月28日にドクチンを打ち、7月6日練習中に緊急搬送。8月3日に亡くなりました。当初は、ドクチンとは関係ないと言われていましたが、死因は、心筋炎だったということがわかったそうです。

木下投手の死因は、心筋炎だった

 

Youtubeで大人気、本物の医者Sika先生のニコニコ動画です。

現実に木下投手は心筋炎死亡だった

接種した男性で、1週間くらいの間に、激しい運動をして心筋炎で亡くなったケースが多く出ていますので、ドクチンだということは、間違いないでしょう。

接種をしたら、心臓がバクバクするような激しい動きに注意です。運動はもちろん、立ち上がった瞬間、トイレで力んだ瞬間、セクロス中に亡くなる可能性が高いそうです。

100%猛毒でしかないので、受けないに越したことはありません。

 

6月にドクチンを受けたと書いた記事が消された証拠

亡くなった直後に出たネット記事では、ドクチンを受けた証拠が残らないように4時間後にすぐに書き換えられていました。

ドクチンによる死亡だと書くと、受けない人が増えてしまうので、隠していた可能性があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください