毒親が自己愛性パーソナリティ障害NPDを持っている可能性

パーソナリティ障害のグループB群にある自己愛性パーソナリティー障害とは、どんなものなのか?毒親が持っている可能性はあるのか?などを見ていきます。

自己愛性パーソナリティー障害(Narcissistic Personality Disorder)とは

自己愛性パーソナリティ障害は、一言で言うと、弱いからこそ威張ったり自慢したり強がるタイプです。自分がすごいと思われたいために傲慢な態度で人を支配し、他の人を見下してるような、グループに一人入るようなマウントをとりたがる人です。

自己愛性パーソナリティ障害は、自尊心に大きな問題を抱えていて自尊心の調節ができないために、うぬぼれの感覚(誇大性)で自分の価値を過大評価し、自分の重要性才能や業績を誇張します。強がって自分の劣等感を隠すことにだけ意識がいっているので、他者との共感力は、まったくありません賞賛への欲求が非常に高く、特権意識が好きで特別な人物や機関との関係を必要とします。優越感や自尊心を維持するために、他者を低く評価しバカにします。

症状の詳細

●誇大性
自己愛性パーソナリティ障害は、自分の能力を過大評価し、自分の業績を誇張します(誇大性と呼ばれます)。自分が他者より優れている、独特である、または特別であると考えています。自分の価値や業績について過大評価する際、他者の価値や業績の過小評価をして見下すことがあります。

●特別であるという空想
自己愛性パーソナリティ障害は、大きな業績という空想(圧倒的な知能または美しさについて賞賛されること名声や影響力をもつこと、または人がうらやましがるような素晴らしい恋愛を経験すること)にとらわれています。自分が、普通の人とではなく、自分と同様に特別で才能のある人とのみ関わるべきであると考えています。このような並はずれた人々との付き合いを、自尊心を支え、高めるために利用します。

●賞賛を受ける必要性
自己愛性パーソナリティ障害の本当の自尊心は、非常に壊れやすいものです。自尊心を維持するために、過度の賞賛を受ける必要があり他者からよく思われることに依存しています。このため、他者が自分のことをどのように考えているかがすべての自尊心になっています。なので、四六時中他者からの称賛を注視する必要があり、自分がどれだけうまくやっているかを吟味し評定しています。

●批判や低評価に敏感
自己愛性パーソナリティ障害は、他者による批判、また恥辱感敗北感を味わう失敗に敏感であり、これらを気にしています。それらを受けると、怒りや軽蔑をもって反応したり、荒々しく反撃したりすることがあります。または、自尊心を守るために、引きこもったり、表向きはその状況を受け入れたりすることもあり、失敗したりかっこ悪いところを見られて負けた姿を見せたり、批判を受けたくないために、わざと失敗する可能性のある状況を避けることがあります。または、自分のうぬぼれの感覚(誇大性)を守るために,引きこもったり,その状況を表向きは受け入れたりすることもあります。

 

原因

自己愛性パーソナリティ障害も、遺伝子と環境要因が発症に関わっている可能性があります。過度に批判的であったり、過度に子どもを賞賛、称揚、または甘やかしたりしていたなどのように、養育者が、子どもが安定した自己感覚を発達させるのに役立たない形で子どもとふれあった可能性があります。

自己愛性パーソナリティ障害も、反社会性パーソナリティ障害にあるいいサイコパスがいるように、いい自己愛性パーソナリティ障害というのもあるそうです。特別な才能や能力をもっていて、自己像や自己感覚を他者からの賞賛や尊敬と結びつけるのに慣れている人もいます。

自己愛性パーソナリティ障害は、一般の人の最大6%、男性に多くみられます。

併存症が多く、1つ以上のこのような他の障害がよくみられます。
抑うつ障害(うつ病、気分変調症)、神経性やせ症
物質使用障害(特にコカイン)
別のパーソナリティ障害(演技性、境界性、または妄想性)

毒親が自己愛性パーソナリティ障害を持っている可能性

これは、グレーゾーンも含め、普通に身近に一人はいますので、非常に高い確率であるといえます。もし、毒親が、自己愛性パーソナリティ障害だった場合、そうとうきっつい独裁者になります。自分の自尊心を維持するために、ダメな子供ということにされ、いつも怒られたりバカにされたり見下されるでしょう。子供が大人になってきて自分の意見を言うならば、ものすごい勢いで怒って反対したり攻撃してきます。自分がすごいということをアピールするために、子供に本気で戦いを挑み、子供を負けさせたりできないようにしてバカにしたりもします。一緒にいるだけで自分の自尊心を維持する相手として標的にされて、精神的におかしくなってしまいます、早く家を出るなり縁を切るなりして逃げましょう。特に父親の暴力的な自己愛性パーソナリティ障害だった場合は、怖くて心的外傷後ストレス障害や他の精神障害を誘発してしまう可能性もあります。

 

自己愛性パーソナリティ障害の診断を下すには、以下の5つ以上に示されるように、自分の価値についての過大評価、賞賛への欲求、共感性のなさが持続的に認められる必要があります。

●自分の重要性や才能について、誇大な、根拠のない感覚を抱いている(誇大性)。
●途方もない業績、影響力、権力、知能、美しさ、または素晴らしい恋という空想にとらわれている。
●自分が特別かつ独特であり、最も優れた人々とのみ付き合うべきであると信じている。
●無条件に賞賛されたいという欲求をもっている。
特権意識をもっている。
●目標を達成するために他者を利用する。
●共感性に欠けている。
●他者を嫉妬しており、また他者が自分を嫉妬していると信じている。
●傲慢かつ横柄である。
また、症状は成人期早期までに始まっている必要があります。

 

引用MDSマニュアル 自己愛性パーソナリティ障害

 

うちの毒父は、全部当てはまっています。間違いなくこれです。他の家族と私は、まったく当てはまっていませんwこの毒父は、人間とは思えず、本当に最悪でした。

 

 

毒親は発達障害を持っている可能性が高いので一般の人と比較して考えてはいけない

毒親は、精神障害を持っている可能性がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください