毒親に台無しにされた人生を取り戻す方法

正直言って、毒親に育てられると人生において何一ついいことがありません。普通の家庭で育った子供よりも、人生面で恵まれず、損をすることしかありません。こんな不公平で最悪な人生をどう挽回したらよいのでしょうか?

毒親に台無しにされた人生を取り戻す方法

毒親に育てられてきた子供は、毒親から、自分を殺して我慢することばかり教え込まれてきたため、自分に素直になり、本当の自分を表現することができません。いつも人や周囲に気を遣い、自分を犠牲にして合わせてきました。

人生を取り戻して、状況を変えたいのであれば、それを今すぐ、やめることです。毒親から洗脳された、潜在意識の型を変えない限り、人生を取り戻せません。

人生を取り戻したいということは、今までの人生になんの生きがいもなかった、自分が心底楽しんで幸せを感じることがなかったから、これから本当の自己表現をして生きていたいという、本当の自分の魂からのメッセージです。今まで自分らしく自分の感情を思いのままに表現し、やりたいことをやって、あらゆる面で成長し、人生を謳歌していなかったからです。

今、この瞬間から、本音で自分がやりたいことだけをしましょう。その本音が自分の本当の魂の求めていることであり、潜在意識があなたを通して表現したいことなのです。

本音で自分がやりたいことというのは、例えば、学校や会社が本当につらくて嫌なら行かなくていいのです。退学や首になって、お金も無くなってしまうかもしれませんが、それで死ぬということはありません。そうなったときに、潜在意識は、必ず何かしら助けてくれます。そういうときこそ、思わぬ展開や奇跡が起きるのです。もし、何もなかったとしても、なんとかなるだろうという、大きな構えが大切です。

もし、今、焼き肉がどうしても食べたかったら食べに行く、この時に絶対に妥協をしないことが大切です。上ミスジが食べたいと思ったら、絶対に焼き肉専門店の本場の上ミスジを食べることです。ここで妥協をすると人生も妥協することになってしまいます。

そのような、世間一般的に考えたらばからしい小さな行動でも、自分の心の底から湧き上がる意志に従って行動していると、今まで毒親にダメにされていた狂っていた感が元の正常な状態に治ってきます。その正常に戻った直感に従って行動していくと、今後の人生で、心底満足できる自己表現をすることできるようになります。

眠かったら寝る、聴きたい音楽があったら聴く、一晩中ゲームをやりたかったらやり続ける、ほこりが気になっていて嫌だなと思っていたら掃除をすぐする、ダイエット中でもケーキを食べたかったら食べるなど、本当に些細なことからです。

今までを振り返ってみてください、どれだけ、そのとき「やりたい!欲しい!」と思ったことを妥協して、自分を裏切っていたか?

それが、自分の人生を狂わせた大きな原因なのです。

毒親は、容赦なく強制させます。そのせいで、今までの人生がダメになりました。子供の頃は、一人で家を出て行って自立できないので、ただ毒親に従うしかなかったので仕方ありませんが、自立できるような年になったら、もう親や環境に従う必要はありません。

やりたいことを我慢しないで今すぐやる、って言うと、極端に、考える人がいます。

それも毒親の子供の特徴です。

例えば、誰かを殺したい!万引きをしたい!と思ったらやっていいのか?というと、それは、また別問題です。

潜在意識には、法則があります。社会に逆らったり、人を不幸にするような考えは、破壊的な要因です。そのような考えが出ているときは、潜在意識の中にある破壊的な感情、大衆の心に支配されているといえます。なので、まだ完全に満たされる自己表現ができる状態ではありません。

自分の思いついた考えが正しいか狂っているかは、その考えが誰かを幸せにするものであれば、正しいといえます。その考えには、潜在意識の無限の力がついている証拠です。無限の力があなたを通して表現したいということなのです。

潜在意識の無限の力は、宇宙を創造した神様ともいえる偉大で最強のエネルギーです。ですから、宇宙全体は、神自身の物でもあるというとになります。だから、他の人々や社会を不幸にする内容は、宇宙の神に反しているために叶わないということなのです。

自分の意見を遠慮せず言うことが大切

人生で欠かせないのが人間関係です。誰とも関わらないで生きていくことは不可能です。毒親に育てられると、人間関係で嫌なことばかりおきますが、人間関係でも、人に気を遣って遠慮したり、本当に言いたいことを言えず、抑圧された感情がたまっていってしまいます。それも今すぐやめることです。

むかついたら、言いたいことをその場ですぐ言う、嫌なことはハッキリ断る、自分の意見やこうしてほしいということを勇気を持って言うことが大切です。

特に毒親の子供は、人に対して「こいつには言っても無駄だろうな」とすぐ諦めてしまいます。それを相手は勘違いして、受け入れてくれたと思い込み、相手はつけあがり、やりたいようにやってきて、最終的にまた自分が損をする結果になります。自分を無理に押さえないことが大切です。

2次元などで第二の人生を持つ

これは、育成ゲームや、自分で作るストーリーや、ただの空想など、何でも構いません。もう一人の理想の別の自分を作り、理想の人生をそこで歩んでいくと、今までの、自分の人生で実際にあった経験のようになります。

潜在意識は、感じることを真実としてとらえます。なので、実際にあなたが感じてしまえばそれでいいのです。理想のストーリーの漫画や本を読んだり、映画を見たりするだけでも構いません。それが自分にあったと思えればいいのです。

私がやって効いたのは、RPGゲームでした。人によって好みもあるので、全員に効くかわかりませんが、やりたいように第二の人生をそこで歩むことで、今まで毒親によって止められた成長をもう一度成長させることができていると感じています。形は違いますが、そこでやりたいことは何でもできて充実できているので、過去にできなかったことがどうでもよくなり、人生を謳歌していると思えるようになってきました。

毒親によって育てられた人は、精神的な成長が幼少期で止まっています。それをリアルの現実で取り戻すのは、かなり難しいことです。大人になっていい年こいて、誰かに無償の愛をもらいながら精神を成長させるというのは、不可能に近いことです。

それが、二次元なら、自分一人でできてしまいます。

イマジナリーフレンドというのも効くと思います。自分の中に自分のことを完全に認めてくれて同意してくれる理想の人を作ってその人とやりとりをするだけです。その人との会話のノートを作るのもよいでしょう。世間一般で考えると、一人二役でバカらしいかもしれませんが、自分の人生を取り戻するには、自分で癒し、自分で成長させるしかありません。なぜかというと、自分を癒し、高めて人生を繁栄させてくれる潜在意識の無限の力は自分の中にいるからです。

 

簡単な言い方でいうと、人生を取り戻すには、

今この瞬間の考えで、

やりたいこと、素直な言動、心地よいことを選ぶこと。

潜在意識に、自分が心地よいと感じていることをたくさん与えることで変わっていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください