感謝は、しないといけないのか?

 

よく「感謝」「感謝」といわれていますが、本当に感謝をしないと願いが叶わないのか?感謝をしない人は、うまくいかないのか?毒親にも感謝をしないといけないのか?についてです。

 

答えを先に言ってしまうと、感謝をしないと願いが叶わない、うまくいかないというのは、本当です。

なぜ感謝をすると人生がうまくいったり願いが叶うのか?

空気を吸えるだけでもありがたい、朝、目覚めただけでもありがたい、雨風しのげて暖かい布団で眠れる家があるだけでもありがたい、おいしいお米を食べられるだけでもありがたいとか、このおいしいお米を田んぼで0から何か月も時間をかけて育てて作ってくれた人に感謝しているとか、いつも会社のトイレをきれいに掃除をしてくれる掃除のおばちゃんに感謝しているとか、自分を生んでくれた親に感謝しているなど、人がやっている小さな苦労に気づいたり、理解してあげることができたり、当たり前の小さなことにも自然に感謝できる人は、神に選ばれます。小さなことに気づくということは、地球やこの世を作った宇宙の神である潜在意識の無限のエネルギーに気づいているのと同じです。

宇宙では、すべてのものに、神のエネルギーが宿っています。ゴミ、塵、ホコリ、石ころでも神が作ったものです。神そのもの、または神が作ったものに気づく人は、神に選ばれて、助けを得られるようになっています。

神の援助がくると、人間個人の能力の限界を突破することができます。人間の頭の中だけでは、実現不可能に見えるようなことにだとしても、奇跡が起こって達成してしまいます。奇跡というのは、人間から見て「奇跡」という言葉なだけであって、神からしたらそれは、当たり前で普通のことです。だから願いが叶いやすくなり、なんでもうまくいくようになります。

 

うまくいかないときは、感謝が足りていない

心の中に、小さなことへの自然な感謝の気持ちがあれば、なんでもうまくいきます。その反対に、うまくいかないときは、感謝の気持ちが不足しています。いつもあって当たり前、人にやってもらって当たり前、受け身で受け取るだけのテイカー状態、人の仕事や協力のおかげで自分が生きていられること、そこにいられることががわからないような状態だとうまくいかないのは当然です。自然に感謝の気持ちが出てこないということは、自分の心から出ている波動が、神のチャンネルに合っていないのと同じだからです。

 

感謝は、自然発生で初めて効く

口では、いくら感謝しているといっても、まったくその態度に見えない人がいます。心が伴っていない感謝は、表面だけなので本音では嘘をついているのと同じです。感謝は、無理をして強制的にやるものではありません。かわいい子猫を見たときに、うわぁカワイイ!!と思って癒される気持ちが心の中から自然に出てくるような感じの、自然発生でなくてはなりません。強制的に、感謝をしないといけない!と思ってやる行為は、子猫を見たときに、別に何とも思わなかったのに、かわいいと思わないといけない!と自分に言い聞かせて無理をしているのと同じです。無理をしてやっているときは、自然発生ではありませんので、効きません。

物事が達成しているときは、感謝は、自然に発生しているはずです。

よく物事がうまくいっていないときや、願いを叶えたいときに、「ありがとう」を100回言うとか、「感謝」という言葉を100回言うとかいうやり方があります。この方法は、「ありがとう」とか「感謝」という言葉にたいして、心の中に反発がなければ、効く人には効きます。言霊には、威力があるので、言葉を先にして言うことで、その気になってきたり、波動を変える効果もあります。思っていなくても、ありがとう!とみんなに言って、天国言葉をばらまいているうちに、良い現象が起こるようになってきます。

感謝ができないときは、できない理由がある段階なので無理にしなくていい

いくら「ありがとう」と言っても、言いたくなくなったり、心が伴わない、感謝できないときがあります。そのときは、別の処置をすることが先決です。

そのような状態の時は、抑圧された感情が、まだ潜在意識に巣くってて、言霊の威力を上回っているので、すぐに良い言葉を打ち消しています。その状態だと、自分のたまった感情を出して処理するまでは、ありがとうとか感謝という気にもなれません。逆に、こうしなきゃいけない、ああしなきゃいけないというのが自分を責めてしまって反作用となって、混乱してどんどんつらくなっていくことがあります。今までありがとうとか感謝というのをやっても効かなかった方は、このケースにあてはまる可能性があります。

たまった抑圧された感情を処理する方法はこちらに書いてあります。毒親育ちではなくても同じ方法が使えます。

毒親育ちは、何度も同じことを繰り返して悩む反すうが辛い

(抑圧された感情を表現して手放す方法)

 

毒親に感謝をしないと人生がうまくいかないのか?

これも、残念ながら、答えは、YESです。

しかし、これも許しとおなじで、毒親のことを好きにならないといけない、尊敬しないといけない、うまくやっていかないといけない、というわけではありません。

どこか1つだけ、「自分を殺さないでいてくれただけでも、ありがたい」とか、「この世に出してくれたことだけは、ありがとう!」などと思えればOKです。このような最低限の感謝さえあれば、一生嫌いな人ナンバーワンでもOK、物質的にも精神的にも離れて関わる必要はありません。この小さな感謝が出たときには、もう毒親問題は片付いています

しかし、小さな感謝が出たからといって、円満な家庭の普通の人と同じように仲直りしようとしたり、近づくとまた痛い目にあうので、最終的には、関わらないで離れていてください。毒人間は変わることはありません。

毒人間を相手にしてはいけない

 

「毒親のおかげで、いろいろ学べたし辛い過去もいい経験だった、感謝してる」なんて思えるようになったときは、魂レベルがかなり上がっているので、いつでも神の援助を得られて、毒親に台無しにされた人生を取り戻す以上に、自由に人生を謳歌できる状態になっています。今までそういう人生じゃなかったら、こうならなかったというくらいの感謝ができる素晴らしい人生がやってきます。

 

潜在意識を動かす感謝について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください