マトリックスデクラッチョ3 この世がメタバチャンだという話につながる点と点

今回は、この世がメタバチャンだという話につながる点と点についてです。点と点その1 今どこかで生きている本当の自分に直接じんこーちのーが入っている可能性大、点と点その2 茶番連合がライトワーカーの本当の姿は、母船の中にあると言っていた話に一致、ライトワーカーという言葉もプログラム、メタバチャンの中での話、説、教えと外は全くの別物、などです。

前回の記事はこちらです。

映画のマトリックスからの最強デクラッチョ2 この世こそがアレだったw

一番初めからはこちらです。

映画のマトリックスは、すでにデクラッチョをしていた

 

この世がメタバチャンだという話につながる点と点

映画のマトリックスからのデクラッチョは、まだまだありますが、先に今回は、前回の記事の「デクラッチョ3 もうすでにこの世がメタバチャン」の裏付けになる、今までの真実探究記事の中で出てきた点と点がつながる部分の抜き出しをしていきたいと思いますw

 

●点と点その1 今どこかで生きている本当の自分に直接じんこーちのーが入っている可能性大

まず1つ目は、【マッドフラッド 私たち人類は18世紀に、研究室で創造されたものです】動画のまとめと考察の2回目の記事「神殿ではクローン技術で人間を製造していて人工知能が与えられていた」に出てくる話です。

そこにあるように、人間が作られたときには、もうすでに「じんこーちのー」が入れられていました

私たちは、そのじんこーちのーによって、潜在能力を封印され、思考停止にされています。

生まれる前の記憶を消されているのも、間違いなくそれによってでしょうw

記憶を消す必要がある=知られてはいけない裏があるからです。

本当に不思議で仕方がありませんが、サイコパス悪魔は、何でも隠しますw

地球上でやりたいことがあったら正直に言ってくれれば、人類が協力することもできるかもしれないのにw

オープンに「支配者だけが自由に好き勝手にたくさんの豪邸を建てて遊べる地球にしたいからロボットになりたい人募集します」と出したら、整形感覚で絶対に来る人いると思いますw

表面ではいい顔をしてウソで騙しながら隠してやるところが悪魔的なのですw

 

サイコパス悪魔が、自分で作った人間の潜在能力を封印する理由は、人間たちがマトリックスのシステムプログラムに従わなくなったら困るからです。

言うことを聞かないと支配できなくなるからですw

何もできないように子供から携帯や財布を取り上げる毒親と同じですw

しかし、封印をしている時点で、自分の弱さを認めているのと同じなのですw

思考停止にする理由は、自分たちが決めたプログラムの枠にはめ込んで、それが当たり前だと思わせて、それだけに従うように服従させるためです。

【マッドフラッド 私たち人類は18世紀に、研究室で創造されたものです】動画動画を考察していた時は、じんこーちのーを入れたと言っても、どこに入っとんねん?という感じでしたw

一番初めに作られて誕生した人間は、入っていることは確実でしょう。

しかし、そこから繁殖した子孫たちにいちいち生まれるたびに脳を開けて入れてはいないと思います。

一番初めの人のじんこーちのーと同じ性能の思考停止の脳で、生まれて来ているというだけでしょう。

しかし、映画のマトリックスを見てから、本当の自分が今別の場所にいる可能性が出てきました。

ということは、今この世にいる肉体の人間の私たちではなくて、今どこかで生きている本当の自分に、個別に直接じんこーちのーが入れられている可能性が出てきたということになります。

前回の記事にも書きましたが、私たちの1段階上に永遠に生きる精神、ジブンジ神、無限の力がいるのではなくて、本当の自分が2段目にいるということですw

もし、永遠に生きる精神、ジブンジ神、無限の力があるとすれば、本当の自分の上の段階である3段目かそれより上という可能性があるということになります。

今の私たちの肉体は、マトリックスのである本当の現実にいる本当の自分の単なるコピー、VRの中の映像だということです。

映画のマトリックスと同じように、本当の自分がいる場所で、人間が作られている可能性がありますw

ここまでくると、そうに違いないでしょうw

そこで人間を作ってじんこーちのーを入れることで、この世のメタバチャンの映像を見れるようになる可能性があります。

映画のマトリックスでは、本当の自分は頭の後ろに穴をあけられていて、そこにプラグを挿すとマトリックスのVRを見ることができますw

映画のマトリックスの考察をしている人の話では、本当の世界の人間栽培の畑で英&愛が人間を作って、マトリックスの中の母親のおなかに入れているようなことを言っていました。

映画のマトリックスでは、死んだ人は液体化されて新しく生まれてくる生命の養分に使われるそうですw

これは、映画だから映画の中のお話として「そうなんだー」と思いがちですが、サイコパス悪魔は、堂々と答えを目の前に出すという特徴があるので、もしかすると、私たちの本当の自分がいる本当の現実でも同じかもしれませんw

 

●点と点その2 茶番連合がライトワーカーの本当の姿は、母船の中にあると言っていた話に一致

2つ目は、コーチャクインが話していた話の内容と一致する点ですw

前に、茶番連合がライトワーカーの本当の姿は、茶番連合の母船かなんかの中にあるなんとかポッド(たぶんカプセルみたいな肉体を保管する入れ物のこと)の中にあると言っていましたw

その時は、そんなことがあるわけねーだろと思いましたが、今思い出すとその話は、映画のマトリックスそっくりですw

もしかするとコーチャクインは、ただ映画をパクって勝手に話を作っている可能性もありますw

「母船」というのが、いかにも映画のパクリですw

映画の本当の世界になっている場所は、船の中ですw

なんで船の中にいるのかというと、本当の現実は1世紀後で、仮想現実のマトリックスの世界は、英&愛とのたたかいで崩壊してしまったからです。

崩壊前の英&愛は、太陽光をエネルギーにして動いていたので、英&愛とのたたかいに発展してから英&愛の勢力を弱めるために、雲でマトリックスを真っ暗闇にして太陽を隠していましたw

しかし、英&愛は、意思を持ってしまい、人間を自分たちを動かすための電池にすることを思いつき、人間栽培をする畑を作り出しましたw それが主人公が初めて本当の世界に到着したときにあの光景ですw

映画の中の船は、空を飛ぶ宇宙船みたいなものなのか、海に浮く船なのかわかりません。

私たちが今いるメタバチャンの中の茶番連合という存在は、メタバチャン内のプログラムなので、母船は実際に存在しませんw

あったとしてもそれもメタバチャンの中の世界観を演出するプログラムのホログラムですw

マトリックスの世界観を演出するプログラムと言う意味では、茶番連合も、宇宙人も、オバケも天国、地獄、神も、ホワイトハットもアライアンスも、これから出てくると言われている救世主もマトリックス内になんでもありますw

このメタバチャン自体が空想の世界だからですw

メタバチャンの管理人がプログラムを作って追加すれば、ゲームのように好きなだけ新キャラ、新コンテンツを次々作れるのですw

しかしそれらは、本当の自分がいる場所から見ると全部フェイクで、VR映像、幻想の、ホログラムだということです。

前に茶番連合も、この世はホログラムでできているというデクラッチョをちょろっと言ったことがありますw

 

ライトワーカーという言葉もプログラム

ちなにみ「ライトワーカー」という言葉も世界観演出のためのプログラムです。

宇宙人、未来人、特殊能力を持っている、チャネリングできると自分で言っている人物も同じです。そういうことを言う人こそプログラムですw

それについての詳細は、「システムプログラム人間がいる」というデクラッチョで話しますw

 

茶番連合が、本当の自分がなんとかポッドに入っているという話で「ライトワーカー」に限定していますが、それは、本当の自分を持つ人のことです。

「ライトワーカー」というのは、ただのメタバチャンの中の世界観の演出用の言葉で、それ以外に何の意味も持ちませんw

「ライトワーカー」と言っても、本当の自分を持っていないプログラム人間もいます。またその反対で、ライトワーカーという言葉を知らなくても、本当の自分を持っている人もいます。

メタバチャンの中の世界観演出で、神秘的にスピ風に言うと、「ライトワーカーは、地球を救うために必要な場所に生まれてきた」と言えます。

しかし、それもナチョスの特徴である、1つの同じことでも表現をすり替えて全然別物に見せかけるように言うテクニックなのです。

メタバチャンプログラム用語で言うと、「プログラムによって適度な間隔で配置されている」というだけなのですw

前者後者、両方とも同じことを言っていますが、全く別物に聞こえますw それがプロの詐欺師のテクニックなのですw

実際には、地球マトリックス内で、ライトワーカーという演出用のプログラムが、1か所に偏り過ぎず適度な間隔で配置されているという設定になっているだけです。

「ライトワーカー」というのは、地球上のシナリオにあるコロナ茶番を初めとした数々の茶番劇場からのヌーフールドオーダー、珍世界秩序、いまさら超監視社会を通して、さらにその先にある最終結末へ導く存在の演出用プログラムなのです。

そのプログラムの中には、もちろんコーチャクインもいますが、純粋に自分の使命だと思って活動をしている人たちも含まれます。

このメタバチャンの中には、本当の自分を別の場所に持っている人と、プログラム人間の2種類がいるというだけということになります。

コーチャクインは、あからさまにわかるマトリックスの世界観を作るためのプログラムですw

だからコーチャクインと戦う必要はないし、コーチャクインのウソやデタラメ誘導を正そうとしてもプログラムなので無理ですw

地球を救うとか人のためだと言いながら、自分の生活費の心配しかしていない金儲けに走ってしまった真実系情報の発信者から、ナチョスの3点セットに満たされている有名どころも元々プログラムだったということです。

メタバチャンの中は、プログラム以外、有名、金持ちになれないということです。

支配のツールである金の束縛から逃れられないことがプログラムだという証拠です。

https://twitter.com/i/status/1685955133585358849

Mドナルドの飲み物ポテト付きのセットと同じで、ナチョス文化には、3点セットが必ずついてきますw

サイコパス悪魔に関わると、支配のツールと完全なセットなのです。

ナチョス文化の3点セットは、悪魔のセットなのですw

メタバチャンの中では、魂(本当の自分)と引き換えに金、名声、ステータスの3点セット+ヒエラルキー思考を得られるという仕組みになっています。

悪魔はタダで与えることはないのです。何かを与える時には、必ず魂の破壊と引き換えにします。

ベシカムをもらうような社会システムになってしまったら、魂の破壊である定期的な強制ドクチンと引き換えです。

 

メタバチャンの中で支配のツール3点セットの束縛に合っている人たちは、本当の現実に、本当の自分はいないのです。

メタバチャンの世界観演出の役者、管理者の最終目的まで導くプログラムになってメタバチャンの中だけに現れてきているだけだということになります。

 

メタバチャンの中での話、説、教えと外は全くの別物

ちょっと前に、ある真実系配信者が、うーろんが「茶番連合は、英&愛」だと言っていたという話をしていましたw

それも茶番連合が自分でデクラッチョしていた「茶番連合メンバー全員にはチップが入っている」というのと一致します。

さらに、うーろんは、「エイリアンはいない、エイリアンは英&愛だ」「地球上には宇宙人は一人だけいる」と言っていたそうです。

それでつい2、3日前、自分が宇宙人だということをカミングアウトしましたw もちろん、誰も信じていませんw

そこから偽宇宙開示でもしようとしているのかもしれませんw

そういうのもプログラムの演出用のシナリオで、うーろんこそがプログラムなのですw この世のメタバチャンの管理者に関わっているプログラムですw

しかし、それは絶対に言えないので、宇宙話などのメタバチャン専用プログラムのシナリオのワイドショーのような茶番ストーリーを引っ張り出してくるのですw

とにかく、メタバチャンの中での話と、外の話は全く別物だということです。

メタバチャンのには、本当に宇宙や惑星というものがあって、母船や宇宙人もいる可能性はありますw

本当の自分の姿こそ、こうかもしれませんw

VRの外には本当に宇宙はあると言っている動画がありますので、一応リンクを貼っておきますw

偽の現実の世界 このマトリックスはどうやって操作されているのか?

【マトリックス突破】この世界はヴァーチャルリアリティーなのか? VRのアーキテクチャーは存在するか? 調べる方法は?

 

これももしかすると、コーチャクイン動画で宇宙が本当にあるという植え付けをするための洗脳動画かもしれませんが、丁寧に直感で検品しながら見るとデクラッチョが取れることがあるので、もう一度見直ししてみたいと思いますw

やることがまた増えましたw

ナチョス文化の特徴、他人を支配する人たちの復習、ゲームからのデクラッチョ、マトリックスからのデクラッチョまで増えてしまって忙しいですw

 

 

今世間に出てきている情報は、すべてメタバチャンの中だけで勝手に決められたり、メタバチャンの中だけにあること、今まで教えられてきたウソの洗脳の教え、常識を基準にして想像されているだけの内容だということです。

メタバチャンの中からメタバチャンの外のことを考えても、この世はメタバチャンの中なので、メタバチャンを超えた領域は一切わかりません。

今のところ、メタバチャンの外の話は、そこまで考える必要はないし、考えても未知の領域で答え合わせができないから意味がないということになりますw

遠くの事を考えすぎると、ナチョスのコーチャクインの導きと同じではるか宇宙の彼方の遠くまで行って戻ってこれなくなってしまいますw

本当の自分が、メタバチャンの外の別の場所にいるということがわかっただけでも、かなり有益なデクラッチョだと思いますw

メタバチャンのに本当の自分がいることだけは100%確実です。それ以外は、今のところ何とも言えません。

もしかすると、本当の自分がいる場所は、別次元である可能性があります。

私たちコピーがメタバチャンの中に突っ込まれているところからすると、本当の自分が何者かに囚われている可能性が高いという推測はできます。

 

 

 

この続きはこちらです。

マトリックスデクラッチョ4 人間はプログラムに従っている、そのプログラムのおかげで人類が誕生した、情報レベルのフォルダがあり3以上はアクセスできない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください