地球茶番 地上の放射線が出る穴を隠すナチョス 秘密結社は偽情報UFOとエイリアンアジェンダに力を注いでいる

カラーバーを越えるデクラッチョシリーズ、今回は、非常に重要な話が含まれていますw 世界の中心が渦の穴で放射線を放っている説、ナチョスは鍵十字マークを使って悪魔化作業をしてきた、ドイツのオカルト秘密結社は、破壊と悪魔化をする目的で操作されている偽情報を公表し、偽情報UFOとエイリアンアジェンダに力を注いでいる、実際にはありえないことを頭の中だけで考えてエビデンスだと言い切るナチョス、世界の中心の足元にある渦の穴から出る放射線で太陽と月の組成がわかるなどです。

 

こちらの動画を参考にして書いています。

前回の記事はこちらです。

地球茶番 唯一の本物の地図があった驚きの場所 月に基地がある説はナチョス

一番初めからはこちらになります。

地球茶番 本当の星は水の中、ナチョス産占星術との大きな違い、地図からウソをつかれて隠蔽されている

動画のまとめ、要点、考察の続き3

世界の中心が渦の穴だという説がある。ナチョスは鍵十字マークを使って悪魔化作業をしてきた

たくさんの歴史的な書物が残されていて、また私たちの世界の中心が渦の穴だという説も多く存在しています。これは偶然の一致という事はあり得ません。私たちはこのようなものをたくさん見てきました。しかし、非常に奇妙なことに完全なこの鍵十字マークの悪魔化作業が行われている間に、その渦との連想が絶たれてしまいました。

次は、世界の中心が渦の穴だという話、鍵十字話です。鍵十字というのは、万字のことですねw これを見るとオカルトチックでおとなのたたかいを起こしそうな集団で怖いイメージがありますねw

この鍵十字マークを使って悪魔化作業が行われていたようですw

「渦との連想が絶たれてしまいました。」というのは、ナチョスの悪魔化で鍵十字マークを使われて、渦から目線をそらされてしまって、本来の目的から遠のいてしまったという事だと思います。ナチョスお得意の目くらまし、スピンですw 全然関係ない問題を作ってそっちに集中させて、本来行こうとしていた道からそらさせるという手口です。

 

これについて私たちはさらなる情報を得ました。これは地球の中心の渦のことで驚異的な内容です。この鍵十字を利用し、ナチスは他にこれに似たシンボルも使用していました。これは、ブラックサン、黒い太陽です。

この話では、ナチョスの本家本元が出てきていますw

このブログによく出てくる「ナチョス」というのは、本来、この話に出てきている通り、元々は、ドイツにあったナチス政府の時代のことです。しかし、実際は、それが、いまだに続いているのですw 実は、ドイツだけではなく、地球全体が独裁的な勢力によって支配されていましたw それがナチョスですw ナチョスは、全宗&教、秘密結社、様々な組織、世界の政治団体から何から何までを支配して世界を操っています。

独裁政権というのは、ドイツを支配していたヒトラーだけではなく、本物の悪魔ルシファーが地球を支配をしていたのですw ドイツは、たまたまドイツが表面的に目に見える形の独裁政権として表れただけでした。しかし、実は、地球上全部が悪魔組織によって独裁操作されていたのですw

 

ドイツにはオカルトの秘密結社が存在していた

ナチスの政府が立ち上がる前に、ドイツにはオカルトの秘密結社が存在していました。トゥーレ結社です。これには副次的な機能があります。その副次的な結社が私たちがこれから話すブラックサン結社なのです。これは薔薇十字団やその他の外部団体に影響を受けています。トゥーレ結社は、生来の神秘的な力を持つアーリア人種の優位性を特に強調していました。

いろいろな名前が出てくるので整理したいと思いますw

ナチョスは、鍵十字とブラックサンというシンボルを使っていました。

ナチョス政府が立ち上がる前にドイツに存在していたオカルト秘密結社がトゥーレ結社です。トゥーレ結社には、副次的な機能があり、その副次的な結社がブラックサン結社です。ブラックサン結社は、薔薇十字団やその他の外部団体に影響を受けているそうです。薔薇十字団というのは、ソーメンの中にある階級ぽいですね。一言で言うと、このへんの結社というのは、全部宗&教チックな団体のことでしょうw

トゥーレ結社は、神秘的な力を持つアーリア人を特別扱いしていたという事だと思います。

 

トゥーレ結社はその名称をギリシャ神話に記載されている神秘的な北方の国を根源としています。その国は、大変北にあるようです。他の人たちはこの場所をヒュぺルボレイオスと呼びました。トゥーレ結社はより古い人種であるアーリア人が私たちの地球を植民地化し、彼らはこの地球の中心の空洞地球にいるのだと信じていました。

トゥーレ結社の名前は、ヒュペルボレイオスが根源だそうです。南極の氷の壁の向こう側の地域にある噂の理想の国ですw それはギリシャ神話に出てくる国だったのですねw ギリシャ神話に出てくるならちょっと怪しくなってきますねーw 神話は悪魔の書と同じで、また全部ウソの可能性があるからですw

トゥーレ結社は、アーリア人が地球を植民地化し、彼らは地球の中心の空洞に住んでいると信じ込んでいたそうですw ということは、アーリア人と地球の中心の空洞を神聖化していますw 地球の中心の空洞は、ナチョスにとって重要な場所だということがわかります

ナチョス見破り検定

★重要な場所がある時、ナチョスは何をするでしょうか?

これに答えられたらナチョス見破り検定に合格!

新地球行の箱舟の片道切符を手にしていますw

答えは、

隠す」ですw

ナチョスは、重要な場所を命とお金をかけてまで隠し通し、ウソをつきまくります

この話の流れからすると、ナチョスは、地球の中心の空洞を隠したのではないでしょうか?w

ナチョスの面白いところは、誰も行かないような場所に、政府がバカみたいな大金をつぎ込んで厳重な監視システムを作ってまで守り抜くというところですw

南極といい、オーストラリアの壁といい、地球の中心にある空洞なんて、行く人がいたとしても年間指で数えられるくらいの人しか行かないでしょうw

 

アーリア人については、今のところなんだかよくわかりませんが、他の情報では、アーリア人が地球の支配者だという説もありますw

 

地球の中心に放射線を放っている本当のエネルギーがあるという説がある

バード少将は、軍人で南極の探検を行いました。彼も地球内の空間を示唆し、その入り口が北極にあると言いました。トゥーレ結社はまた、ブラックサンを信じていてそれは巨大な球体で地球の中心に存在するとしていました。本当のエネルギーの形で放射線を放っているとしています。このエネルギーには複数の名称があり、ある人たちは気と呼んでいて、他にもアストラルライト、オーディックフォース、オルゴンと言った呼び方があります。

軍人のバード少佐という人も地球内の空間を示唆し、その入り口が北極にあると言い、トゥーレ結社は、ブラックサンを信じていて、巨大な球体で地球の中心に存在すると言っていたそうです。ブラックサンというのは、地球の中心にある黒い太陽という意味かもしれませんね。

この人たちは、本当に信じてそう言っていたのか、わざと洗脳させるためにデマを言っていたのかわかりませんが、地球の中心の球体ブラックサンを信じる人は球体論者ですねw

これらの話からすると、地球の中心に本当のエネルギーがあり、それが放射線を放っているという説があるということでしょう。そのエネルギーが、いろいろな名前で呼ばれているそうです。

よくあるピラミッドの中に銅線とかパワーストーンが入っているオルゴナイトもその力のことかもしれませんねw


オルゴナイト ピラミッド

 

1933年、このホロコーストのイベントの主要な設計者だとみなされているヘンリックヒムラーは、ウイビルスバーグの城を購入しました。これは古い世界のインフラとテクノロジーの素晴らしい一品です。彼はこの城を改築し、その大理石の床にブラックサンのシンボルを設置しました。これは将軍の間として知られています。

鍵十字の話になってから、いまいち何が言いたいのかよくわかりませんが、ナチョス組織は、地球の中心に空洞や黒い太陽があり、それが放射線を放っていると信じていたんだと思いますw

そのエネルギーを使って自分たちの力を高めるために鍵十字やブラックサンのシンボルを使っていたのか?それともそのエネルギーを隠すためにシンボルを使っていたのか?どちらかだでしょう。

 

ドイツのオカルト秘密結社は、破壊と悪魔化をする目的で操作されている偽情報を公表した

ドイツの秘密結社がナチス政権の前とその間で行ったことを公表されていることは、故意の偽情報で注意深く操作されていて破壊と悪魔化が目的でした。

ドイツの秘密結社は、破壊と悪魔化をする目的のために偽情報を公表したということです。その間に行ったことは、完全に操作されているシナリオだったということになります。当時も、今と変わらないことをやっていたのですw

その秘密結社が「ドイツに存在していたオカルト秘密結社がトゥーレ結社」というやつです。その秘密結社の中か、兄弟的にもう1つブラックサン結社というのがあったということだと思います。ソーメンという大きな組織の中にアレミナティという組織がいるのと同じ感じですw

トイレ結社の中にブラックサンがいるということですw

 

オカルト秘密結社」と言っている時点で怪しさ満載でしたねw

それは、悪魔組織ナチョスのことそのまんまですw

それらの秘密結社が今でも続いているということですw 「秘密」どころか全然バレテルし、オープンにやってるバレバレ結社ですw

悪魔化のために行ったこと、偽情報は、何だったのか?知りたいですねw

 

 

ここからが重要になります!

これを流した方がいいというくらいクルクル詐欺でおなじみのキンキンに冷えてやがるカラーバー放送よりも、見ていただきたい非常に重要なデクラッチョですw

 

秘密結社は、偽情報UFOとエイリアンアジェンダに力を注いでいる

これらの秘密結社の偽情報はさらに別の燃料を投下していてUFOとエイリアンのアジェンダがあります。

トイレ結社、ブラックサン結社は、さらに悪魔化を広げるために、悪魔化作業の火に油を注いで、力を入れているのが「うーほーとエイリアン」についてだったのです

宇宙系終~了~~~~~!

そんなものありませんからー!ざんねーーーーーん!

アジェンダ」というのは、プラン、計画、予定表、議事日程、協議事項と言う意味です。

「UFOエイリアンアジェンダ」というのは、うーほーと宇宙人に関しての協議事項があるということになります。それは、シナリオが存在し、そのシナリオに戻づいて、うーほーや宇宙人とのコンタクトの話が進行されているということです。

ドクチン未接種で、世界の闇、5次元もわかっていて自分は覚醒した、ライトワーカーだと思い込んでいるたくさんの人々がまだまだこのインチキトイレ結社に騙されているというのです

うーほーとエイリアンのアジェンダとは、まさにこれですw

 

UFOエイリアンアジェンダの偽情報は、登場からプロモーションされたウソつきの破壊勢力

これらはたくさんあり、ジョーダンサーファー、デヴィットウィルコック、コーリーグッドらです。彼らは登場からプロモーションされていて、コントロールされた破壊勢力のアジェンダです。彼らは嘘つきです。ドイツの秘密結社のディスクローズをバカバカしいコンセプトと言える優れたエイリアンのアーリア人種の存在が、私たちの世界の北極の核の部分あるいは大きな穴の中にいるのだと言います。

これらはたくさんあり」その通りですw うじゃうじゃいますw 動画に出てきているその名前の3人だけではありませんw うーほー、宇宙人とコンタクト、茶番連合の話をしている人全員がそうなのですw

 

「彼らは登場からプロモーションされていて、コントロールされた破壊勢力のアジェンダです。」それは、芸能界と全く同じ方法で売り出されていますw

茶番連合とコンタクト系は、全員が、エイリアンにさらわれたという過去の経験を持っていますw それは、間違いなくナチョスによるプロモーションですw

特別な人扱いをするのは、芸能界と全く同じです。芸能界では、例えば、誰々が子供の頃から貧乏で母親一人で育てられたから、姉のすすめでジャニーズに応募したら受かってアイドル街道を進むようになったなどの、テキトーなお涙頂戴ストーリーを作ります。実際は、ただ富裕層エリート層支配者の血族だから、始めから有名になるようにプロモーションされていただけなのです。

うーほーエイリアンアジェンダも同じです。学者や博士をやっているソーメンの中にいる人をプロモーションして売り出し、その人だけが茶番連合とコンタクトが取れるとか特別な才能があるように見せかけ、本を書かせて売り出しベストセラーにして偽情報を広めつつ金儲けも同時に行い、本当の真実を隠し、真実からかけ離れるように導く洗脳をしているのです。

フラットアース、南極やオーストラリアの真実にたどり着かないように全然関係ない場所や宇宙の話をして興味を惹き付けさせています。その人たちに宇宙はない、地球は球体ではないとか、フラットアースの話を出すものなら「それはDSのデマ!」という一言で片付けられてしまいますw

ナチョストイレ結社では、完全なシナリオとマニュアルがあります。アンチ対策、サクラコーチャクインによるお互いのかばい合いや救出という炎上プロテクションシステムが完璧に出来上がっていますw それに関わると、ナチョスの団結はすごいので、トカゲのフンであるコーチャクインが次々と召喚され、くだららない論破やマウント取りが永遠に続いてしまいますw

イキリドヤリマニピュレータートカゲの性質上、アンチ(だと言われる正常な人w)が来るほど燃えて、自分が正しい、あなたが間違っているという主張を強化し悪者扱いをしてきて、自分は攻撃を受けている被害者だという悲劇のヒロインモードに入りますw それでまた、お涙頂戴ストーリーに入り、思考停止の人をひっかけて自分にたからせて群れさせるのです。そのような場所は、一番波動が低い場所ですw だからそこに近寄ってはいけないのですw

いずれにしても宇宙や惑星、銀河系、太陽系などがないことなどが完全にバレるのは一般大衆が目を覚ますまでの時間の問題ですw そうなった場合トイレ結社のうーほーエイリアンアジェンダ、スピリチュアルアジェンダは残ることはできなくなりますw コロナ茶番やドクチンと同じで大衆が騙されてきたことに怒り狂って潰されてしまいますw

また、トカゲは共食いをするという特徴がありますw 同じ仲間、同業者を悪者にして戦い合って両方とも消えていきますので放っておきましょう。今ちょうどこれをやっているうーほーエイリアンアジェンダの人がいますのでオオウソに騙されないように気を付けてくださいw 自分は、多目的トイレ結社のうーほーエイリアンアジェンダ、スピアジェンダを信じない、近寄らないというだけでいいのです。

宇宙人に誘拐された人は全員うーほーエイリアンアジェンダですからー!

ざんねーーーーん!

うーほーエイリアンアジェンダの人たちは、ほとんどが学者、博士、研究者ですw 学者、博士、研究者、教授、発明家、錬金術師、医者、慈善事業家などはソーメンが基本ですw

 

世界の闇に気づいている覚醒者のつもりの人々は、「宇宙開示」という言葉に騙されていますw

宇宙がないのにこれから何を開示するのでしょうか?w

ナチョスのうーほーエイリアンアジェンダが、「実は、宇宙はありませんでしたー、ごめんなさーい」と言ってくるわけがないのですw これは、ウソだらけのテレビ、メディア、芸能界と同じくらいの強敵ですw 絶対に本当のことを言うつもりがない永遠に続けるためのアジェンダです。

私は、宇宙や地球外生命体の話は、子供の頃から神秘的で一番夢があって好きでしたが、どうも茶番連合関係の人たちが出している宇宙系の本だけは買う気になりませんでしたw

今思い出すと、潜在意識がトイレ結社のうーほーエイリアンアジェンダだということに感づいていて、私を偽情報に近づかせないように、興味を抱かせなかったということがわかりますw

火星で60年働いてからメドベッドで60年年齢退行をして地球に戻ってきたスタートラベラーだと自分で言っている人の石の本だけは買ってしまいましたが、買って2~3日で見る気がなくなりましたw それも潜在意識がそれ以上踏み込むなと守ってくれていた証拠ですw その人は、あるインタビューで、リアルの地球時間の15分くらいが火星での60年だとか、ちょっと外に出る感覚で惑星に行けると言っていました、宇宙も惑星もないのにそんなわけあるかいなーw

トイレ結社のうーほーエイリアンアジェンダでは、そのように、大ウソなのに詳細の描写までされているからいかにも真実に聞こえるよう内容がシナリオとして始めから作られているのですw

これを知った今、冷静に考えると、よく見かけるクラウドシップや実際に目撃した本物のうーほーは、これからの宇宙開示というシナリオのために、ナチョスのうーほーエイリアンアジェンダがわざと演出で見せているものだというのがわかります。たぶん月のようにX線、プラズマで地球の下にある穴から空に飛行物体に見えるものを映し出しているのでしょうw

特に、最近よくSNSに出ているうーほーの大群は、間違いなくその演出の1つです。あの類は、ただのドローンという可能性もありますw ナチョスは、うーほを見せて宇宙開示や新地球を匂わせて、茶番連合を信じさせて、真実から遠ざける洗脳を強化しているのです。

残念ながら宇宙系は、もう完全にナチョスです。それは隠しきれません

宇宙開示とかディスクローズと言って、出してくるものこそが、また作り話のウソに決まっていますw トイレ結社がナチョス政権の始まる前とその間でやったという、操作された偽情報と同じことをやるだけですw そのようなシナリオが完全な詳細付きで出来上がっているのです。それも真実だと思ってしまうほどの詳細が描かれています。それに引っかかってしまうのですw 

けっこう最近言っていたアヌンナキの悪い方が捕まったとか人間のオリジナルのDNAは良い方のアヌンナキが持っているというのは、デタラメの可能性が大ですw

この動画の43:53あたりから出てきた球体主義のみかん理論、地球の内部に鉄のコアがあるという話で、ありもしない温度まで5000度以上と言ったり、ありもしない鉄の結晶の周りをありもしない液状の鉄が囲っているとか、あれだけの偽科学的根拠の図まで作って言い切っています。それと同じように、トイレ結社のうーほーエイリアンアジェンダは、今後「宇宙開示」というものに関しても偽根拠、偽証明などを出してくるはずですw

それがそろそろ来ると言っていますが、また信じておかしな方向に連れていかれないように気を付けましょうw

もちろん、ルッキンググラスで20年後に茶番連合に加入している、他の惑星に住んでいる人もいるというのもトイレ結社のうーほーエイリアンアジェンダのシナリオですw 地球が茶番連合に加入したら悪魔連合に加入したという意味なのですw 多目的トイレ結社、悪魔組織ナチョスは、結局自分たちが地球と人々を操りたいのです。

これにどれだけのライトワーカーが騙されているかw それは計り知れませんw

これからわかることは、うーほー、エイリアンだけではありませんw 「新地球」「5次元」「アセンション」というのも作り話のアジェンダなのですw うーほーエイリアン、新地球、5次元、アセンションだけではなく、あらゆる精神論、スピリチュアル、占い、預言者、医者、健康系も同じです。ナチョスは本当に至る所にはびこっている多目的トイレ結社なのですw

南極の境界線の向こう側の開示がない限り、新地球も何もかもあり得ません

ナチョスは、いろんなウソのアジェンダで希望を持たせつつ、バレないように裏でせっせと悪魔化作業を進めているだけなのです。

これに気づいたら本当の新地球に向かっていると言えます。

 

ヒトラーの独裁は、秘密結社が後からつけた印象操作だった

マニアックな独裁が大量殺戮という形で終わっていますが、そのような情報は、彼らが狂った存在であるというように後から印象付けを行ったものだと考えられます。

ヒトラーの話は、印象操作だったということですw かわいそうなヒトラーw

悪魔組織ナチョスに利用されただけでしたw

だから悪魔組織ナチョスに関わるとろくなことがないのですw 有名になりたいから、お金が欲しいから、かっこいいからとか、エリートの仲間入りして大衆の前で自分はすごいんだとイキッテドヤッテマウントをとりたいからというトカゲ気質からくる理由でナチョスに入っても、最後は、上位に君臨している悪魔たちに捨て駒、鉄砲玉として利用されて、汚名を付けられて捨てられてしまうのです。良い思いをしようとしてナチョスに入ってもかえって地獄を見るような最悪な状態にされてしまうのです。トカゲ気質で物事を選んで進んでいくとそういう目にあいますw

 

煽動支配者たちは、鍵十字マークを使い、地球の中心の電磁気の物理的な渦に気づかせないようにイメージ操作で断絶しようとした

私たちの世界の煽動支配者たちは、この鍵十字を他の目的で使う必要があったのです。そして、そのシンボリックな地球の中心の電磁気の物理的な渦とのつながりをイメージ操作で断絶しようとしました。私がブラックサンが私たちの足元に存在しているという事を考えていなかった頃、この気づきはバカげたものだと思っていました。世界人口の殆どが暗い球体の層の様なものがあるということを受け入れているという事に私はなぜか気づいていませんでした。これは、私たちの電磁気エネルギーの源となっています。

煽動支配者たちは、鍵十字を、地球の中心の電磁気の物理的な渦とのつながりを断絶するためのイメージ操作に使っていたということでしょう。

ブラックサンという電磁気エネルギーは、本当はフラットアースの足元にあるということです。

それがこの動画で開設されている地面の下にある電磁気コイルのことだと思います。

 

球体主義のブラックサンは、地球の中心だと言い切るが、絶対に黒、濃いグレーの色を使ったイラストを使わないというこだわりがある

球体主義の考え方は、この小さな青い球体の詐欺理論においてその内部に球状の鉄のコアがあると言い切っています。その温度は5000度以上と言います。彼らにとっての事実上のブラックサンです。興味深いことに彼らはこの鉄のコアを通常の黒か濃いグレーの色でそのイラストの中で紹介するということはありません。その代わり鉄の個体の結晶の球だとしています。この鉄のコアの周りを液状の鉄のレイヤーが囲っているのです。それはこの熱い液体の鉄が地球には磁力があるトーラスフィールドがあり、無数の人間がこのことを事実だと考えていて、そしてこのようなバカげたみかんに似た図を信じているのです。

黒か濃いグレーで紹介しないということは、同じ色にしたらバレてしまうからでしょうw いつもの通り、ナチョスがやることは、わかりやすいですねーw

ナチョスがかたくなにこだわる時は何かを隠しています

トーラスフィールドもウソの球体詐欺理論からきているのかもしれませんw

熱い液体の鉄なんかありませんからー!ざんねーーーん!

 

無数の人間がナチョス理論を信じるのは、学者、研究者、教授、博士などの肩書や権威のある人が、ウソに見せないような自信たっぷりの言い切り、イキリドヤリマウントで、やたらとエビデンスぽい細かい解説や図、証明がされているからですw

コロナ茶番を見ていたらわかりますw 人口の半分以上、90%以上と言ってもいいほどの人がひっかかりましたw さらに、それらの人たちは、いまだに至る所洗脳漬けにされていることすら気づいていません。

ナチョスのウソには、嘘を真実に見せかけるオカルトストーリーと偽科学的証明、偽エビデンスアジェンダがあるのですw

そこが普通のウソつきとの大きな違いですw 普通のウソつきは1つウソをついて終わりますw 次にバレたらさらにウソをついていきます。一般的な嘘つきはただそれを繰り返します。

しかし、ナチョスのウソは、アジェンダなので、始めから先の先の先の先、たぶん200年くらい先までのウソストーリーが、一番始めにつくウソから続くように全部用意されているのですw さすが詐欺スタジオハリウッドを持っているだけあって、初めに1つウソをつく前から200年先のウソまでのシナリオ台本が完璧に出来上がっているのですw

それが私たちを支配しているウソのプロ、人を騙すプロが悪魔組織ナチョスなのですw このくだらない伝統が地球上でずっと受け継がれてきたということですw

 

人類が最大限地面を深く掘ったのはたったの13キロメートルなのに、地球の中心のコアを言い切る球体主義者は、コアがどうしてわかるのか

人類が最大限地面を深く掘ったのは、なんとたった13キロメートル以下です。球体主義は、内部のコアがエネルギーの源であるということを認めざるを得ません。なぜならこれは事実だからです。そしてこの世界はそのコアなくしては存在できないのです。これはあたかも私たちの足の下にある黒い太陽の概念そのもののようです。またこのような概念は球体のオレンジ概念よりもよほどまともです。この件についてはまた後程戻ります。

地面を最大限13キロメートルまでしか掘れていない人間が、球体地球のコアにたどり着くわけがありませんねw 妄想のデタラメ机上論だから頭の中で到達できたのですw ナチョスは呆れるほど本当に机上論の口先だけですw

球体主義は、内部の鉄のコアがなかったら、熱い液体の鉄から出る磁力があるトーラスフィールドの重力がないから地球から宇宙に落ちて生きていけないということでしょうかw そうだとしたら無理矢理にでも球体詐欺のコアの説を信じるしかないですねw

黒い太陽って、目にしか見えませんねーw

これは、足元に目があって、見張られているという意味もあるかもしれませんw

 

●世界の中心、足元にある渦、黒いコアには穴が開いていてエネルギーが放たれている。これから太陽と月の組成がわかる

現時点で最も重要なのは、黒いコアが私たちの世界の中心にあるというコンセプトの別の例があるということだけではなく、中心の渦が開いているということの別の示唆があるということです。私たちはまたエネルギー、あるいはトゥーレ結社が言うところのグリルがこの穴から放たれているという証言を持っています。そしてそうだとすると、これは大変重要です。私たちは太陽と月の組成の十分に意味をなす論理的モデルを持っているということになります。今から私が伝えようとしているのは、組み合わせです。そして私は自分のベストを尽くします。しかし、皆さんにしていただきたいのは、すべての地球に関するモデルを忘れてもらうという事です。これから皆さんが耳にすることは、始め意味をなさないように聞こえるはずです。しかし、最終的には意味が通るようになります。

なるほど、この動画の鍵十字からの話は、実は、足元に空洞があって、そこから太陽と月に使っているX線の光が出ているということが言いたいのかもしれませんw 今までの話は全部太陽と月につながっていたようですw

トイレ結社のうーほーエイリアンアジェンダがオッタマゲーションで、この動画は太陽と月の話をしていたことをすっかり忘れていましたw

太陽と月の組成を隠すためにナチョス球体主義は、中心の渦をかくしてウソを言っていたということですねw

というか、シンボル自体が渦っぽいし、そんなの使ったら逆にはじめからバレてませんか?という感じがしますねw

ナチョスは自分でばらしてしまうし、わけわからないですねw

 

この続きは次の記事になります。

地球茶番 月と太陽はドームの中にある放射線で出来ていた 目に見えるところで物事を隠したがるサイコパスナチョス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。