地球茶番 唯一の本物の地図があった驚きの場所 月に基地がある説はナチョス

カラーバーを越えるデクラッチョシリーズ、地図、月のウソについての話2回目です。今回は、地図をはじめ、私たちはいかなる信頼できるものを持っていない、歴史的な道しるべは煽動支配者たちによって改ざんされて真実が消されている、唯一の本物の地図があった驚きの場所、月に基地がある説は知り合いAなどです。

 

こちらの動画を参考にして書いています。

前回の、始めからの記事はこちらです。

地球茶番 本当の星は水の中、ナチョス産占星術との大きな違い、地図からウソをつかれて隠蔽されている

動画のまとめ、要点、考察の続き2

地図をはじめ、私たちはいかなる信頼できるものを持っていない

私たちはまたこれらの古地図のいくつかで記されている完全に消えた土地を目にします。そして私に夜明けが来ます。このフラットな事実からのメッセージです。私たちはいかなる信頼地図も持っていない。たったの1つもない。私たちには、本当の私たちの世界をあらわす大きな図面についていかなる信頼できる資料も持ち合わせていない。

私たちがいかなる信頼できるものを持っていないというのは、地図だけではありませんw 地図は氷山の一角ですw

この世の中、地球上にあるものが全部ウソというオッタマゲーションw

それは、地図だけではなく、今まで教えられてきた、地球は球体、宇宙と惑星があるから始まって、学校で学んだ全ての学問、

大人になってから本を読んだり、ネットで検索したこと、精神論者や有名な偉そうな人が言っていることから学んだ精神的な教えまですべてが洗脳用のウソなのです。

出回る情報の中には、時には、真実もありますが、それは「間違っている」「デマ」だとレッテルを貼られていて、社会の反逆者、悪者、病気、アタオカ扱いされています。それらは、世間の大衆からは、反対されている意見です。大衆からは、受け入れてもらえず、ひっそりと端に追いやられているために、ほとんどが気づかれていませんw 潜在意識の直感を使ってのみたどり着くことができます。

 

私は旅を続けます。そしてこの森の奥深くに行くにつれて、その中心に至るための道程が消えていきました。そして、私は後ろを振り返ることもできず私の前に道はなくなってしまいました。私は本当に迷子になりました。もしあなたが今いる場所さえどこなのかわからないとしたら一体どのように次に行く場所への道がわかるというのでしょうか?

まず、今ある地図からして嘘だから、世間で言われているパワースポットは嘘である可能性が高いのですw 歴史的な名所もそうでしょうw 南極オーストラリアのように、真実は隠蔽されているはずです。

神社やパワースポットは実は反対の意味かもしれないので注意

歴史的な道しるべは煽動支配者たちによって改ざんされて真実が消されている

もし地図がないとしたら、私がこれまでに調査してきた以前信頼してきたいくつかの歴史的な道しるべの全ては、今まさに完全に信頼できなく、そして疑問がある状態になったと言えます。一体どれほど煽動支配者たちによって改ざんされてきたのでしょうか?どれほどの真実が消えていったのか?もしすべての地図がフェイクだとしたら、なぜ彼らはここ2000年の全ての地図を隠してしまったのでしょうか?私たちはたった一つの正確で信頼できる世界地図も持っていないのです。

ナチョスは、いつもわかりやすいことをしますw こんなことをする理由は、間違いなく、南極の向こう側の世界を隠すためでしょうw

ナチョスは、歴史も捏造し、タイムラインまで変えてしまっていますw

 

全ての道を失った人たちと同様に絶望が訪れるまさにその直前にある予測できない状況が現れ、私は道に引き戻されました。私は分厚い藪の中にいました。そして小さな湖が月明かりに輝いていました。ここで私は、スタージオスと呼ばれる謎めいた人物と会いました。私は彼に道を見失ったことを告げ、彼はついてくるように言いました。そして湖を見るように言われました。水を見るように言われました。彼は何を見たか聞いてきました。私は自分自身だと答えました。私の反射は波紋を帯びて月明かりに輝いていました。鏡、鏡、彼は私に自分自身の外側を見るんだと言いました。何をあなたは見ているのか?そこにそれはありました。それはいつもそうだったようにそこにあったのです。鏡、鏡、ずっと高い所、鏡、鏡、空の中に、鏡、鏡、いかにしてそれはそこに。鏡を考えろ。

これは本当の話なのか、直感が教えてきたのか何だかよくわかりませんが、この隠蔽を発見した人は素晴らしい!というのだけは言えますw

 

私たちすべての生命に対して彼らは私たちを騙してきた。なぜ?彼らは何を恐れているのか?地球、私たちの世界が鏡の中に、しかし何が地球の上に。これは、これはあるべきものではない。地図、見える場所に隠されている。このすべての間、プロットされた地図。距離とフライト、そしてタイムゾーンも。

南極の境界線の向こう側にある世界を知られることを恐れているのでしょうw

バレたら自分たちが消されてしまうほどの、恐ろしい支配者が向こう側の世界にいるのかもしれませんw

しかし、悪魔たちが恐れていることなので、向こう側の世界にいるのは、善良な神的存在がいる可能性がありますw

闇の者たちは、神の力を恐れているということになります。しかし、神は実際にどこにもいませんw 唯一、神の力と言える時は、私たちが自分自神に気づき、不可能がない潜在意識の無限の力を善良な方向に向けて使った時のみになります。闇の者たちは、それを一番恐れているのです。

南極の境界線の向こう側には、その力を使っている善良な人たちがいる可能性があります。

 

唯一の本物の地図は、月の模様として隠されていた

これこそが唯一の私たちが持っている地図。

ありえないこと、このすべての期間、目に見える場所に隠されていました。

歪んで信頼できない、でも不動の反射。その写真的なイメージは私たちの知っている世界とこの、一体これは何なのでしょうか?これは知られていない世界です。この画像加工をしてくれたスタジオに感謝を述べます。

本当の地図が月の模様だったとは、なんとロマンチックな展開なのでしょうw というか、リアルでナチョスふざけすぎw 映画の演出のようなことをしていますw リアルの世界でオカルトごっこして遊ぶのも度を越していますw 私たちはこのように狂った支配者に支配されながら生きているということですw

ウサギが餅をついている姿が本物の地図だったのですw

 

本当にこれに気づいた人すごいですね!世界のウソ、隠蔽の謎を真剣に追い求め続けたので、潜在意識が回答をしてくれたのでしょうw

潜在意識は私たちの味方です。このように、本気で追い求め続ければ、必ず何でも見せてくれますw この際、地球の真実を全部見せてもらいましょうw 南極の境界線の向こう側の詳細もそのうち出てくるような気がしてなりませんw

 

スタジオはそれぞれの大陸を国や町に至るまでマッピングしていきました。この仕事は細心の注意が要求されるものでした。そして、タイムゾーン、季節、飛行経路、距離もマッピングしていきました。これは、初めての本当のフラットアースの地図です。そしてこれは極めて重要で、特にこの未知の土地についてです。このスタジオはそれをテラビスタと名付けました。これはアバノモンティの地図に同様の名前の大陸があったためです。なぜ私たちはこの土地について以前聞いたことがなかったのでしょうか?このエリアは私たちが知っている世界です。世界全体は完全に巨大です。

このフラットアースの地図を作成したスタジオが、ドーム地球の外にある世界をテラビスタと名付けたそうです。

 

しかしちょっと待ってください。このスタジオが編集した私たちの世界の地図には、5つの円が描かれています。1つ目は北極、そして2つの回帰線、赤道、そして南極の円です。そしてスタジオは、太陽の移動も描きました。季節とタイムゾーンを加えてです。それらはほぼ正確なものとなっています。何がここで起きているのでしょうか?太陽と月はここに記されている土地全体を移動することは出来ていません。それは、あまりにも遠いからです。これらの土地はそこに独自の太陽があるのでしょうか?それか月がそもそも地図ではないのでしょうか?しかし、それほど結論を急がないでください。

私たちが見ている太陽と月は、私たちがいるドーム地球しか届かないということです。しかし、南極の記事で取り上げた他の動画では、境界線の向こう側の世界には、3つの太陽と4つの月があると言っていますw

この外側の大海には、27の巨大な大陸が存在しています。そこには3つの太陽と4つの月が周回しています。夜はありません。永遠の昼があるだけです。素晴らしい町々で、幸せな人たちが生活しています。貧困、病気、戦争、そして、死すらもそこには存在しません。そして私たちの世界で一般的な様々な不幸もありません。

その動画はこちらの記事をご覧ください。

http://5kts.com/nankyoku-uso/

あれだけ広ければ、3つの太陽、4つの月があっても不思議ではありませんね。27もの巨大な大陸があるならもっとあってもいいくらいですw

 

 

私たちはここで、スタジオが見つけた発見を詳細まで検証する必要があります。月の表面のイメージがどのようなものでどのように形が作られ、それはいつのことだったのでしょうか?そしてなぜ、そしてこれらの質問のどれに対しても答えられる人はいません。より高い場所にいる捏造者たちから離れていては誰も知りえないのです。

答えられる人がいない時点で、全部ウソだから答えられないということがバレていますw

 

しかし、目に見える場所にそれは多くのことが隠されています。それらでこれらの奇妙な現象に対するよりよい理解に近づくたくさんの鍵があります。第一にそれはこのイメージの根本です。これは、複合的な合成されたイメージです。皆さんが月の表面を見ると、一度に複数の画像を目にしています。そしてこれらのイメージはレントゲン写真と同様のタイプの画像です。またここには多くのゆがみやレンズによる幻もあります。そして誰もこの複合的イメージがどのように作られたかという事を説明することは出来ません。

出回っている月の画像は、完全なフェイク、CGですw CGだから月の表面に地図の形を表現できるのですw 実際にはウサギが餅をついているようにしか見えないでしょうw

しかも、一番地球から距離的に近いとされる月なのに、現代でも毎回ピンボケで画像が粗い写真ですw それも真実がバレないようにぼかしているのですw

地球から遠い火星の方がキレイな画像って、ありえませんねw

 

ナチョスは、サクラコーチャクインのオルタナティブ研究家まで用意している

また月が実際になんなのか?という問いに十分に説得力のある回答をできた人間も存在しません。実際にもしもそのような説明があったとしたら、私たちがこのような混乱に悩まされることもありませんでした。オルタナティブな世界からの月の本質に関する説も多くの詐欺師たちによって捏造された根本的ではない説を根拠としていたりします。

納得いく説明があったら、誰も真実を探そうとしないのですw

探されている時点で、信用されていないし疑われて怪しまれているということですw

オルタナティブ研究家にもナチョス産のサクラのコーチャクインがいるということになりますw ナチョスは、ウソの科学的証明から、それに対するサクラオルタナティブ研究家などすべてを用意していますねw 自作自演マッチポンプを至る所でやっているということです。そのマッチポンプに純粋な大衆巻き込んで、議論させたり戦わせて混乱させるのが手口なのです。

公式な学者が発表したことに、サクラコーチャクインのオルタナティブ研究家が突っ込んで、公式学者と戦っている演技を見せて、オルタナティブ研究家が「本当はこうなのではないかー!」とまた別のウソを言って、公式な学者を論破して閉めるという形ですw しかし、双方は、仲間なのですw 大衆の前で、そのくだらない演出の戦いを見せ終わった後には、仲良く一緒に酒盛りでもしているでしょうw

ナチョスは仲間に悪役になってもらって、わざとその仲間を叩いて炎上させて集客をして金儲けをするという特徴があります。

これは、月だけの話ではありません。至る所で目にする光景ですw

 

月に基地があるというおとぎ話もナチョス産

あるいは永遠に大人になれない少年のような人間で、エイリアンが月を作り、そこには地中の基地があるという説を好んでいたりします。

月は人工物で月の中に工場があって、今メドベッドを大量生産しているとかいう系の話ですねw

それも完全なナチョス、知り合いAのスピ集団の洗脳活動ですw

「知り合いA」については、こちらの曲を聴いてみてくださいw

月は物質ではないので、基地もメドベッド工場も無理ですからー!

ざんねーーーん!

 

アール・フォスターは、公共の電波で、月はプラズマで出来ているから着陸不可能だと言った

しかし、一人の人間が存在していて、彼は60年代の宇宙開発競争時にある発言をしました。1965年アール・フォスター教授で、彼は汚染された科学の世界にチャレンジしました。彼は月への着陸は不可能であるとしたのです。フォスターによれば月への着陸は不可能で、それは月がプラズマだからだと言います。個体ではないのです。ここから彼の実際のインタビューの発言です。

インタビュアー「あなたの説とはなんでしょうか?」

フォスター「これはその説というよりも大きなものです。10年、11年前に私は様々な科学者たちに向けて発言し、それは月が石の塊ではなくそれはプラズマだという事です。宇宙プラズマの現象で、この事実は実際に認められるでしょう。私はある予測をし、それは1958年にすでに確認され現時点では状況はもうすぐ完全に認められるという状況になりそうです。科学のルールは世界中に発信され、月の存在というものは、それまで考えられていた資質とは非常に異なったものです。

インタビュアー「アメリカとロシアでは月に人を着陸させようとしています」

フォスター「これは不可能です。月には不可能です。火星や金星など、他の惑星は可能です。しかし、月は完全に不可能です。私が言った通り、プラズマだからです

火星や金星、他の惑星は可能と言うのもウソですねw それ全く言う必要ないからー!w

なんでナチョスはこんなに惑星、宇宙があることにしたがるのでしょうかw 今は月の話だけをしているんだから、他の惑星のウソはいらないのですw このオッサンは、言う必要がないのにいちいちウソをつきましたw

イキリドヤリマニピュレータートカゲはこれと全く同じことをよくやりますw 何かバレて本当のことを言わざるを得なくなって、すぐそこでまた別のウソを言うのですw その腐った根性、不思議で仕方がありませんw すごいプライドですねw イキリドヤリマニピュレータートカゲは、嘘をつきたくて騙したくて仕方がないのですw

悪魔は欺く」というのは、まさにその通りです。悪魔は、欺くことが仕事であり、息を吸うのと同じように当たり前のことなのですw フォスターは悪魔でしたw

フォスターだけではありませんが、インタビュー中に体をゆさゆささせて落ち着きがなく早くその場を立ち去りたいのが見え見えのキョドッテいる様子が嘘つきに共通しています。ファイザーの社長や、嘘つき医者、製薬会社、政治家などは、みんな同じですw

 

多くの告発者と同様に、フォスターもかなりの高い確率でコントロールされていました。気が付いたでしょうか?彼は他の惑星には着陸できると言っています。しかし、月には不可能だと言うのです。これはおそらく、彼の課題で、半分の真実を伝えるという事です。

悪魔組織ナチョスに魂を売った者の課題ですねw 本当は、悪魔組織ナチョスとして嘘を100%つきたいんだけど、シナリオ的に半分真実を伝えないといけなくなったので仕方なく言ったのでしょうw しかし、真実を伝えたけど悪魔としてのプライドがあるので、半分はウソをつき続けたということになりますw

ナチョスに魂を売っていて、完全にナチョスの鉄砲玉、捨て駒なので言わされていますねw 有名人、芸能人、医者、学者とかこういう人多すぎますw

 

月がプラズマの現象だという事で彼の主張は公開され、それが間違いであるという事が数年後に暴かれるというわけです。それは、月への着陸によってです。しかし、フォスターの主張は私たちの近年のテクノロジーを使用することによって、この月についてより詳細に調べる事ができるようになりました。

その先にあったのは、なんと、フォスターがウソをついたとか間違っていたということにされるシナリオでしたw フォスターは、ナチョスの罠にはめられてしまいましたw だからソーメン、ナチョスに近づいてはいけないのですw 教授というくらいなので、ソーメンだったはずですw ちょっと肩書があるような学者、教授、医者、研究家、発明家、冒険家、事業家、富裕層、上流階級はソーメンです。

ソーメンに入ることがエリートのステータスだと思い込んでいる人がたくさんいますが、始めは、おいしそうなことを言ってきても、最後は、悪魔組織ナチョスに悪者扱いをされて利用されるだけなのですw

アポロが月に着陸したとウソをついたので、アポロが真実だと信じられて、フォスターの主張が間違っていたことになってしまったのでしょうw

ナチョスは、こうやって2言論で戦わせますw NASA派と月はプラズマ派で分断して戦わせる作戦だったということですw こうやって真実が何だかわからなく迷宮入りさせるのです。それもイキリドヤリマニピュレータートカゲと全く同じです。イキリドヤリマニピュレータートカゲは、相手を迷宮入りさせて精神を崩壊させるのが大好きなのです。

 

ここでまた何度も何度も見ていきます。月に関する事実は様々あり、これが石でできた球体であるという事は否定されます。自分たちの目でこの半透明の月の向こう側の星が見えるという事を確認してください。これは、夜の間でも日中でも起きています。月の向こう側の空が見えています。時には直接的に星々が月の向こうに見えます。

月が物体だったら、月の向こうが見えるわけがありませんw

映写だから透けているのですw

 

また多くの人たちが月光は陰よりも温度が低いという事を訴えています。ですから月の光というのは、日光を反射させているということはありえず、それは光に熱はないからです。また私たちは球体の物質は光を反射させないということを知っています。反射の法則に従って光はハイライトポイントに集中します。そして、平らな状態で反射することはあり得ません。

そしてこのような三日月もあります。これは月と太陽が非常に近い場所にある時の様子で、これは地球が太陽からの光の陰になって月を覆うというような状態があり得ないという事を示しています。

「月は太陽の光を反射している」というナチョス説がありますが、それはあり得ないということですw 本当に呆れるほどナチョスのコーチャクインによるテキトーな説ばかりが出回っていますねw

月光は陰よりも温度が低いというのは初耳でした。

月が物質ではない、ただのレントゲンのようなX線のプラズマであることから、月に関するおまじないや、月の光でヒーリング、パワーストーンを月の光で浄化、ボイド、満ち欠けで願望成就やダイエットなどというのもナチョスのデタラメだったということがわかりますw

パワーストーンをレントゲンで浄化しているのと同じだというくらいバカらしいことですw

私は石を太陽の光で浄化はしたことありますが、月の光は胡散臭いという感じがして一度もやったことがありませんでしたw 今になってみると、それも潜在意識が月はウソだということを見破っていて私に興味を抱かせなかったからだというのがわかりますw

人間は騙されやすいので、誰かが何かを言うと暗示にかかってそうなった気になるのですw それは、月が何かをしたのではなく、自分で思い込むことによって、自分の潜在意識に暗示をかけて物事を引き起こしているのですw

 

この続きは次の記事になります。

地球茶番 地上の放射線が出る穴を隠すナチョス 秘密結社は偽情報UFOとエイリアンアジェンダに力を注いでいる

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。