教えを一切疑いもせず言われるままそっくりのまま文字通り額縁通りに受け取って信じてしまう思考停止の人々

カラーバーを越えるデクラッチョシリーズ「騙されてきた人類」の動画です。今回は、地球上では人生が真実探しゲーム、誰かの主観的な想定や仮説が正しい教えだと勝手に思い込まれて広められている、疑いもせず信じる人々、悟りを開き特別な人間になることが目的、奴隷教育の場宗&教の代表者たちは、この世界の本当の仕組みを理解していない、オカルトは自己陶酔、全ての世界観に潜り込んで洗脳活動をするナチョス、幻想の認識に陶酔して幻想の世界で生きるようになるなどです。

こちらの動画を参考にして書いています。

動画を見る前の注意点

この動画では「惑星」と言う言葉がよく出てくるので、取り扱うかどうか迷いましたが、良いことも言っているので取り上げましたw

実際には、宇宙も惑星もありませんのでご注意ください。この動画は「惑星」というその言葉以外は、全国民必見というくらい素晴らしい内容ですw なぜこの動画で解説をしているアナトリーパラマさんは、ここまで「意識」に関して素晴らしいことがわかっているのに、地球の球体を信じていて地球は惑星だと思い込んでいるのか不思議ですw 普通、ここまで気づけるようであれば、本当の地球の形に気づくはずですw

基本的に「惑星」という言葉が出てくる場合や、宇宙があるものとして語られているものは、ナチョスのコーチャクインか、まだ、地球が平らであるということや宇宙はないという真実に気づいていないナチョスの洗脳者です。

もしかするとこの動画もナチョスの洗脳かもしれませんので、すぐに何でもそっくりのまま文字通り額縁通りに受け取って信じず、直感で確かめてみてくださいw

ナチョスは、仲間を叩いて炎上させる手口を使って金儲けをします。そのような動画もたくさん出回っています。もしも、ナチョスの真実から遠ざけるための目くらましスピンや炎上を利用した金儲けだったとしても大丈夫なように、疑問を持つ点、納得がいかない点、怪しい点がある場合は、無視していた方が良いでしょうw

ナチョスは、90%良い話や真実を入れてきて信用を勝ち取ろうとしますw もしも、ナチョス情報だったとしても、10%のウソさえ見破れていれば大丈夫ですw

もしも、この動画がナチョスだったら・・・

この音楽をかけて下さいw

動画のまとめ、要点、考察

この狂気の中でどうやって生き残るのか?
回答を与えるのは誰か?
科学は回答を探すが、回答はありません
人類は滅亡寸前
権力は法を強化する
生きる、生き残る?

この惑星での理性的な生命は、その居住者が自分たちの存在の意味を理解したときに、初めて成熟します。こんにちは、私はアナトリーパラマです。この動画では一人一人の生活の水準を上げる情報が提供されます。この情報の大枠は今日皆さんが知ることになります。

騙されてきた人々 第一章

私たちの質問の全てに回答を与えてくれる賢者の石を探す旅は永遠のように過ぎてきました。そうでなければ永遠の命を授けてくれる聖杯を探す旅です。リーンカーネーションとは何でしょう?そして、死後の世界は存在しているのでしょうか?私たちはチベットの伝説のシャンバラを探していて、多くの人たちがそこを訪れることを希望しています。

地球上では、人生が真実探しゲーム、ウソを見破って生き残ることが目的になってしまっていることがおかしい

古代のテンプル騎士団の秘密、土に埋まった町々の真実を知ることなどです。永遠に生きることの意味を探しています。なぜ私はこの世界にいて、人間の存在の意味とは何なのか?これらの問題やそれ以外のたくさんの問題に対する回答は、存在しています。しかし、この世界に生きている人間たちは、決して真実と思える回答にたどり着くことはできません。

人生が真実探しゲームになっているのがおかしいですねーw

NPC、BOT、ヒツジちゃんと言われる、ただ毎日起きて仕事して帰ってきてテレビを見たり携帯をいじって寝るだけというような、決まりきったことだけをして生きている人たちは、気づかない領域ですが、世界の理不尽さ、おかしい点に気づき始めると、真実探しゲームのようになってきます。

そうすると、ウソで作られた世界の中で真実を探しながら、生き残るというおかしな人生になってきますw 人生はウソを見破って生き残るゲームだったというのが地球上で起きている現実です。しかし、私たちがどんなに真実を探し求めて、見つけたとしても、完全に公でそれが発表されたり人類に認められることはありませんw

地球は、本当に不思議なところなのですw

 

誰かの主観的な想定、仮説が正しい教えだと勝手に思い込まれて広められている。それによって悟りを開くことが目的になってしまっている

そして主観的な想定は、時間とともに様々な仮説となり、そこからさまざまな教えが発展していきます。

まさにこの通りです。だれかの個人的な体験から来た成功談や主観的な想定が勝手に人生の法則のようにされたり、アレンジされて人に伝わっているだけなのです。

 

精神世界の中でも上に上り詰めて特別な人間になり、イキッテドヤッテマウントをとることが目的になっている

その仮説の上に本が書かれ、映画が撮影され、そして人々はこれらの教えをコーチで知ることを通じて自分たちが悟りを開くことを信じたり、選ばれた人間「民」になったり、光り輝く未来が訪れるのだと信じるようになります。

人が言う想定や仮説を信じ込んで、悟りを開くこと、選ばれた民になることが目的になってしまっていますw

選ばれた民になることを目標としていたら、トップダウン型のナチョス三角形の社会システムと何も変わりありませんw ナチョスに完全に洗脳された人々は、精神世界においてまで、イキッテドヤッテマウントをとりたいということです。そんなことをやっていても悟りを開けるわけがありませんw

悟りを開いて特別な人間になったら、その先には光り輝く未来、大成功が訪れると信じているというのも非常にバカバカしい話ですw 特別な人間にならなければ幸せになれないと言っているようなものです。その考え自体が、トカゲ気質三次元思考三角形ピラミッド奴隷階級制度なのです。

こうやって冷静に考えると、このような行為は不自然で本当にやばいということがわかりますw

 

しかし、多くの人間が信じているこれらの仮説が、本当のことなのでしょうか?この動画を最後まで見終わったところで皆さんはこの質問に対する回答を見つけることになるでしょう。

私も精神世界の話について「それらは本当のことなのか?」という同じ疑問を持っていましたw

勉強や歴史の学問は、完全にウソだということがわかりましたw 精神論に関しては、たくさんの教えがあり、本当かどうかわからない論まで存在していて、怪しくなってきたので、もう一度見直さなければならない思っているものありますw しかし、もう疑問を持っている時点でそれが答えだと思います。見直さなければならないようなもの、直感で疑問を感じるものは、勉強、学問と同じように誰かが勝手に作った想定、仮説、ウソでしょうw

 

「教え」で怪しいと思った内容について書いた記事はこちらです。

トカゲの洗脳ミスリードが入っている精神系のテクニックに注意 

イキリドヤリマニピュレータートカゲにラポールは無効、無条件の愛の勘違い 

怪しい教えは、これだけではありませんw 輪廻転生、因果応報などもそうだと思いますw

 

最近は、潜在意識により、ナチョスの中に、オカルト秘密結社多目的トイレ結社というものがあり、それがうーほーエイリアンアジェンダという、宇宙の話を広める活動に力を注いでいることがわかりました。その中には、間違いなくスピリチュアル、精神論も含まれているはずです。

さらに、うーほーエイリアンアジェンダが、人々の関心を宇宙やスピリチュアルなどの別の方向にそらし、地球で一番重要な、南極の向こう側の世界という最大の秘密を隠していることもわかりましたw

どんなに有名な人、多数の人がそれが真実だと言っていたとしても「何かおかしいな」と思った時は、自分の中にある真実の光が偽りを見破っているから疑問を持っている証拠なのです。

そのような小さな感じを逃してはいけません。その「小さな感じ」をリスペクトすることで、潜在意識が真実に連れて行ってくれるからです。

 

 

皆さんの多くは、この人生で真実を探しこの世界の秩序を求め、さらに人間の人生の意味に関する永遠の問いへの回答を探す人々です。存在の意味とは何でしょうか?現代の科学はこの質問に回答できる状態ではありません。ただこの科学に関する考察は、次の動画でお話します。この動画では、宗教やその他のスピリチュアルな教えが一体何を教えようとしているのか?ということをお伝えします。

 

宗&教は、ただの奴隷教育の場

宗教

あるものの味方に関するシステム

超現実的な信仰によって限定され、そこに自身のモラル規定、行動タイプ、儀式、崇拝の行動、組織による人々の集合を内包したもの。

教会は、この問題に対してこのように回答しています。

神に対する奉仕、悔い改めの祈り、聖書の教えの伝導というものがこれらの質問に対する回答である、と。そして多くの人たちがその脱出口として見るのは、悔い改めをすることによって神に近づくことができ、その宗教を信じているというものです。

もう開幕からおかしいですw

神は、奉仕をするものではありませんw また、そんな義務もありませんw なぜ神が上の立場なのでしょうか?

悔い改めってなんでしょう?w なぜ悔い改めないといけないのでしょうかw これは完全な支配制度ですw 宗&教は、ナチョスの奴隷教育の場ということです。

さらに、

神はいませんからーーーーー! ざんねーーーーん!

 

神という存在は、いません。そんなものは、どこにもいません。あるとすれば、しかし、これは人格化、擬人化された存在ではありません。ただのエネルギーの状態です。普遍的な一つのエネルギー無限の力を善良な方向に向けたときに、神な力になるというだけです。

神という名前で人格化、擬人化されていたり、そのものに権力、地位、立場があったらおかしいのです。ただのエネルギーに権力も何もありません。

エネルギーは、電気、ガスと同じです。見えないけど存在している得体の知れないエネルギーです。それを善良な方向に向けたときに神と言ってもいいような素晴らしい効果が出るというだけです。何かがそこにいるのではありません。電気を善良な方向に向けて使うと、明るくなったり温めることができたりするのと同じで、ポジティブな結果が出ただけのことなのです。

もしも、神という存在に、権力、地位、立場があるなら、それは悪魔です。神が命令をしていたらそれは悪魔です。神のいうことに従わないと罰するなら悪魔です。

もしも、神に権力があったら・・・

こちらの音楽をかけて下さいw

見えないエネルギーである電気やガスも使い方によっては、危険なものになります。悪魔とは、普遍的な無限のエネルギーを誤った方向に使った結果なのです。

宗&教だけに限ったことではありませんが、何事にも、上下関係があってはいけないのです。あったらおかしいのですw 上下関係こそが、ナチョスのピラミッド三角形階級システムです。お偉いさんが上にいて、下がいて、下の人は上の言うことをただ聞くだけ、聞かないなら罰されるという典型的な奴隷システムです。

上に行くほど権力、支配力があり、下に行くほど服従しないといけないナチョスの三角形システム

 

思い込みの自己暗示で治癒などの効果が出ているだけ

ある種の人たちにとっては、これが人生の意味になってしまっていて、それというのも大衆向けの宗教と言うのは、その行動の例としてイコンを作り出すことや人々を治癒するなどして人々を信じ込ませていきます。しかしこのような現象が起こる理由というのは、決して神の起こす奇跡などではなく、たくさんの人間が所属する集団の意識によって信じる心が現実化されていき、治癒といったものを現実化しているだけです。

宗&教のおかげ、神のおかげで治癒したのではなく、信じ込むことによる自己暗示で、自分で潜在意識を動かしたから効果が出ただけなのですw

例えば、駐車場で拾った石ころをシャーマンがくれた何でも願いが叶うパワーが入っているシャーマンの石だと言って、それを完全に信じる人がいた場合、その人は何でも願いを叶えることができますw ウソでも効果が出てしまうのですw それが潜在意識の働きですw

 

このような意識による贈り物の依頼は、地球のグループソウルというものを作りだしていますが、この集合意識によるグループソウルは、一切神の存在と関係していません。しかし、このことについては、少し後にお話します。

グループソウルというのは、潜在意識の中にある集団的無意識、大衆の心のようなものだと思います。しかし、この言い方だと、集合意識とグループソウルは違うような感じがしますねw 「地球のグループソウル」という言葉がちょっと、スピってますw 

ナチョスは横文字で流行語を作って、それが当たり前になるようにわざと流行らせると言う特徴があります。特に「ブースター」「ブレイクスルー」「ステイホーム」「GO TO トラベル」「ライトワーカー」「スターシード」「タイムライン」「パラレルワールド」などのように横文字が好きですw この動画の「グループソウル」という言葉もそれに似ている感じがしてひっかかりますw 

しかし、それ以外の内容は、今のところ、けっこういいことを言っていますw

 

宗教の代表者たちは、この世界の本当の仕組みを理解していないのにただ信じ込んでる教えを広めているだけ

地球上に存在する多くの宗教の代表者たちは、この世界の本当の仕組みを理解していません。盲目的な信仰が表れてきた結果、私たちは何百万にも及ぶ狂信者たちの人間の群れを持つようになりました。彼らは容易に煽動コントロールすることができます。

宗&教の代表者たちは、ナチョスのコーチャクインかナチョスの洗脳者なので、マニュアルに沿って書いてあることを言っているだけなのですw 地球が一体どんな状態なのか、何が真実なのか、何もわかっていませんw 本当にわかっていたらそういう活動をやめるはずですw

地球上には、疑いもしないですぐに言われるままに何でも信じる思考停止の人が人口の半分以上、下手したら90%近くいるので、悪魔組織ナチョスにとって、煽動、洗脳は簡単でしょう。

♪思考停止が原因だな♪

 

宗教に入っていない人でも信じているのがオカルト。オカルトも宗教とまったく同じでただ組織ではないだけ

オカルト

ミステリーに類する教えで、知識、情報などが覚醒者等以外の者には直接的に入手できないもの。現実に対して特別な方法で解釈し、心理的で、スピリチュアル的な実用で、秘密のコンテクストと表現を持つもの。

まさにナチョスそのものですw

 

宗教から回答を得ることができないまま、自分の人生の道を探し続けていく中で、多くの人たちがその先に行きます。それはオカルト、あるいはそれ以外のスピリチュアルの方向性です。

宗&教は、怪しいとわかっているから入っていないし入る気もないけど、自分の人生における悩みを解決したり、願望を叶えるため、または、今の自分よりもさらに向上して精神的に成長をしたいというほとんどの人が行く道です。宗&教に入っていても、そこでは、解決しない人も、この道に入っていきます。

特に人生で、ひどいことがあった人は、間違いなく興味を持つ場所ですw

 

オカルトは世界観に酔いしれて自己陶酔しているだけ

その中で様々な手法が使われ、瞑想、特別な祈り、あるいはヨガなどで自身の意識を無にするものです。それを通じて自分自身の活動の中である種の結果にまで至ることがあります。その上で、自分自身が全宇宙というスケールで成長していると感じていたりします。

こうやって客観的に考えると、本当におかしなことですねw

自分の意識を無にするために、瞑想、特別な祈り、アファーメーションなどのいろいろな手法を使う必要があるのでしょうか?

そして、そんなことをして本当に意味があるのでしょうか?

冷静に客観的に考えたら、ないわーw ということがわかりますw

普通に考えたら、物事の達成や、結果を出すことは、瞑想などのいろいろな方法をいちいち使わなくても普通に達成しますw

オカルトは、特定のことを信じ込んで思い込むことによって、その行為が結果を導いたとか、自分は成長して宇宙とつながったとか思い込むだけですねw

達成や結果よりも、その世界や成長したと思い込む自分、何か変化が起きた自分、人とは違う特別な自分を楽しんでいるということですw 一言で言うとその世界に陶酔しているだけということになりますw

オカルトも宗&教と同じですねw ただ組織ではないというだけです。

心を無理矢理「」にしなくても、普通に当たり前のことをやっていれば、結果を出したり達成することは容易にできます。

本気で真剣に取り組んでいる時は、穴を開けるくらいに一点に集中しているので、自然な状態で心が無になっていますw

オカルト行為は、宗&教と同じで、いかに不自然であるかがわかりますw

そもそもオカルトは、ナチョスが発祥の地なので、そのような特別な概念や行為は、ナチョスが作った洗脳だということは確実ですw

 

しかしこれこそ正しい道なのでしょうか?このために人間は生まれてきたのでしょうか?スピリチュアルの指導者たちは自身の教えや預言で混乱していないのでしょうか?このことについてより詳細に見ていきましょう。

あらためてこうやって見ると、全然正しくないですねw そんなことをするために人間は生まれてきたわけではありませんw

善良なスピリチュアルや自己啓発系の指導者たちは、ある時点で、おかしいということに感づいて間違った指導行為をやめるはずですw

しかし、ほとんどのスピリチュアルや自己啓発系の指導者たちは、ナチョスのうーほーエイリアンアジェンダのスピリチュアルコーチャクインです。これは、身近な言い方で言うと、宗&教団体、政&治団体です。または、おかしいということに全く気づいていない思考停止、直感停止の羊ちゃんのようなナチョスの洗脳者かです。

ナチョスは、もちろん洗脳が目的です。それ以外のほとんどの気づいていない人たちは、有名になりたいという承認欲求、金儲けが一番の目的でやっています。だから、自分が人に教えているスピリチュアルのその理論がおかしいということに気づかないのです。

 

ナチョスは、全ての世界観に潜り込んで洗脳活動をしている

地球上には500以上の世界観が存在していて、そのうちの20ほどがこの世界で重要なものです。

なんでこんなことがわかるのでしょう?w

 

これは、宗教、オカルト、ヴェーダ、占星術、数秘術というような分野です。これらのものは、それぞれに何らかの部分で交差しています。しかし、これらのあらゆるセオリーには、この世界に関する秩序の明らかな知識や十分な価値のある人生の説明はありません。多くのスピリチュアルの教えは、古代の壁画などからのメッセージを根拠にしているといいます。それらはあたかも数万年前に作られたと言います。これらの世界観をあらわす立場はその意味を様々に伝えています。

宗教、占い、オカルト、スピの世界観を数えたのかもしれませんねw

種類は違っても、それぞれ何らかの部分で交差するから、それが正しいと勘違いされてしまうのです。

その交差するものこそがナチョスの洗脳マニュアルの共通点ですw

ナチョスの洗脳用の基礎概念は、大衆を南極の向こう側の世界の真実への興味から遠ざけることが何よりも重要なので、基本的には1つです。しかし、ナチョスは、その1つの概念を何色にも着色し、加工し、アレンジして全く別のものに見せかけ、至る所にばら撒きます。ナチョスは、老若男女問わず、何でもいいから引っかかるように洗脳の蜘蛛の巣を張っているのです。

だから、全然関係ないよう見える世界でも、共通している点や、交差する点が出てくるということです。この動画で言っている、「地球上にある500以上の世界観」全てにナチョスが潜んでいるはずですw

「20ほどがこの世界で重要なもの」というのも、もちろん、その20の中にもナチョスがいるから気をつけろ!

気をつけろ!と間違いない!を知らない方用にw

 

人々はこの世界のしくみも人類に起こった歴史についても知りません。そしてこの世界に本当にいつその文字の文化が現れたのかということについて一切疑問にも思っていません。

これが重要です。人々は何も疑うことなく、出されるものをサッと信じてしまうのです。これが大衆の心の恐ろしいところですw

それは、何かに似ていませんか?

はい、そうです、ドクチンですw コロナ茶番と同じなのです。さらに、細かく言うと、食品をはじめとした毒物が入れられている物全てと医療システム、薬なども同じです。

思考停止の人々は、何も疑わないのですw

真実に感づいて疑いを持つ人もいます。しかし、世の中がおかしいことに気づいた人たちは、それについて何かを言うと、病気やアタオカ扱いされて終わりですw 疑わない人たちトカゲのフンに丸め込まれてしまいます。

 

宗&教やオカルトにはまると、幻想の認識に陶酔して幻想の世界で生きるようになる

ですから人々はさまざまなスピリチュアルの方向性にある幻想の認識に容易に陶酔状態で至っていきスピリチュアルの物語、スピリチュアルの意識のエネルギー、意識のフィールド、他の惑星への飛行、ニルヴァーナへの到達への欲求、あるいはより高いレベルの悟りの状態というように、様々な方向性を知覚していきます。

人々は、疑いもせずスピリチュアルの歴史や本に書かれていること、教えをそっくりのまま文字通り額縁通りに受け取ります。さらに、その幻想の中で、今度は、精神的に上に上り詰めて人とは違う特別な状態になってイキッテドヤッテマウントをとりたいために、上に這い上がろうとするのですw

スピリチュアルの世界に来てまで、上に行くほどすごい人だという三角形ピラミッド社会と全く同じことをやっているのですw

ナチョスは、それに加えて、宇宙船で銀河に行った、火星に行った、宇宙人と会った話した、自分は高いレベルの悟りに達したマスターだなどのウソをいかにも本当にあったことかのような詳細な描写を入れて言ってきますw

そこでまた、思考停止の大衆は、高いレベルの悟りに達したという特別に見える人を疑いもせず、言われることすべてそっくりのまま文字通り額縁通りに信じてしまうのです。

うーほーエイリアンアジェンダに騙されてますからーーー!ざんねーーーーん!

宗&教やオカルトにはまると、幻想の認識に陶酔して幻想の世界で生きるようになるということです。真実からかけ離れるどころか、どっぷり洗脳に浸かって陶酔するので、気持ちよくてやめられない薬物中毒と同じ状態になっていきますw

「覚せい剤やめますか?人間やめますか?」で、人間をやめたのと同じ状態になってしまっているのですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。